はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

家づくりに優先すべきこと

投稿日:2017年08月24日 作成者:


家づくりを考えるときは「自然素材を使いたい」「キッチンは広く」
「リビングはゆったり」あれもこれもといろんな夢や
想いが広がります。

特にインターネットでなんでも調べられるこの時代
知識がどんどん増えて悩みが余計に増えてしまったり。

お家づくりに優先すべきことはなんでしょうか。
今回はこちらについて考えてみたいと思います。

家のあり方って?

家づくりに優先すべきこと

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
家のあり方とは当たり前ですが雨風をしのげ、
安全に過ごせる場所であること。

台風や大雪の日家に帰った時のホッとした感覚は
みなさん誰でも覚えがあると思います。

家族や財産を守るための家でもありますね。

心身ともにリラックスできる、
無防備な状態で安心してくつろげるということ。
家づくりの原点といえると思います。

家づくりの昔と今

私たちの祖先が家を建てるのは先に書いたように
雨風をしのぐ、生活を営む、安全を確保する
という根本的なものだったと思います。

現代でも同じことが言えると思いますが
それがいつの間にか雰囲気やデザインに気持ちがいって
しまい、なかなか根本的なことを忘れがちです。

豊かになった現代に皆さんが必要!!と考えるものは
本当に必要なものですか?

何を優先したらいい?

家づくりに優先した方がいいもの、それはもちろん
人によって変わりますよね。

「通勤に便利なところ」「駅から遠くても静かなところ」
「狭くてもいいから自然素材の家」
色々あると思います。

これを優先すべき!という正解はありません。
でも、誰しもがここだけは譲れない、絶対条件というものが
あると思います。

そこをベースに組み立てていくといいかもしれません。

絶対にこの商品を使いたい。この自然素材は譲れない。
と思っている方が、使用できる材料が決められている建売住宅を
購入しても思い通りのお家作りには程遠くなってしまいますよね。

目先のことに惑わされない

家をつくるとなった時、見えないところにお金を使うより
見えるとことに使う方が魅力的に感じてしまうということが
あるでしょう。

壁の断熱材に+10万かけるならその10万でシステムキッチンに
したい。

しかし家の構造上、後々変更しにくいところは優先的に
したほうが得策かもしれません。

家を建てた後に壁の中や床の下を工事するのはかなり大がかりに
なってしまうためです。

断熱材より豪華な壁紙を優先した結果、夏は暑くて
冬は寒い、過ごしにくいお家になってしまったら
元も子もないですよね。

見せかけだけでなく内側から質の良い家づくりが必要ですね。

何においてもまず予算

忘れてはいけないのが予算です。

予算がないのにあれもこれもと夢を膨らませても
現実的ではありません。

本当に必要なのか。
例えて言うならば100万円の予算しかないのに
300万円のフローリングを夢見ても叶わないのです。

100万円の予算しかないのならその中で
何が必要なのか、どこを優先すべきか
何は無くても大丈夫なのかということを
見極めていくことが大切です。

いかがでしたか

皆さんが安心して暮らしていくために必要な家。
何十年も住み続けることになります。

一生に一度の家づくり。
どんな生活を送りたいのか、何を優先すべきなのか
根本的なところを忘れずに居心地の良い場所を
作り上げてくださいね。

アトピッコハウスでは、内装を自然素材で仕上げた
企画住宅「べっぴんハウス」を商品化しています。

ご予算や工務店選びで迷われている方お気軽に
ご相談くださいね。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 優先 | タグ: , | 家づくりに優先すべきこと はコメントを受け付けていません。

生活音を騒音と感じない術

投稿日:2017年08月24日 作成者:


我が家の近所では、不思議と夏休みの最終日あたりになると、
子供の声が少なくなります。

みんなやることは一緒。「夏休みの宿題」

夏休みも折り返し、宿題のラストスパートをかけている子供たち。
「おわらなーい」と言いながらも、まだ夏休みの楽しみを諦めていない様子

これが夏休みも終わりだなぁと感じる瞬間です。

そんな話を母にすると、「昔から変わらないね~」と。

子どもの声は常に地域に溢れていました。放課後の公園や学校では、
野球をしたり、サッカーをしたり、鬼ごっこ、ブランコ…

夕方のチャイムが鳴るまで、外には声が溢れていましたね。

でも、最近は公園でのボール遊びが禁止になり、声が騒音とされる
事も少なくありません。

いつから声や音が騒音になってしまったのでしょうか。

生活音ってどんなもの?

生活音が気になるきっかけ

自然内装材のメーカー、アトピッコハウスの小倉です。

生活することから出る音とはどういうものなのでしょうか。
部屋の中を歩く音、水廻りを使用する音、ドアを開け閉めする音、
椅子や家具を動かす音。

あげだしたらきりが無く、生活音というのは限りなくあります。

それは、住む人の家族構成や生活スタイルによっても異なりますし、
出る時間、聞こえる時間、感じる時間も異なります。

音は気になるもの?気にならないもの?

音が気になるという事は、想像がつくかつかないかです。

相手の顔が見えて、想像できる。
音がどういったところから出ていて、どういう風に必要な音なのか?
仕方がない音なのか?

それが想像できれば、人は許容範囲と判断します。

でも、その想像が全くつかないとなるとそれは、騒音にしかなりません。

騒音は許せないのがひとの常です。

映画館やコンサート、観劇などで映像や歌手、劇者より与えたれる音は、
人は心地よく、また有難くも感じ、感動さえ与えます。

しかし、そこに必要のないおしゃべりの声や携帯のアラームなどが音として
聞こえた時、それは迷惑にしかなりませんね。

ご近所付き合いしていますか?

生活音は、生活スタイルや家族構成によって大きく異なりますが、
全く音を出さないで生活している人はいません。

では、マンションの上下階でなぜ「迷惑」と感じてしまい、
トラブルになってしまう事があるのでしょうか。

それは先にお話したように、想像がつかないからです。
家族構成や生活スタイルを知る前に、お顔を拝見したことはありますか?

昨今の核家族構成では、ご近所付き合いが少なく、隣に住んでいる人さえ
顔を拝見したことが無いという方も少なくはありません。

長屋にはじまる集合住宅。戦後復旧と共に建てられた多層階の集合住宅。
これらはお互いが助け合わないと生活していけない中で先人たちが
建ててきた建造物です。

そんな時代の人たちは、生活音をどのくらい気にしていたのでしょうか。

時にうるさいと感じてしまう事もあったかもしれません。
でも時にもらい泣きならぬもらい笑いをもらい、
自分の家が和むこともあったと思います。

そして、音が生活の異変を察知する術となったかもしれません。

全ては、ご近所同士が他人であってもお互い手を差し伸べられる
関係が築き上げられていたという事ですね。

その関係性を築くのに特別な方法が必要だった訳でもなく、
人を受入れ関係を築くという事が当たり前のことだったのかもしれません。

時代の変化で、今でプライベートを守られる事も大切ですが、
集合住宅に住むにしろ、一軒家に住むにしろ、ご近所さんとは、
笑顔で挨拶できるような関係を築いておきたいですね。

遮音性能は100%ではありません

昨今ではマンションの上下階への配慮などから、遮音性を考えた
商品も多数出ています。

マンションなどのリフォーム現場でも遮音等級取得という事が
リフォームの条件となっている現場もとても多いです。

遮音等級=数字という事になりますが、でも知っておいてください。
生活音(音)に関しては、数字でクリアしていても、
絶対、音がしないという事はありません。

音を出す側も聞く側も感じ方は様々です。
家族構成やライフスタイルによっても異なりますが、
決して聞こえないという事は人が住んでいる以上、ありません。

お互い様の気遣いが大切ではないでしょうか

100%音がしないという事はないからと言って、
気を使わなくて良いという事ではありませんね。

まだ朝も早いから静かにしよう。
この時間はみんながゆっくりしている時間だから、
静かにしよう。

一日は24時間しかありません。

人が動く時間や休む時間というのは、想像がつきます。
その時間だけは気づかいを心がける。

そんなお互い様の気遣いが、自分の生活をも安らかにする
事につながるのではないでしょうか。

いかがでしたか

子どもの声も、生活する声も、聞こえる事はありがたい
事ですが、時として自分が生活することさえ苦痛にして
しまう事があるという事ですね。

核家族化し、ご近所付き合いも減ってきた昨今、
どうしても自分たちの生活を、守ることが第一になりますが、
すれ違った時は笑顔で挨拶できるくらいのご近所付き合いは
大切だと思えるような人でいたいと思います。

アトピッコハウスでは遮音材「わんぱく応援マット」をご用意しています。
施工したら、決して音がしないという事ではありませんが、
お互い様の心遣いのお手伝いが出来るような商品です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 生活音 騒音  | タグ: , | 生活音を騒音と感じない術 はコメントを受け付けていません。

結局、どこで家を建てるのが正解なのか?

投稿日:2017年08月23日 作成者:


住宅展示場にも設計事務所にも話を聞いた。
見積もりも複数もらったし、
ネットで経験者ブログも読みまくった。
だけど、さっぱり結論が出ない。

じゃ結局、自分はどこと契約すればいいのか‥。

結局、どこと契約するのが正解なのか?

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

家づくりには、
万人共通の正解がないので悩みます。
情報も溢れていて、選択肢も山のようにあります。

だから結論からいうと、
決断力がない人は、家づくりには向きません。

多忙なら、家は買いましょう

新築や、リフォームは、
1つ1つ細かく選択していかなければなりません。
その選択肢は無限にあるし、

選択することも、山のようにある。
家づくりの底なし沼に入ってしまう方は、

決断力がない、というのが私の感想です。

家を買うにしても、
・戸建てかマンションか
・駅はどこにするのか
・間取りはどっちがいいのか
・オプションは?

などなど選ばなければならないことは
少なからずあります。

決断力のない方、
そして忙しい方も、
家はつくるのではなく、「買う」ことをお勧めします。

設計事務所は決断の連続です

設計事務所と契約すると、
最初から最後まで、決断の連続ということは、
あまり知られていません。

打ち合わせ回数も多く、
それこそ構造からドアノブ1つまで、自分が選びます。

もちろん注文住宅とは、そういうものですが、

そこまで労力をかけなくても
家を手に入れることはできるのです。

選択肢が無限にある中で、
チョイスをしていくためには知識も必要です。
構造も、壁紙も
まったく知識のない人が、

1つ1つを選んでいくことは
簡単ではありません。

途中で嫌になって、悪い意味での「お任せ」
となってしまうと
満足度が、ぐんと下がってしまいます。

規格の中から選んでいくのがハウスメーカー

ハウスメーカーは、
各社の規格の中で選ぶ注文住宅です。

アカシア

とはいえ間取りは、
土地に合わせて自由に変更ができますが、
決められたスペックやオプションの中から選びます。

それでも、その選択肢は膨大です。

住宅ローンが終わる前に、
建て替えをするのが現代の日本の家づくり。
ゼロから100まで、
設計士と一緒に考えて作り上げる注文住宅なのか、

50ぐらいからスタートする
注文住宅なのか。

ハウスメーカーと設計事務所の違いを、
そんな風に考えれば、
どちらが自分にあっているのかも、見えてくるのではないでしょうか。

アトピッコハウスは、地域密着工務店が一番だと考えます。

ハウスメーカーには、たくさんの一級建築士が在籍しています。
だから「建築士事務所」機能も持っていますが、

建築士の資格を取得していたとしても、
経験を積んでいなければ、
「使える」一級建築士にはなりません。

ハウスメーカーは、たくさんの家をつくっていますが、
一級建築士だって、かなりの人数がいます。
はたして、どれだけの経験がつめるのかは、疑問です。

建築士事務所は、
ほとんどの場合が、年間2-3棟です。

ということは10年で多くて30棟の経験値。
地域密着工務店は、
5~10棟なので、

10年で100棟を経験することになります。

この70棟の差は、ものすごく大きい。
そして地域密着工務店は、
社長=建築士のケースが多く、

お客様のヒアリングから、現場の引渡まで
社長が責任をもって見守ります。

部分、部分で仕事を任されるハウスメーカーの建築士と違い、
全体を任された上での100棟。

ハウスメーカーの建築士が
部分仕事として10年で200棟やっていたとしても、
経験値の差は歴然です。

お勧めしない工務店は
「見積もりしてみないとわからない」と言う

しかし地域密着工務店といっても、
ピンからキリまであります。

お勧めしないのは
坪単価を尋ねた時に、即答できない会社です。

家づくりが設計事務所と同じで、
0~100まで自分で決めていく家づくりです。

こういうスタイルの工務店は
腕は良いのですが、
大概が昔のセンスの家、を建てています。

もし、このスタイルでいいのなら設計事務所と契約した方が
満足度が高くなります。

結局、私のお勧めは、
ハウスメーカーに近い地域密着工務店

家づくりの半分ぐらいは決まっていて、
残りの50~100を一緒に考えてつくっていく。
だけどハウスメーカーと違うところは、

TV広告費などの経費がかからない分、
同じ坪単価で、よりよい建材が使えます。

良い材料は、長持ちします。

ローン返済前に建て替えるのではなく、
せめて、
ローンが終わるまで住み続けられる家にするには、

よい建材にする必要があります。
森林で30年成長したフローリングは、30年使えますが、
10年で伐採した樹木は、
やっぱり10年しか使えないんです。

どうせ同じ坪単価を払うのなら、
地域工務店がいい。

もちろんアトピッコハウスの自然素材もたっぷり使えますよ。
べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 正解 | タグ: , , | 結局、どこで家を建てるのが正解なのか? はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解か?中古物件編

投稿日:2017年08月22日 作成者:


中古住宅市場が活気づいています。

遅々として進まない国の空家対策ですが、
中古住宅及び、中古マンションを購入して
自然素材にするという方は、確実に増えています。

式年遷宮という慣習があるように、
日本人は新しいモノが好きです。

そして購入した時が一番価値のある日本の住宅事情や、
法整備にも問題がありますが、
新築では手が届かない駅近物件や、
間取りの広いマンションが購入出来たりと、

メリットに注目をしてみると
色んな可能性が見えてきます。

リノベーションという単語が市民権を得てきました

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

アトピッコハウスにお問い合わせいただくお客様(施主様)の中で、
急激に増えているのが、
中古住宅や中古マンションのリノベーションです。

中古住宅のリノベーションという選択肢

全面リフォーム

という単語を使うお客様(お施主様)よりも
フルリノベーションと表現される方が増えてきたなと実感しています。

リノベーションという単語は
一般的なリフォームと区別をしたかった建築会社が
新しい単語として活用し始め、
それが定着したのだと想像をしています。

革新や刷新という意味のあるリノベーションと、
悪い部分の改良、という意味のリフォーム、

という解説がある通り、
リフォームは昔の「営繕」という単語に
近い立ち位置になっているのかもしれないですね。

いずれにしても
古い家を住み良くする

という目的は1つですし、
新築であっても、
今住んでいる家のこの部分を「改善したい」という気持ちもありますから、

すべての家づくりが
刷新という意味のリノベーションに入ると考えることもできます。

ちなみにアトピッコハウスの事務所は
築40年の一般住宅を
劇的befor/afterで事務所としています。

最近の言葉で表現すれば、
フルリノベーションであり、

一般住宅から事務所への用途変換でもありますから、
コンバージョン、とも表現できます。

自然素材の家で暮らしたいなら中古住宅はオススメです

新築マンションで自然素材を採用できることは皆無です。
建売で無垢フローリングなんて、非現実的です。

ハウスメーカーが、
アトピッコハウスの自然素材を採用してくれるためには、
契約前からの交渉が必須。

設計事務所へ支払う設計料の負担が大きく
アトピッコハウスの自然素材は夢物語。
仕方ありません。デザイン性の高い家を求めているのですから
二兎を追うことはできません。

中古住宅の購入のアドバイスも地域密着工務店が、得意です

自然素材の家づくりは、
地域密着工務店がベストですが、

設計事務所やハウスメーカーに依頼しても、
実際に家を建てるのは地域の工務店です。
中古住宅の紹介は、

不動産屋がしてくれたとしても、
彼らは売買のプロで、
家や、家づくりについては素人です。
価格や駅からの距離などの条件は目に見えますが、

工務店は、中古の改修も得意

一番気になるのは耐震性と、
この古い家を、どうリノベーションしたらいいのか、
そして、その費用はいくらぐらいなのか‥。

そのどれも不動産屋では、明確な回答が出せません。

デザイン住宅のようなリノベーションを希望しているのであれば、
設計士やインテリアコーディネーターが必要になりますが、

アトピッコハウスの自然素材に関心のある方は、
そこまでは求めませんから、
設計事務所機能も持っている
地域密着工務店で、カバーできる内容です。

実際に工事をしている会社の方が、
費用の目安は出しやすい、というのも嬉しいポイントです。

その場で回答してくれるプロは多くない

即答ができるというのは、
それだけ経験値があるということ。

つまりプロ中のプロ、といえます。

中古物件の改修は、
予期せぬことが多々起こります。

すべてが想定外です。

それでも、だいたいの目安を伝えらえるのは、
設計経験はもちろん、工事経験、
そしてお客様(お施主様)との打ち合わせ経験が豊富という証拠。

しかも地域密着工務店は
ハウスメーカーのサラリーマンのように
移動がありません。ずっとその地域で仕事をしていきますから、

その場しのぎの
適当な回答は、しません。

潤沢な予算があるのなら、何でもできます

自然素材の家は
中古住宅じゃないとダメ、という話ではありません。

中古のリフォームがお勧めです

でも駅から近くて、
間取りもそれなりに広くて、

と、色んな要望を積み重ねていくと、
更地を購入して、
自然素材をフルスペックで活用することができる方は、

そう多くない。

それならば、
中古住宅や中古マンションに目を向けてみるというのも、
あり、だと思います。

気になる中古住宅がみつかったら
契約する前に、地域密着工務店に相談しましょう。

的確なアドバイスをしてもらうためには、
その前から人間関係を構築しておく必要もあります。
突然訪ねて、教えて欲しいといっても、それはムリ。

家づくりもコミュニケーションが大事です。
べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 中古物件編 | タグ: , | どこで家を建てるのが正解か?中古物件編 はコメントを受け付けていません。

珪藻土の塗り方で、注意すべき点

投稿日:2017年08月21日 作成者:


珪藻土塗り壁は、比較的簡単な塗り壁材の
部類に入ると思います。

しかし、最近はDIY向きに開発された商品も多いので、
性能重視なのか、施工性重視なのかによって、

製品の選択肢も変わります。

また、かける予算によっても、選択肢が変わると思います。
ここでは、標準的な塗り方の手順に関して、解説してみたいと思います。

仕上げパターンは、比較的自由

珪藻土の塗り方

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
珪藻土の塗り壁材は、比較的、自由に
仕上げパターンを付けることが出来ます。

逆に、フラットかと平滑といったペタッとした仕上げは
得意としていません。

コテやハケといった塗り壁工事に使われる
普通の道具で、色々な「模様」が付けられる訳です。

塗り壁工事において、仕上げ塗りは、一番のハイライトですが、
ここは技術とセンスが要求されますし、

好みに大きく左右されますので、DIYをやる場合で、
ある程度技術力もあるのなら、

好みの仕上げパターンを付けられると思います。

また、プロに依頼する場合は、施工日に現場に立ち会い、
テスト塗りしてもらい、パターンを確認することと間違いないと思います。

まずは、下準備が大変

塗り壁工事というと、仕上げパターンを付ける部分を
想像しがちですが、

実は、下準備と、後片付けといった地味な作業が
結構大切です。

また、別の職種の工事業者の方が入っていると、
塗り壁の工事ができないので、工程管理も重要です。

養生、マスキング、下塗り

まずは、床とか、柱とか、扉とか、
珪藻土を塗る場所以外を汚さないよう、

カバーします。
このことを「養生」といいます。

そして、次に、壁の周辺部とか、建具廻りといった
見切り箇所にマスキングをして行きます。

この時、仕上げ材の「塗り厚」分だけ、
下地から離して、マスキングテープを貼っていきます。

このマスキングテープは、仕上げ材を塗ったら、
直ぐに剥がしますが、周辺部を綺麗に仕上げようと
思うと、欠かせない作業です。

追っかけ2度塗りがお勧め

いよいよ、珪藻土の塗り方の話ですが、
珪藻土を一発で塗って仕上げようと考えるのではなく、

1壁ごとに、まずは、全体に薄く塗っておいて、
その後、既定の厚みに塗り重ねながら、

パターンを付けて行くというのが、良いように思います。
これを「追っかけ2度塗り」といいますが、

プロの塗り壁職人さんなら、普通にやっている
作業です。

この方が、確実に、綺麗に仕上がります。

マスキングの除去、清掃

珪藻土の塗り方の最終段階が、不要になった
マスキングテープを除去し、

周辺部を整えることです。

コテで押さえて行く場合もありますし、ハケに水を含ませて、
整えていく場合もあります。

そこまでが、珪藻土を塗る手順です。

その後は、珪藻土が乾いたら、床とか、建具といった、
汚れ防止のために「養生」したものを

撤去して、清掃すれば、珪藻土塗り壁の完成です。

いかがでしょうか?

珪藻土の塗り方がご理解頂けたでしょうか?
これは、珪藻土の塗り方に限らず、

塗り壁材全般に共通することです。

ただし、珪藻土に限らず、塗り壁材の種類によっては、
仕上げパターンが付けられない製品というのもあるので、

どんな仕上げが出来るか確認した上で、製品選びをされる
ことをお勧め致します。

また、調湿性能等の性能を重視して、
珪藻土を選択されるとしたら、

プロ用の製品を選んで、プロに工事を依頼した方が、
間違いがないと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 塗り方 | タグ: , | 珪藻土の塗り方で、注意すべき点 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー