アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

地域密着工務店のブランディング 滋賀県高島市の場合

  • 18
  • 2月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとうひろ美です。

滋賀県高島市の大地工務店の封筒と名刺が新しくなりました!

大地工務店の封筒

ヒダキノコを前面に出し、
HPからのお問合せの方が、封筒を受け取った時に、
違和感がないようにデザインしています。

こんな封筒にしている工務店、ないと思うなー。

大地工務店は10年程度の若い会社です。
親子代々歴史ある工務店と比較すると新参者。

だからブランディングは
知ってもらうことを第一優先に考えています

まず「ヒダキノコ」というキャラクターを作りました。
知ってもらうためには、
気付いてもらう必要があります。

情報過多の今、
多額の広告宣伝費をかけて、大量に情報を流し続けるのか、

インパクトのある方法で「ギョッ」としてもらうのか…。

地域密着工務店が選ぶ道はひとつ。
当然ながら、ギョッとしてもらう手法を選んだのです。

気付いてもらって、知ってもらう。
そして関心を持ってもらわなければ、良い家を作っていても見向きもされません。

それはゴーストライター問題でも浮き彫りになりました。

佐村河内守氏の耳が聞こえないことで世間が注目をしたのは事実です。
NHKも特集番組を放送しました。
多大なお金をかけて、
レコード会社もプロモーションを組みました。

注目されるためには、何かきっかけが必要なのです

全盲の辻井くんも、同じです。
国際コンクールで優勝している日本人なんて、たくさんいます。

ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールでの優勝は日本人初だったとしても、
もしも辻井くんが、
全盲でなかったら、あれだけ一般メディアが騒いだか。

古くは中村紘子氏だって、
美人だったから世間が注目したという見方もあります。

それでもいいと思うんです。
注目されなければ、技術力の高さは伝わらないし、
ただ美人なだけなら消えていきます。

今でも残っているということは、美人だけじゃなかったということ。

ピアノの上手な人は世界中に大勢います。
音大を卒業した人も、海外のコンクールで評価を得ている人も巨万といる中で、
注目されなければ、表舞台には出られないのです。

辻井くんのコンサートは、
会場全体が優しい雰囲気に包まれます。
それは彼の生き様じゃないかなー、と
2度ほど生演奏を聴かせていただいて感じました。

地域密着工務店も同じです。

大工も多いし、設計士もウジャウジャいる。
家も建てられるし、図面が描ける人も余るほどいる(実際、余っている。)

セルフブランディングが声高に叫ばれていますが、
ただ似合う色を選んだり、
カンパニーカラーからロゴを作っただけでは気にも留めてもらえない。

全盲だったり、
ルックスが良かったり、

人とは違う
インパクトがないとHPすら見てもらえないのです

物語がないとモノが売れないとコメントされていた方がいらっしゃいましたが、
その前に、
知ってもらわないと、物語の存在にすら気付いてもらえない。

佐村河内守氏の物語は、
たくさんのお金が動いたことで私のところにまで届きまましたが、

地域密着工務店に、同じことはできません。

滋賀県高島市の大地工務店では、
封筒も一つの営業ツールと捉え、
受け取った人に、どんな物語を感じてもらいたいのか。

そんなことを飛弾社長と相談しながら、封筒と名刺を作りました。

大地工務店の名刺

こう見せたいと背伸びをしても辻褄が合わずに苦しくなる

アトピッコハウスが地域工務店をブランディングする時、
無い物をあるように見せるのではなく
その社長の長所、
その工務店の強みを伝えられるように

洋服を選び、
キャッチを決め、
キャラクターを作っていきます。

強さがなくても、面白さがあればいい。
何十棟も建てられないなら、1棟1棟丁寧につくればいいい。

面白いことが好きな人が集まるから、
どんどん愉しい人になるし、
丁寧な家づくりが得意な会社になっていく。

滋賀県高島市の大地工務店は、
無理のない、
家に入った瞬間にホっとするような家づくりが得意。

そんな空気感を封筒から感じてもらえたら、
ブランディングは成功です。

大地工務店 代表:飛弾功次
滋賀県高島市新旭町旭1252
http://www.dih.jp

 

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら