アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
足

フローリング、ベタつく床の原因はなに?

2020/06/12
2021/09/30

アトピッコハウスの事務所がある関東地方も
梅雨入りしました。

梅雨入りし、湿気が高くなってくると
顔や体がベタベタして不快です。

家の中も同じで、
フローリングがベタベタして、
不快だと感じることはありませんか?

ベタつく床の原因は何か?
解決するにはどうしたら良いか?

不快な季節も快適に過ごせるよう、
メンテナンスしたいですね。

フローリングのベタつきの原因は?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。

ベタつきの原因は、足裏の皮脂などの油分です。

夏は暑くて、裸足で過ごす時間が増えます。

髪の毛やホコリはフローリングワイパーで取り除けても、
皮脂汚れはなかなか除去できません。

ベタつく汚れは足裏の皮脂だけでなく、
食事や調理で発生する飛び跳ねた油にも原因があります。

家の中で焼き肉をやったり、
普段の調理をするだけで部屋中に油が飛び散って、
ベタベタを超えてヌルヌルになってしまった経験はないですか?

そうした、皮脂や食べ物の脂汚れが蓄積したところに、
梅雨時期の湿度がプラスされ、
ベタベタがひどくなるのです。

ベタつきを除去する方法は?

ベタつきがちなのは、
合板フローリングやビニールクロスなどの床材です。

皮脂や食べ物の油汚れには、

油分解できる成分が入った洗剤が効果的で、
食器洗い用の中性洗剤で掃除ができるようです。

洗剤を使って拭き掃除をしても、
ベタつきがとれない場合は、
他に原因があるかもしれません。

古いフローリング

長年使っているフローリングのワックスは、
だんだんはげてきているはず。

劣化したワックスはベタつきやすくなるうえ、

表面のコーティングがはがれてきているので、
フローリング表面に汚れがつきやすくなります。

ワックスを塗って、再度コーティングしてあげることが必要です。

ワックスは床材に適した商品を選びましょう。

また、塗布量が多いと、
ベタベタ感が増すので注意が必要です。

無垢フローリングはベタつかない

湿気が高い季節に特に気になるベタつく感触は、
無垢フローリングであれば感じません。

大変だと思われがちな、
無垢フローリングのメンテナンスも
実は簡単なので、忙しい子育て世代にもおすすめです。

無垢フローリングは、夏もサラサラしているので、
床でゴロゴロできるし、
裸足で過ごしたら気持ちがいいと思います。

ハウスクリーナー「こめっとさん」

当社は自然素材メーカーなので、
クリーナーやワックスなど、
家の中のメンテナンス商品も扱っています。

ハウスクリーナー「こめっとさん」は、
米ぬかなどお米由来の成分で作られています。

合板フローリングでも、ビニールクロスでも
お部屋中に使えるし、
ワックス効果もあり、便利な商品です。

いかがでしょうか?

湿気が多い時期に特にベタつきがちな床で
お悩みの方も、

正しいメンテナンスで汚れを取り除き、
快適に過ごしたいですね。

ハウスクリーナー「こめっとさん」が
家じゅうをピカピカにするお手伝いをしてくれます。

現在、アトピッコハウスの公式LINEに登録頂くと、
こめっとさんが当たるキャンペーンを行っています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

お米のクリーナー「こめっとさん」の資料は、こちらからご請求ください

資料請求は、こちら