アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
ゴロゴロ気持ちが良い無垢フローリング

自然素材の床で、家具を減らす

  • 20
  • 10月
  • 2016

自然素材の床で、広く暮らしてみませんか?

自然素材の床というと、
無垢フローリングや畳を挙げられます。

どちらも、触り心地が良く、見た目も美しいので、
極力、家具を減らすようにして、
その魅力を楽しんで頂きたいものです。

普通の床と自然素材の床の違いって、
なかなか想像がつかないかもしれませんが、

例えばお寺や古民家カフェなどに入ってみると、
とっても素敵な雰囲気な空間ですよね。

普通の家では感じることができない重厚感を感じるかと思います。

この感じ方の違いは、もちろん時間の経過による部分もありますが、
やはり素材の違いからくる部分が大きいです。

「素敵な家には憧れるけど、インテリアを考えるのが苦手」
と感じていらっしゃるなら、

家本体を素敵にして、あとはシンプルに暮らすのがオススメ。

ソファがない生活。

ゴロゴロ気持ちが良い無垢フローリング

アトピッコハウス、スタッフの手島です。

インテリアの主役と言えば、家具ですね。

なかでも、
一番場所をとり、主張が大きいのはソファ。

ソファが欲しい、欲しいと思いながら、早数年。
いまだに我が家にはソファがありません。

広い家ではないし、
地震対策のためにも極力、家具を減らすようにしています。

ですので、物を買う時は、
押入れにおさまる範囲を常に意識しています。

両親がうちに来ると、
「座るところが無い」と本音をぶつけられていますが、

私としては、
子どもが小さいから、部屋を広く使いたいし、
今ソファを買っても、トランポリンにされてしまうことは明らかですし、

何より、せっかくの自然素材の床を楽しんでもらいたい。

そんな気持ちで、無垢フローリングの部屋は、
ダイニングテーブル一式と、ラグが敷いてあります。

実際の所、家族は困っていませんし、
来客時も、食事やお酒を飲んでいることが多いので、
「あ~今ソファがあればなぁ」と困ったことはありません。

ごろごろして気持ちが良い床を楽しむ

ソファを置かなければ、部屋を広く使えますし、
気持ちの良い無垢フローリングを存分に味わえます。

アトピッコハウスで取り扱っている無垢フローリングは、
「ごろ寝フローリング」という商品名です。

その名の通り無垢フローリングって、
触り心地が良くて、思わずごろごろしたくなってしまいます。

床に直に座り込んでも、
夏はさらさら、冬はキンと痛くなるような冷たさは無いので、
この「触り心地」は、せっかく無垢フローリングにしたら、
是非楽しんで頂きたいところです。

面積が大きい分、インテリアの主張も大きいソファが無いと、
部屋はぐっと広くシンプルに感じます。

小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、
ソファを汚されたり壊されたりする心配も無く、
お友達が遊びに来ても、家具が無い分、部屋を広く使えます。

足の裏で、自然素材の床の風合いを感じながら、
楽しく過ごせそうですね。

クッション性のある、ワラ床の畳

自然素材の床には、畳も挙げられます。

クッション性があるから、小さな子どもにも安心

アトピッコハウスが販売する畳「ほんものたたみ」は
畳の中身(畳床)に国産のワラを使った畳です。

ワラから連想できるように、クッション性に優れた畳ですので、
長時間座っていても、良くある安物の畳より、ずっと楽です。

畳の小上がりなどを作れば、それこそソファいらずなので、
部屋を広く使えますし、

来客が多くても畳の部屋に案内すれば、
皆さんに寛いでもらえますよね。

和室こそ、家具はあまり必要ないように思います。

狭い日本家屋にはぴったりの床材ですね。

いかがでしたでしょうか?

インテリアに自信がない私は、
無垢フローリングにかなり救われています。

自然素材の床は、普通の床のような工業製品にはない
やさしさとぬくもりがあります。

また、和室のように、床自体にクッション性があると、
部屋をフレキシブルに使うことが出来ますので、

狭い家が多い日本の住宅事情には、ピッタリの床ですね。

家具を置かずに、シンプルに暮らす生活、
とっても魅力的だと思いませんか?

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら