アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングと裸足の相性

  • 30
  • 9月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの尾崎奈苗です。

裸足生活、してみませんか。

無垢でサラサラ。

芸術の秋、食欲の秋、運動の秋です。
先日、小学校の運動会が行われました。

徒競走ではみんな真剣な顔で走り、
1位を取った子の顔は本当に嬉しそうです。

最近は順位をつけない学校もあるそうですが、
1位になりたいっていう気持ちや
相手に負けて悔しいと思う気持ちを育むことは、
個人的にはとても大事なことだと思っています。

団体演技では、
よさこいやソーラン節などの伝統的なものや
各学年で考えた創作ダンスまで、いろいろでした。

それでもやはり圧巻だったのは、
6年生の組体操ですね。
みんなが裸足になり、
土のグラウンドを走ったり、ピラミッドを作ったりする姿は、
知り合いが誰もいない私でもウルウルしてしまうほど
感動的な一体感がありました。

子供が裸足で土の上を思い切り走る。

安全な校庭だからこそできることですが、
子供たちも自然と笑顔になっています。

最近の子供は裸足になる機会があまりないので、
ちょっと裸足で土の上を歩くだけで
痛がったり、足の皮がめくれたりするそうです。

でも、裸足になることは体にもとてもよい影響があります。

まず、裸足になると、足裏が刺激されて、
足裏の筋肉が強くなるのに加え、
内臓器官まで活性化して体全体の調子がよくなります。

それから、裸足になることによって、
体の中にたまった静電気を足から放電できます。

こうして裸足生活をしてみると、
何が気持ちいいか、心地よいかというのが
はっきりと分かってきます。

コンクリートの上は、
夏は火傷するほど熱く、冬は凍るように冷たい。
合板フローリングや、ビニールマットの上は
非常にべとべとしていて不快です。

逆に、畳や、無垢フローリングの上は
常にサラサラしていて気持ちいいのです。

私は以前、フラダンスを習っていたことがあるのですが、
そのお教室の床も、無垢でした。

フラダンスは、見ている分にはゆったりと優雅ですが、
踊っている側は実にハードです。
練習中も服がびしょぬれになるほどの汗をかきます。

当然、足の裏も汗をかくのですが、
もし床が合板であったら、汗ですぐにベタベタしてしまい
踊っていても、とても不快になるでしょうし、
ヌルヌルと滑って危険です。

でも、そのお教室の無垢フローリングは
全くといっていい程、べたつきがなく、
みんながあれだけ汗をかいていても
床は常にさらりとしていました。

本当に、気持ちいいのです。

もちろん、レッスンの後は掃除を欠かしませんが、
無垢だからといって特別な手入れが必要なわけでもなく、
普段はワイパーで掃除するだけなので
特に面倒なことはありません。

外から家に帰ってきた時も、
靴と一緒に靴下も脱いで、
思わず裸足になりたくなる床が、無垢フローリングです。

カーペットを敷かなくても、
床暖房を入れなくても、
夏も冬もフローリングの上で直にゴロゴロできる。
そんな床がある家は、とても快適です。

アトピッコハウスでは様々な樹種のフローリングを用意しています。
樹種に迷われたら、こちらのメール講座をご登録ください。

生活スタイルや、お好みに合わせて、
ご自分にぴったりの樹種が見つかると思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら