アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
無垢のテーブル

無垢っていいなあ

  • 19
  • 1月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

先日、無垢のテーブルを買いました。

無垢のテーブル

実は今までテーブルは持っておらず
ちゃぶ台の生活をしていました。

レトロな感じが気に入って
好き好んでしていたちゃぶ台生活だったのですが、
最近、身体の調子が気になりだし
テーブルを購入することにしたのです。

年が明けてから家具屋さんを巡りました。

迷子になりそうなくらい広い家具屋さんには
(実際に何度か店員さんに道を聞きました)
沢山のテーブルが待ち受けていました。

色、大きさ、折りたたみ式の機能など、
あまりに種類が豊富過ぎて
途方に暮れそうになりました。

そんな時、ひとつのテーブルが
わたしの目に飛び込んできたのです!

「いいなあ!このテーブルを連れて帰りたいなあ」
と思いました。
色も形も、触った感じも気に入りました。

それが今回購入した無垢のテーブルです。

無垢だから選んだのではなく、
いいなあと思ったものがたまたま無垢だったのです。

この無垢のテーブルが我が家に来てからというもの
生活が少し変わりました。

ご飯を作る時は
お気に入りのテーブルに美味しそうに並べたいから力が入ります。

珈琲を淹れるときも
お気に入りのテーブルで美味しく飲みたいから丁寧に淹れます。

ものを書く時は
今までより丁寧に書きます。
だって、お気に入りのテーブルの上だから!

理由もなく、ただ撫でたりもするのですが、
正直、柔らかくてキズが付きそうではあります。

ですが、木目が多くてあまり気にならなそうだし
キズすら味になると思っています。

自分でも面白いと思うのですが、
帰り道に「ああ、あのテーブルが待ってる」
なんてニヤニヤしてしまうのです。

テーブルだけでもこんなに楽しいのだから
床が無垢だったらどんなにか心地いいだろう・・
夢は膨らみます。

わたしは無垢の見た目の
表情の豊かさに魅かれました。

今は長く使えば使うほどに出てくる味わいも楽しみにしています。

無垢の大きな魅力である、経年変化の美しさ

アトピッコハウスの事務所の床は、
築60年以上経過した無垢のフローリングです。
半世紀以上もの年月を経ているわけですが、「ボロさ」は全く感じません。
60年以上経過した無垢フローリング

もちろんキズや補修の後はありますが、
全てが味わいになっているのです。

窓辺の陽が当たる場所も
合板のように色あせたり、剥がれたりしている箇所はありません。

深い艶があって、重厚感があります。
無垢の柔らかさや温もりを
視覚、触覚で感じられます。

魅力いっぱいの無垢のフローリング

憧れはあるけれども
メンテナンスが心配な人もいると思います。

けれども、なんとなく大変そうだから・・
とイメージだけで諦めるのはもったいないです。

わたしはアトピッコハウスに入社して
無垢フローリングの掃除があまりに簡単で
拍子抜けをしました。

普段、社内の無垢フローリングの掃除は
フローリングワイパーなどの
お掃除シートを使ってささっと拭くだけです。

これだけで清潔に保てます。

気になるときは、掃除機もかけられますし、雑巾掛けもできます。
特別なことはないのです。

はじめに素材の特徴を知った上で選べば
無垢のフローリングは長く付き合える
最高のパートナーになると思います。

無垢の素材の特性は生きているということです。
無垢は呼吸をするので伸縮をします。
接着剤で固めた合板には無い特性です。

冬の乾燥した時期は縮んで隙間が空いているように見えても
湿気の多い夏場になれば膨張して隙間が狭くなります。

このような木の伸縮は
少しの隙間でも気になってしまう人にはデメリットですが、
調湿性能があるというメリットでもあります。

また、無垢は反ったり割れたりする
そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
ですが、品質のいい原木であれば、
反ったり割れたりといった欠点は少なくなります。

アトピッコハウスのごろ寝フローリングは品質の良い原木を使用しています。

ごろ寝フローリング資料請求

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら