アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングはいろいろな樹種から選べます

  • 07
  • 12月
  • 2018

木にはいろいろな樹種があり、世界で約2万種、
日本には約2500種あると言われています。
このうち人間が利用している木は世界で数百種、
日本では100種あまりと言われています。

「適材適所」という言葉があります。
語源は、古くからある建物や神社などの
建築現場における木材の使い方から来ています。
昔から木の特徴に合わせて使い分けをしてきたのです。

樹種が多いため、選択肢は多岐に渡りますが、
適材適所で優先順位をつけて
探してみましょう。

無垢フローリングは当たり前ですが、本物の木です

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
無垢フローリングは当たり前ですが、
本物の木を伐採し加工しているものです。

木本来の味わいが感じられる見た目はもちろん、
足触りの良さ、感触の良さは合板フローリングとは
全く違います。

学校やお寺など長い年月、たくさんの人に踏まれていても
へこたれないし、むしろ味わい深い色合いになる。

本物の木が与えてくれる恩恵を味わえるのが
無垢フローリングの良さです。

神社、仏閣で使われている樹種は?

ヒノキ・ケヤキ・杉・松・ヒバなどが多いです。
特にヒノキは神社の材に用いるところから
「霊(ひ)の木」が語源とも言われています。

法隆寺や薬師寺の塔は1300年経った今も維持されています。
木材として耐久性や保存性が世界最高レベルと言われるほど
優れた樹種です。

防腐・抗菌効果が高く、香りが強いという特徴があります。
ヒノキでできた温泉旅館の浴槽は、香りも楽しめて
リラックス効果がありますよね。

ご家庭では、トイレの床、においの気になる場所や脱衣場、押入れなど、
湿気が多く環境が悪くなりやすい場所にも使われます。

硬め柔らかめの樹種は?

木材の硬さは木の成長スピードによります。
硬い樹種はゆっくり成長するために密度が高くなり、硬くなります。
硬い木には希少性が高くなり過ぎて、伐採制限がかかるものもあります。

硬めの樹種=広葉樹(オークやメープルなど)
柔らかめの樹種=針葉樹(ヒノキやパインなど)

柔らかめと言っても、合板フローリングと比べて丈夫さは
比較になりません。
そうは言っても、傷がつくのが気になる方には硬めの樹種が良いのかも
しれません。

明るい、落ち着いた色目のものは?

明るめなのは、オーク、メープルなどでしょうか。
天井に使ったら圧迫感がなく広く見えそうです。

落ち着いた色目の樹種は、
アカシア、ウォルナットなどでしょうか。
ダークですが、かっこいい色目です。

家族が集まるリビングは明るい色目、
寝室や書斎などは暗めの色目など
お部屋ごとに樹種を変えて見ても変化があって
良いと思います。

そのほか樹種を選ぶポイントは?

木目の出方で選ぶ。
木目が目立たないのが良いのならヒノキ、メープル、カバ、チェリーなど。

色の変化を見越して選ぶ。
飴色に変化していく木は杉やヒノキなど。
色が濃くなったり薄くなったりと樹種によって
特徴があるので、経年変化を楽しむことを見越して選ぶのも
楽しいと思います。

いかがでしょうか?

適材適所で樹種を選定するのもいいし、
見た目重視で選んでも良し。

いずれにしても無垢フローリングは長く付き合っていく
内装材のため色々な面から比較して
決めて頂ければと思います。

アトピッコハウスにはごろ寝フローリングという
無垢フローリング材があります。
色目を確認することができるキャラメル型の
サンプルを差し上げます。ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら