アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

タバコだけが健康に害がある?

  • 15
  • 7月
  • 2005

先日のお昼休み、消防車の音が随分近くに聞こえるなー、と思ったら、この建物の前で停車していた。下を覗くと、みんなが上をみている。しえー!と、驚いていたら、1階の店舗でバルサンを使用し、その煙を火事と間違えて通報した人がいたらしい。

多分、消防車6台、パトカー数台、おまわりさん10人ぐらいが、うようよ集まってきて、大変な騒ぎだった。

その後、掲示板には「バルサンを焚く時は1週間前までに申し出てくれ」という張り紙がされた。そんな細かいこともまで、管理しなければならんのかー。管理人さんも大変だ。

だいたい、バルサンなんか使わなければいいのに。そんなに大騒ぎになるような殺虫剤、ゴキブリも死ぬけど、人間だってやばいと思うなー。

さて居酒屋チェーン店「ワタミ」が店内を全面禁煙にしたお店を来週月曜日にオープンさせるそうです。新店舗が好評だったら、全国展開も検討していくとか。

すごい、居酒屋がそんなことをするなんて、驚きました。確か、数ヶ月前はホームヘルパーの会社を買収したハズ。さすが、伸びている会社は動きが速いですね。

愛煙家の方はご存知だと思うのですが、今月1日からタバコのパッケージに健康に関する警告文の面積が前銘柄で30%に拡大されたとか。日に日に拡大する禁煙社会は、私のような嫌煙家には大歓迎なのですが、喫煙者にはそれなりの意見があるらしく、『タバコを吸わせろ!』という本があるそうです。

その方が、「タバコは確かに健康に悪いかもしれないけれど、甘いものは糖尿病になるし、お酒だって肝臓に影響があると言われている。それなのにタバコだけが、敵視されているのは異常だ。」とおしゃっていました。

その意見に同感できる部分があったのです。

例えば、ケーキ。

甘い物が大好きな私がコメントするのも変な話なのですが、


ケーキを食べ過ぎれば、肥満になったり、糖尿病になったりすることは確実です。

もちろん、食べ過ぎれば、の話ですが、ケーキ店の入り口に「食べ過ぎは健康を害する恐れがあります」と表示されていても、いいのかも、と思いました。

お酒だってラベルに「肝硬変になる恐れがあります」とか記載するべきものなのかもしれないのに、確かにタバコだけが悪者扱いはされている。

が、しかし、やっぱり他人に影響が大きいのはタバコですよね。副流煙の問題もそうだし、歩きタバコによる火傷、吸殻の問題など、他人を巻き込んでしまうところがタバコの悲しい運命なのです。

『タバコを吸わせろ』の著者の人は、問題は青少年の喫煙マナーの悪さだと言っていました。コンビニの前で座りタバコや、吸殻をゴミ箱に捨てたり(そんなことしたら火事になるじゃないかー!)を指導するべきだそうですが、嫌々、10代はタバコ吸えませんから、マナー云々よりも法律違反していることを正してもらわないと、困ります。

もちろん喫煙者のマナーをもっと向上させて欲しいというのが、嫌煙家の願いですが、それがなかなか進まない今、ワタミのような明確な分煙は非常にありがたい。そうそう、モスフードサービスが展開している「マザーリーフ」という紅茶専門店も、完全禁煙のハズ。理由は「優しい紅茶の香りを楽しんで欲しいから」だったと思います。

まずは、このワタミの店舗(赤羽らしい)の売上が伸び、完全禁煙のお店がどんどん増えることを期待したいと思ったニュースでありました。愛煙家の方とは、席を同じゅうすることができない時代も、そう遠くはなさそうです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら