はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 内藤麻里絵のブログ記事

無垢フローリングの暴れや床鳴り

投稿日:2018年01月18日 作成者:


今年の冬も寒いですね。

ニュースでも乾燥注意報を耳にします。
無垢フローリングは暑さ、寒さに弱い建材です。

床鳴りや反ったり暴れたりといった言葉は
耳にされることは多いと思います。

どのような現象をいうのでしょうか。

 温度差に弱いフローリング

無垢のフローリング
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

フローリングは暑さ、寒さに弱いということは
先にも書きました。

気温や湿度によって割れる、反る、曲がる、
すく、ヤニが出るなどの現象は起こりえます。

なぜなら無垢フローリングは生きているからです。
生きているので呼吸します。

湿度の多い時期には湿気を吸い込み膨らみます。
そして乾燥した時期には蓄えた湿気を吐き出し痩せます。

施工する時期が冬場であればフローリングが痩せている時期
ということになります。

その状態できっちり詰めて敷き詰めたとすると、
夏場に湿気を吸って膨らんだ場合逃げ場がなくなり、
盛り上がってくることがあります。

これを突き上げといいます。

ですので、フローリング同士は名刺やはがき程の隙間を
開けて施工するのが一般的です。

逆を言えば、木が膨張している時期に施工をした場合、
乾燥時期には木が痩せるので隙間が生じることがあります。

 フローリングの暴れ

木の反りや伸縮を暴れと呼びます。

暴れは新築など施工して間もないころに一番顕著に
現れます。

年間を通して繰り返し伸縮を繰り返し、やがて
落ち着きます。

 床鳴りとは

フローリングは雄サネと雌サネを組み合わせて
施工します。

パズルのように凸と凹を組み合わせるのです。

木の膨張や伸縮によりその組み合わせた部分が
擦れ合うことで床鳴りが起こります。

原因はそれだけではなく、下地が乾燥収縮することで
隙間ができることや、フローリング自体が膨張したり収縮することで
浮きが生じるなども挙げられます。

古い家だと白アリが原因の場合もあるようですので
注意が必要です。

床暖房と床鳴り

床暖房用のフローリングも生きているため
全く伸縮しないわけではありません。

温度差に弱い無垢フローリングですから
床暖房は基本的に得意ではないといえます。

冬場はただでさえ床材が縮んで反りやすい時期ですが、
下から熱せられることでその現象が助長されるからです。

無垢フローリングを張って最初の年は床暖房を
低温で慣らす必要があります。

フローリングは急激な温度変化を苦手とするからです。

ワンシーズン超えると安定してきますので少し
おおらかに見守ってあげることが必要ですね。

床鳴り、暴れの予防策

フローリングを張って落ち着くまでにワンシーズン程は
見ていただいたほうがいいと思いますが、

・加湿器や除湿器などで湿度をコントロールする

・水ぶきをしない

・空気の通りをよくし、湿気をため込まない。

などを普段から気を付けることで予防につながります。

 いかがでしたか

暴れ、反りなどの言葉を見ると大変な現象のように
思えますが、無垢フローリングとの生活には
それはあって然るべきものという心持ちで選んでいただければと思います。

生活をしていく上でそれらは落ち着きますし、
何より無垢フローリングとしてのメリットは計り知れません。

生きている建材特有の温かさ、使い込むほどに独特の質感と
深みのあるツヤがきっと生活を豊かに演出してくれる
ことでしょう。

アトピッコハウスでは良質な無垢フローリングを
取り扱っています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 暴れ 床鳴り | タグ: | 無垢フローリングの暴れや床鳴り はコメントを受け付けていません。

昔ながらのエコ建材 畳

投稿日:2018年01月15日 作成者:


一昔前は日本人の生活に欠かせなかった畳。

今ではあえて和室を作らない家づくりをされる方も
増えていると聞きます。

また、賃貸のアパートなども畳を洋式にリフォームしている
ところが多く感じます。

しかし、ここ最近エコ建材として畳が見直されています。
長い歴史を持つ畳、使われ続けたのにはそれなりの理由が
あってのことです。
今回は畳について考えてみたいと思います。

日本人の畳離れの要因

たたみの部屋は気持ちが良い
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

和室が減った原因の一つにボロボロとするイグサが
あります。

こういった劣化が目立つ畳の多くは中国産の
物でした。

今でこそ、中国製のイグサの品質が上がってきてはいるものの、
多くの住戸で採用されていたため、畳がボロボロするということ
が広がってしまったのかもしれません。

また、私たちの生活が和式から洋式へと変化したことが
大きくかかわってきていると思います。

畳の歴史

畳は断熱性や調湿性などに優れており、
高温多湿の日本の気候に適した床材として重宝されてきました。

存在するもっとも古いたたみは奈良時代の物と言われています。
ゴザのようなものを5~6枚重ねた物を基盤とし、そこに
イグサを被せた物です。

その後平安時代の頃には貴族の邸宅にて板間の上に
寝具として畳が用いられるようになります。
この頃は畳の大きさや縁の柄などで身分の階級を表していました。

畳が一般的に普及し始めたのは江戸中期以降のことです。
歴史が長い割には庶民の身近になるまでにずいぶん時間がかかっていますね。

基礎となる床の種類

ほんものの畳はワラ床が基礎となり、そこにイグサで編まれた
みなさんが良く目にする畳の表で包んだものになります。

現在では基礎となるワラ床の部分はワラではなく、
ポリスチレンフォームなどの建材床を使っている物が
多く見受けられます。

こういった化学床を使っている場合、化学物質スチレンを
揮発している可能性があります。

その点、ワラ床は天然素材ですので国産のもので
良く干されたワラを使っていれば化学物質はほぼゼロとなります。

畳に使われるイグサの力

畳の表に使われているイグサは木炭に匹敵する吸湿力があり、
湿度が高い時には無数の気泡から湿気を吸いこみ蓄えます。

また、湿度が低い時には蓄えた湿気を吐き出し調湿を
してくれます。

また、イグサは二酸化炭素を自然浄化し、シックハウスの
原因となる、ホルムアルデヒドを吸着します。

吸着したホルムアルデヒドを再放出することはほぼないと
言われており、室内の空気清浄に役立ちます。
イグサの香りは精神沈静作用もありリラックス効果も期待できそうですね。

畳のメンテナンス

畳のご採用が決まった後、次のメンテナンスのタイミングは
どのような時期なのでしょうか。
ほんものの畳には下記のメンテナンス方法があります。

◆裏返し
ワラ床を包んでいるイグサを剥がして裏返しにして張ること。
目安は5年です。
内側に入っていた新品同様のイグサを表面にするということですね。

◆表替え
裏返しをした後、ワラ床を包んでいるイグサを新品の物に
貼り変えることです。

ワラ床はそのまま使えます。
裏返しをしたあと5年が目安です。

日々のメンテナンスでとしては風通しを良くする、
畳の上にジュータンなどを敷かない。
掃除機をかけるときは目に沿って何度か往復する。
などです。

いかがでしたか

古い歴史のある畳。
使われるのには日本の気候、土地に合った
先人の知恵が生かされています。

ほんものの畳は気持ちがいい。
ペタンと座って時にごろんと寝転んで。

イグサのニオイと柔らかい感触が
心地よい空間を作り出してくれます。

お家づくりをご検討されている方、この機会に
畳のご採用もご検討してみて下さいね。
アトピッコハウスではワラ床を使ったほんものたたみを
取り扱っています。

職人さんが採寸から敷き込みまでするので
施工できる範囲が限られてきますが、ご興味のある方
ぜひお問い合わせくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 畳 エコ建材 | タグ: , | 昔ながらのエコ建材 畳 はコメントを受け付けていません。

自然素材の壁 布クロス

投稿日:2018年01月05日 作成者:


新年明けましておめでとうございます。

新しい年が始まり、新たにお家づくりを
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的な壁紙はビニールクロスが多いですが、
アトピッコハウスにお問い合わせをいただく方の
多くは自然素材の使用を希望されています。

塗り壁が理想だけど、予算が合わない。
でもビニールクロスは使いたくないというお客様に
ご案内をさせていただいているのは布クロスです。

布クロスを採用するのは難しいことなのでしょうか。

10年前に施工した布クロス

布クロスは高級感のある自然素材

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先日、こんな嬉しいお話をいただきました。

ご自宅を10年ほど前にすっぴんクロス(アトピッコハウスの布クロス)
でリフォームされたとのこと。

その際に業者さんからは布クロスはほつれるし
見栄えが悪くなってくるから
やめた方がいいと言われたそうです。

結局押し切って広い範囲で施工した所、10年経った今でも
貼り具合も見た目も何も変わらず、綺麗なまま使われているということです。

すっぴんクロスを採用したことでとても満足されていました。

業者さんにとっての仕様変更

業者さんはなぜ布クロスの採用を危惧されたのでしょうか。

施工する側からすると出来ればいつも同じ商品で家づくりをしたい。
使い慣れていて施工も簡単なビニールクロスを使った方が
仕上がりも早いし、キレイに仕上がる。

不具合も想定できるし費用だって予測できます。

ですが、標準仕様ではない商品を使えば必ず差額が出るし、
日数だって余分にかかります。

建築会社は差額が出ることを懸念します。
それはお客様を思ってのことなのです。

理想を追えば追うほど差額が大きくなります。
それによってその後の生活が大変になってしまっては
元も子もない。

そのような考えあってのことなのです。

まず欠点を知る

布クロスは塗り壁に比べ予算をおさえて
自然素材を取り入れることが出来ます。

ですがビニールクロスに比べると高価にはなります。

ジョイント(クロスとクロスの張り合わせの部分)が目立ちます。

自然素材特有のことですがクロスのロットによっては
同じ品番でも色味が違って見えることもあります。

これらは数か月生活するうえで目立たなく、
気にならなくなっていきます。

建築会社に布クロスを使ってほしいという際に
こういったデメリットも承知の上だということを
伝えるのも採用に大きく近づく一歩となるかと思います。

布クロスの長所

塗り壁に比べると安価ですが、高級感があります。
結婚式場やホテルなど格式高い場所で使われています。

吸音性もありますし、通気性も良い。
そして強いです。

糸を織って作っているのでちょっとやそっとでは
破れませんし、ビニールクロスのように経年変化により
性質が変わってくることもありません。

なにより自然素材ですので化学物質などを気にされる方でも
安心してお使いいただけます。

布クロスを採用する際の注意点

布クロスはビニールクロスよりも施工が難しいことは
先にも書きました。

つなぎ目が目立ちやすいことや、自然素材なので
施工の際に布が多少伸縮したりすることが
理由となります。

布クロスの施工の経験が豊富な職人さんに
施工をしてもらうことが大切です。

いかがでしたか

自然素材の壁=塗り壁のイメージが強いですが、
予算をおさえて自然素材を取り入れるには
布クロスがおすすめです。

布クロス特有の高級感をぜひお家づくりに
取り入れてみて下さいね。

アトピッコハウスでは上質な布クロスすっぴんクロスを
取り扱っています。
資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 布クロス | タグ: , | 自然素材の壁 布クロス はコメントを受け付けていません。

本漆喰と、今の漆喰壁との違い

投稿日:2017年12月21日 作成者:


人気の高い塗り壁の中でも一番耳にしたことがあるのは
漆喰ではないでしょうか。

白鷺城と呼ばれる姫路城でも有名ですね。
寺社で使われることも多くあります。

漆喰には「本漆喰」と漆喰風があるのをご存知でしょうか。
現在のお家づくりに「本漆喰」が使われることは
少なくなっています。

「本漆喰」とはどのようなものなのでしょうか。

本漆喰とは

本漆喰とは?

自然素材の内装材専門メーカーアトピッコハウスの内藤です。
最近見かける漆喰は漆喰風のものが多かったりします。

昔の漆喰は「本漆喰」と呼ばれ、消石灰が主原料となります。
つなぎには麻スサ紙スサや海藻糊が使われたまさに自然素材です。

左官屋さんが自分で調合し、作っていたものなのです。
海藻糊を炊き、麻スサをほぐして混ぜ入れ、少しずつ
消石灰を練り込んでいく。

職人さん自らが丁寧に材料から作っていたのが
「本漆喰」なのです。

手間をかけ、大事に作られてきたのが分かりますね。

本漆喰の歴史

歴史をたどると平安時代の初期には壁材として
漆喰が使われるようになりました。
しかし、当時は大変貴重で高価な材料でした。

その為日本ではお城や寺社など使われることが主でした。
漆喰が火に強いため防火材としても大きな役割を
していました。

漆喰壁が昔から使われるのには耐火だけでなく、
防水、調湿、抗菌、防虫などの効果が高いためです。

江戸時代に入ると海藻などを使った安価な糊が使われるようになり、
漆喰は経済力のある商人の土蔵などに使われるようになりました。

それと同時に左官職人のサインでもある鏝絵の華麗な技術も
開花していきました。
鏝絵はいわば左官職人さんが描くアートです。

また魔除けなどの意味合いも入っていたと言われています。

本漆喰は調湿しない?

調湿するから漆喰を使いたいというお話をよく聞きます。

そもそも漆喰は防火対策の為に室内の壁に塗られるようになったの
ですが、壁の下地は土でした。

土壁の上に消石灰で出来た漆喰を薄塗りしたのです。
土壁そのものはかなりの厚みがありましたから、土壁の上に
漆喰を薄塗りしてもそれだけで調湿したのです。

つまり土壁+漆喰の条件で初めて調湿できるということです。

しかし、現代で使われている下地はほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードには調湿性がないため、その上に漆喰を塗っても
調湿しないのです。

本漆喰の色

漆喰の色は白に代表されます。
それは原料が消石灰であるからです。

消石灰は石灰岩を原料とした白い粉です。
これに水を加えて壁に塗るので白い壁が一般的となります。

色の付いた漆喰もありますが、それは着色成分が混ざっている
漆喰ということになります。

着色には「顔料」が使われます。
岩や金属の微粉末です。
着色するというよりも原料の間に色の付いた微粉末が
分散し、着色したように見えるというわけです。

ということは均等に分散することが難しいので
色ムラが起こりやすいということです。

漆喰に色を付けることが難しいと言われるのには
色ムラが起こりやすいということも要因の一つです。

本漆喰と漆喰風の違い

「本漆喰」は先に書いたように天然の海藻や麻などを
使って作っていました。

現代では天然の物のみで作られる「本漆喰」の需要は
少なくなりました。

材料としての自然素材が入手困難であったり、
高価だったりする為です。

そのかわりに化学樹脂を接着剤として使ったり、
化学繊維で出来たスサを混ぜた、新建材の漆喰が
生まれています。

これは「本漆喰」とはほど遠いものです。

いかがでしたか

「本漆喰」は昔ながらの自然素材です。
素材も自然のもので作られています。

でも漆喰風で売られている物には
自然素材といえないものも含まれていたりします。
素材選びをきちんとして気持ちの良い家づくりをしたいですね。

アトピッコハウスでは、調湿性の良い漆喰風の
塗り壁漆喰美人をご用意しています。

本漆喰のようなツルツルな仕上げは難しいですが、
キメ細かくツヤのある美しい塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 本漆喰 漆喰風 違い | タグ: , , | 本漆喰と、今の漆喰壁との違い はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングにおける特徴

投稿日:2017年12月15日 作成者:


フローリングのお部屋は高級感があり、人気の高い内装材と
言えます。

寒くなってきたこの時期、床暖房などもご検討されて
入る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一言でフローリングといっても色々あります。
どのような特徴があり、どんなところに気を付けて
選んだらよいのでしょうか。

複合フローリングの特徴とは淡いピンクから濃い赤へ美しく変化するチェリー

自然素材の内装材専門メーカー アトピッコハウスの内藤です。

複合フローリングとは2層以上の層を持つフローリングを
言います。
複数の板を接着剤で張り合わせた板の表面に薄くスライスした
天然木を張り付けた物です。

夏の湿気や冬の乾燥により伸縮する無垢フローリングに
比べ、反りや膨張などが起きにくくメンテナンスが楽な事が特徴です。

遮音性能が付いたものもあるのでマンションなどの集合住宅では
多く採用されています。

無垢フローリングの特徴とは

無垢フローリングは張り合わせのない、天然木を切ったそのものの
フローリングを言います。

木本来の暖かさや柔らかさ、肌触りの良さを感じることが出来ます。

先にご案内したように、夏場の湿度を吸って膨らみ、冬場は湿気を
吐き出し縮みます。

無垢フローリングは生きているため、呼吸をしながら調湿をしてくれるのことが
特徴です。

木材自体が湿気を蓄えたり吐き出したりすることにより、
隙間が出来たり、反りや突き上げが生じることがあります。

こういったことをご心配される方もいらっしゃいますが、
正しい施工をすれば問題はありません。

また、春夏秋冬季節を一周する頃には環境になじみ、落ち着いてきます。

床暖房用の無垢

無垢材は乾燥や熱によって伸縮する特徴があるため、
床暖房との相性はよくないというのが昔の見解でした。

今では、加工の仕方や乾燥の方法により床暖房に対応できる
無垢フローリングも増えてきています。

ただ、無垢材は急激な温度変化に弱いため、施工後1年は
床暖房の温度設定を「低」にキープして使うことで
反りやけば立ちを最小限に抑えることができます。

無垢材ならではの優しさ

木は他の素材に比べ熱を伝えにくいという性質があります。
触れたときに暖かく感じるのは木が手の熱を奪わないからです。

熱々のお味噌汁を入れた木のお椀は手で持てますし、冷めにくい。

木のお椀は木の持つ断熱性や保温性を上手く利用した
日本人の知恵なんですね。

木の香りが心を落ち着かせて癒しの効果があるということは
科学でも証明されているそうです。

無垢フローリングの経年変化

無垢フローリングは経年変化を楽しむと言われますよね。
経年変化とはどのようなものなのでしょうか。

施工をしたての頃は淡い色合いで若さを感じますが、
3年、5年と経つにつれて無垢の細胞に含まれている樹脂が
徐々に表に出てくることで色の変化が出てくるのです。

変化する濃度は木に含まれる樹脂の量で異なります。

年を重ねるごとに艶や深みのある色合いへと変わっていく
無垢ならではの質感や素材感を楽しむことが出来ます。

いかがでしたか

無垢材は見た目の良さだけでなく、人や空間にも優しい素材です。
質感や色味節の特徴などでたくさんの表情を見せてくれます。

選ぶものにより部屋の印象だけでなく住む人の気持ちも
替えてくれます。

肌触りや感触も含め選ぶポイントをきっちりおさえて
素敵なお家づくりが出来るといいですね。

ぜひ無垢フローリングとの生活を検討してみて下さいね。

アトピッコハウスでは足の裏が喜ぶ、ごろ寝フローリングを
取り揃えています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。
はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 特徴 | タグ: , | 無垢フローリングにおける特徴 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー