アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
ワンちゃんには滑る床は大敵

ペットに優しいフローリング

  • 06
  • 2月
  • 2020

ペットを家族に迎えているご家庭は多いですね。

3世帯に1世帯は何かしらのペットを飼っているという
統計もあるようです。

ペットとして迎えられているのは犬が一番多く、
続いて猫が2番目に多いそうです。

私たち人間だけの生活と、ペットがいる生活では
家づくりの仕方も変わってきます。

今回は犬と床について考えてみたいと思います。

つるつるした床はワンちゃんの負担に

ワンちゃんには滑る床は大敵
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

犬は股関節が弱く、つるつる滑る床では足を踏ん張れずに
滑ってしまいます。

滑ってしまうと足が開いてしまい、余計に股関節に
負担をかけてしまうという悪循環です。

ではワンちゃんに負担のない床とはどんなものがあるのでしょうか。

よく聞くのが、フローリング張りの床に、ホームセンターなどで
1枚ずつはめ込んでいくジョイントマットを敷き詰めていくもの。

ジョイントマット

これは汚れたらその部分を外して捨てられるし、
1枚ごと購入できるので便利です。

ヨガマットを敷く

ヨガマットは結構使えます。
これも百均で+いくらかで買えます。

水飲み場とか、ご飯を食べるところに敷いておけば
立ち止まっているときにも滑らないし、踏ん張れます。

ヨガマットはお風呂での利用にもおすすめです。

滑りやすい素材の床が多い風呂場ですが、
そこにヨガマットを敷いてお風呂を入れると
足腰への負担が少ないですし、転倒の心配もありません。

年を取ってからもヨガマットを敷いて横たわった状態でお風呂に
入れることもできます。

終わったらヨガマットを軽く洗って干せば何度でも使えます。

ペットがいたら無垢フローリングは無理?

これから新築ということであれば、ペットにも快適な
住まいづくりをしたいですよね。

無垢フローリングを使いたいけど、それこそつるつる滑っちゃうし、
傷がつくかもしれないし、あきらめるしかないのかな。

いえいえそんなことはありません。

アトピッコハウスではペット対応UV塗装の無垢フローリングを
ご用意しています。

室内で暮らすペットの足腰に負担のないことを一番に考えた
フローリングです。

UV塗装なので撥水性があり、オシッコや水汚れはつきにくいですが、
一般的なUV塗装品に比べてより自然塗装に近い仕上がりです。

樹種によって足腰への負担は変わるのか

広葉樹は硬く針葉樹は柔らかいという話を聞いたことがあると思います。
これはそれぞれ木が含んでいる空気の量が関係しています。

広葉樹とはオークとかナラ、チェリーなど。
針葉樹はヒノキや杉、パインなどがあげられます。

ペットの足腰には柔らかい樹種を使ったほうがいいのでしょうか。

柔らかいといっても木です。

弾力があるわけではありませんし、クッションフロアや
じゅうたんに比べれば硬いですので大きくは変わらないと思います。

硬さにはこだわらず、お好みで選んでもいいと思います。

フローリングはおおらかに選ぶ

ただ、塗装をしていない場合、やわらかい樹種だと
ペットの爪などで傷がつきやすいという難点がありますが、
逆に傷がつくことで滑りにくくなるというメリットはあります。

ペットの爪で床が傷つく?

フローリングは傷がついても経年変化で目立ちにくくなりますし、
気になるようであれば削ればまたきれいな面が出てきます。

おおらかな気持ちで選んでいただきたいと思います。

いかがでしたか

床の状態によってはペットにストレスになってしまうということですね。

人が住みやすい家はもちろんですが、愛するペットも快適に
過ごせることでみんなが幸せといえる家づくりになるのではないでしょうか。

これから新築やリフォームをお考えの方、ぜひペット対応の
無垢フローリングをご検討くださいね。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら