アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

思考パターンに見る自然素材の向き不向き

  • 01
  • 10月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

天気予報が晴れだったから旅行に出たのに
予報が外れて土砂降りになったとき、どう思いますか?

白馬八方尾根の上は雨模様で霧だらけでした

今年のシルバーウイーク。
例年よりも休みの並びがよく
遠出をされた方も多かったのではないでしょうか。

ようやく暑さも和らぎ、秋の気配を感じられる季節。
私たち夫婦も御多分に漏れず、旅行計画を立てました。

目指すは、長野県の白馬村。
空いっぱいの星空と、色づき始めた紅葉…
それが見たくて行先を決めました。

ギリギリまで天気を見極めました。
1週間前になり、行きたい日の天気は「晴れ」マーク。
ようやく決心して宿を予約。

喜び勇んで夜行バスに乗り込み、
久しぶりの旅行に胸躍らせながら目覚めました。
カーテンを開け、バスの車窓に見えるのは

…どんよりとした曇り空。
天気予報を見直すと「雨」のマークが。

がーん。

あんなにしっかりと天気予報をチェックしていたのに。
「女心と秋の空」とはよく言ったものです。
どうやら数日前に、予報が変わっていた模様。

星空どころか、旅程全体が決行できない危機!
私たちの旅程はざっとこんな感じの予定でした。

1日目:白馬八方尾根にゴンドラで上がり、パノラマを楽しみ
夜は降り注ぐ星空を堪能

2日目:前日とは別のゴンドラに乗って、
雲上の高層湿原「栂池自然園」を散策。

しかし、現実はというと、
1日目はどんより曇り空~雨、2日目は大雨。
私たちではどうしようもない天気の都合で
計画も気持ちも切り替えねばなりません

隣の席では同じような目的でやってきたらしいカップルが
ちょっとした口喧嘩を始めていました。

「だから山とか嫌だって言ったんだよ~
星見れなかったら意味ないし。
山なんて雲だらけで何も見えないし。
ホント天気予報アテにならない。
当たらないなら予報なんて意味ないじゃん。最悪~」

あらあら。お気持ちお察しします。
私も同じものを楽しみに来たので…

しかし私たちはめげることなく、
「こうなったらこの天気でしか
味わえないことを楽しみ尽くそう!!」
と、コンビニでレインコートを買い込み、
山へと繰り出しました。

天候の悪化により、私たちの当初の計画は
大きく変わることになりました。

1日目は予定通り、白馬八方尾根に上がりましたが
ガス(霧)だらけで大パノラマが見られない代わりに
雲上人になった気分で楽しみました。

まるで雲の上にいるような景色

雨が降り出す前に早めに切り上げた帰り道で、
思いがけず素敵なカフェを発見し、
美味しいコーヒーを楽しめました。

夜は星空が見られない代わりにゆったり天然温泉。
そしてホテルのラウンジで
地元の美味しいワインを堪能。

2日目は、大雨の中レインコートを着込み
高層湿原にも予定通り行きました。

大雨で、ガスだらけだしずぶ濡れになったけれど
色づき始めた木々に霧が立ち込める
普段は見られない幻想的な景色を
見ることができました。

深い霧の立ち込める、色づき始めた湿原はとても幻想的。

帰りの夜行バスを待つ間、
こちらも予定外に見つけた小粋な居酒屋で
美味しい料理を堪能しながら

「予定が大きく狂っちゃったけれど
話のネタもいっぱいできたし、
晴れの日では楽しめなかった事が
たくさん体験できてよかったね~」

…と、夫婦で盛り上がりました。

予定から大きく外れたからと、
ガッカリしてふて腐れていては
楽しい旅をすることはできません。

お天気は自然現象。
ある程度予想はできても
100%当たるものではありません。

自然とは、人間の意に沿わない
私たちの力の及ばぬ大いなるものです。

天気予報のように、自然なものの「傾向」を
「絶対」なものととらえて
それが外れた時に怒りの感情がわいてしまうのは
少々求めすぎのようにも思います。

旅先で出会ったカップルのように
先が読める事、思い通りになる事を
「家づくり」にも求める方には
自然素材は不向きと言えます。

「思い通りにならないのもまた一興」
と、切り替えてそれを楽しむことができる。
そんな思考パターンを持ったあなた。

そういう方こそが、自然素材の内装材と
相性ぴったりの方なのです!

無垢フローリングは1枚1枚の木が
色も木目も節も、表情すべてが
それぞれ違います。

木の種類によって、
年を経るとどんな感じに変化していくかの
「傾向」はありますがその通りになるとは限りません。

日当たり、湿度、温度、
摩擦の多い少ないなどによって
変化の具合は全然違ってきます。

夏は湿気を含んで膨張し、
ごくわずかに浮いて見える部分もあり
冬は逆に乾燥して収縮し
板同士にわずかな隙間ができます。

そしてこれが「自然素材」の
「自然」な姿そのものなのです。

自然素材との付き合い方は、
これらを非常事態と捉えず
「あ~木が生きてるんだなぁ」と
ゆったりととらえる大らかさが必要です。

無垢フローリングだけでなく
布クロス、塗り壁も同様です。

ゆったりと自然を感じながら経年変化を楽しめる貴方には
自然素材が素敵なパートナーになってくれるはずです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら