アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングは、生活スタイルに合ったものを

  • 09
  • 10月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

落葉するもの、しないもの、木々の特徴は様々です。

無垢フローリングは樹種によって素材の特徴も様々

鎌倉はここ数日、
爽やかな秋晴れの日が続いています。

皆さまは、秋はお好きですか?

わたしは子供の頃、秋=枯葉 といった
何となくもの悲しいイメージを抱いていましたが、

大人になり、登山をするようになってから、
印象が変わりました。

秋の山は、思いのほかカラフルで賑やかだったのです!

思い思いに色づき、実を生らせ、
花を咲かせた植物たちの活気に満ち溢れていました。

「枯葉」という曲をご存知でしょうか?

恋人たちの別れを歌っており、
それはそれは、悲しい郷愁を誘うメロディーです。

むかし抱いていた
秋に対する“もの悲しい”イメージに
ピッタリの曲調でした。

元々はシャンソンの曲ですが

ジャズの世界でも親しまれ
様々にアレンジされています。

中でも個性的なのは、
サラ・ヴォーンさんという
シンガーが歌ったバージョンです。

とってもパワフルで、賑やかで、

“もの悲しさ”はみじんも感じさせません。

ただ、ヒラヒラと落ちていく“枯葉”ではなく、
まるで、宙返りをして踊り舞うような“枯葉”です。

しっとりした秋、
賑やかな秋、

移り変わる自然は色々な面で楽しませてくれます。

秋に葉を落とす木もあれば、
葉を落とさない木もあります。

木目が目立つ木もあれば、
あまり目立たない木もあります。

そして様々な樹種があるように、人の好みもそれぞれ。

木目が好きな人もいれば、
あまり主張しすぎる木目は苦手な人もいますよね。

アトピッコハウスでは
無垢のフローリングを扱っているので、

「どの樹種が好き?」という話を
スタッフ同士でよくしています。

無垢のフローリングと一口に言っても、
山に沢山の木が生えているように、
沢山の種類が販売されています。

色も木目も、樹種によって様々。
見た目ですごく好みのものがあれば
それに決めるのもよし!

と、言いたいところですが、
樹種を決める前には、
必ずその木の特徴を知って欲しいと思います。

ワンシーズンだけ楽しむつもりで買うお洋服なら、
一目惚れで決めてもいいと思うのですが、

無垢のフローリングは一生ものといっていいくらい
丈夫ですし、時を重ねるごとに違った美しさをみせ
楽しませてくれます。

アトピッコハウスの社屋の床は、
80年前の物ですが、現役です。

生涯のパートナーとなるかもしれない
無垢のフローリングですので、

多くの種類の中から、
必ずあるであろうご自身の好み、
生活スタイルに合うもの
選んでいただきたいのです。

樹種は大きく
針葉樹と広葉樹に分けられます。

秋に葉を落とす木は、広葉樹の中の種類です。

葉の形が広いものが広葉樹で、
大きく広い葉で日光を沢山浴びて
生き残っていこうとしてきた樹種です。

ゆっくり時間をかけて成長をするものが多いので
中に身がぎっしり詰まって硬く
キズが付きにくいという特徴があります。

木目が美しいものも比較的多いのが広葉樹です。

葉が針のように細い木が針葉樹ですが、

広葉樹とは反対に、
柔らかい樹種です。

キズはつきやすくなりますが、
反対に温もりを感じられます。

樹種の特徴を知ることと同時に
行っていただきたいことが、
自己分析です。

ご自身が、無垢のフローリングに何を求めるのか。

キズは気にするタイプか、
多少なら気にならないのか。

掃除のしやすさを優先させるのか、
自然の風合いを優先したいか。

樹種だけでなく、
ご自身の生活スタイルに合った塗装も
選択できるようになります。

アトピッコハウスでは、
全7回の無垢材選びの無料のメールセミナー
お届けしています。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら