アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

今、手の届く健康住宅が「アレルギーフリー」なんです

  • 25
  • 10月
  • 2005

先週、パソコンが壊れた(泣)

数ヶ月前から、多少不具合がみられていたので、ここ1ヶ月は2台のパソコンを毎日使い分けておりました。うーん、それでも設定が微妙に違うので、何かと不便で毎日ソフトのインストールやら、設定変更などをしています。

このブログの管理画面も微妙に変わってしまい、どうも使い勝手が悪くて困ってます。

ふー、パソコンがないと仕事が進まない割には、詳しいことが分からないからトラブった時、苦労しちゃうんですよねー‥。

さて、アレルギーフリー住宅は非現実的だからその表現は「おかしい」とか「使わない」という風に、解釈される方が時々いらっしゃるので、どうしてかなー、と思うことがあります。

確かに、英語的にはアレルギーが全くない、みたいに解釈ができるのですが、ここは日本だし、単なる造語。「アレルギーがまったない生活」になったら嬉しいけれど、それは、あくいまで目標みたいなもので昨日のブログで書いたように 、できることからスタートしたらいいじゃん、というかなりファジーに使っています。

もちろん、デリケートな人に優しいなどの定義は設けていますが、それぞれの事情にあった内容を提案することが一番大事。

でも、それが色々な人が絡むと解釈が違ってくるから誤解が生じる。そこがアレルギーフリー住宅の、最も難しいところのような気がします。

例えば、どうしても予算が不足していて、壁はすっぴんクロスだけれど、天井は元々のビニールクロスを残すことになったリフォーム。アトピッコハウスではビニールクロスは使わないけれど、お客様が納得しているのならそれでもいいんじゃない、と思う。

でも、ビニールクロスは絶対に残したくないという方にとっては、それはアレルギーフリー住宅にはならない。

似ているけれど、すごく違いがあって、それは、どう言葉にしてお伝えしていったらいいのかが、まだわかりません。だから、時々誤解されちゃうんだろうなー。

ま、ボチボチ進みましょう。小さくても今日も一歩前進しているハズさ。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら