アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
温もりのある無垢フローリング

大切な人を思うフローリング塗装

  • 05
  • 11月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

大切な人の目線に立ってみる

大切な人の目線に立ったフローリングとは

芸術の秋ということで、
美術館に行ってきました。

ほのぼの、素敵な絵にたくさん出会えた展示でした。

鈴木信太郎さんという
戦前から戦後にかけて活躍した画家の展示だったのですが
皆さまはこの画家をご存知でしょうか?

実はわたしは全く知りませんでした。

美術館もチケットをいただいたので
足を運んだのですが

彼の作品に心をすっかり奪われ
ひとつひとつの画に見入り

去るのが名残惜しく、
また最初の展示フロアに戻ったりしているうちに
あっという間に時間が経ってしまいました。

風景画が中心で、それはとても素朴なものでした。

その素朴な作品に、
何故こんなに心を奪われたのか、

解説を読み、その理由がわかりました。

画家鈴木信太郎は、
足が不自由だった為、

外で写生するときは
ゴザに座って描いたそうです。

そのため、絵の構図は低い位置から捉えたものになります。

例えば、背の高い木の絵は、
上の枝葉が描かれていません。

でもその低い構図は、
幼いころの目線と同じで
当時見た風景や世界と重なって、

懐かしさを感じたり、童心を思い出させるそうです。

しかし、この低い構図は
彼が作品を描いた昭和初期の画壇では理解されず、
酷評を受けていたそうです。

芸術は奥が深い、
感じ方はそれぞれですが、

幼いころの目線を忘れずにいたいですし、
今の世界を別の目線、
別の立場で見られる目も持ち合わせていたいと思います。

アトピッコハウスは内装材のメーカーですが、

お客様からは
様々な目線でお問い合わせをいただきます。

今日のお問い合わせは“お母さん目線”の方からでした。

「無垢のフローリング選びに迷っています。
子供がまだ1歳です。柔らかい方がいいか、固い方がいいか、
何かおすすめの樹種はありますか?」

自分の好みだけで決めるのだったら

キズが付き難い方がいい
掃除がしやすい方がいい
とにかく予算で、
見た目で、等々

容易に決めてしまうこともできますが、

誰か大切な人の目線になると迷ってしまうかもしれません。

無垢のフローリングは自然の木ですから
その樹種は様々にあり、

それぞれの特徴から
ご家族の生活スタイルに合ったものを選ぶことが出来ます。

そして、
樹種選びと同じように大切なのが
塗装選びです。

塗装は大きく分けて2種類あります。
自然塗装と化学塗装です。

自然塗装のものは、木目に染み込むタイプの塗装で
無垢の肌触りを損ねることなく楽しめます。

一方、化学塗装のものは、木肌の表面に膜を作る塗装です。
表面を強くコーティングするので、
キズが付き難く、水も弾くのでお掃除がしやすくなります。

さらに、
大切な人の目線で作られた塗装というものがあります。

ペットやお子様、お年寄りの為の塗装です。

ペットやお子様、お年寄りの為の塗装というと、
どんな塗装を思い浮かべますか?

お掃除がしやすいものでしょうか?

しかし、
お掃除がしやすい=強いコーティングが必須

となり、
それは、大切な人やペットが滑りやすく
彼らの足腰に負担をかけさせてしまいます。

ペット用、お子様、お年寄り用とは名ばかりの、
ご都合主義の塗装となってしまうのです。

でも、大切な人やペットの過ごしやすさを追求して
自然塗装にすると、
今度は掃除をする方が大変になってしまいます。

では、大切な人の幸せを願うなら、
我慢をするしかないのか。

実は、
ペットにも、飼い主にも優しい塗装があります。

それは、自然素材と化学塗装の丁度間のような塗装です。

滑りにくいのに、
掃除もしやすいよう、程よくコーティングしてあるのです。

アトピッコハウスのペット用塗装は、
ペットはもちろん、お子様、お年寄り、大切な人と、
家主様の快適さとを両方を追求した塗装です。

気になる方は、ぜひ、サンプルを手に取ってみてくださいね。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら