はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

おしゃれな床なら、ぜったい無垢

投稿日:2016年11月02日 作成者:


ネットや雑誌で、インテリア家具や小物の写真の背景に注目してみると、
実は共通点があります。

それは、床が無垢材であること。

大手のインテリア量販店や、生活雑貨店のHPで使われている写真、
どれもお部屋がとってもおしゃれですよね。

「数百円で買えるものが、こんなにおしゃれに見えるなら」

と思って購入して自宅に置いてみても、
意外とパッとしないことも多々あるかと思います。

それは、家本体の違いです。
どんなに生活感を抑えて、素敵な部屋にしようとしても、
床がテカテカのフローリングでは、パッとしないのも当然です。

逆に、床さえ素敵ならどんなものを置いても割とおしゃれに決まるもの。

無垢がおしゃれな部屋にしてくれる理由。

本物の木目と質感が部屋をオシャレにします

アトピッコハウス(株)、スタッフの手島です。

ごくごく普通のフローリングを選ぶとなると、
必ず合板(複合・複層)フローリングとなります。

現在、このフローリングは一番広く流通していて、
メリットとしては、
工業製品ですから素材自体が安いことと、
施工が簡単なので、工事も短く、工事費用も安くおさまることです。

この合板フローリングというのは
あくまで「無垢材風」の商品です。

作り物だからなのでしょうか、
安っぽさというか、偽物感がどうしても出てきてしまうので、
おしゃれな雑誌で取り上げるような写真には あまり使われないのだと思われます。

業者さんが提示された床材から選ぶと、
ほぼほぼこの合板フローリングになってしまいますので、

もしおしゃれな部屋を実現したいのでしたら、
素材について、施主がしっかりと探して指定しなくてはなりません。

それでは、無垢材にはどんな種類があるのでしょうか?

木目が美しい樹種

ご要望としてよくお見かけするのは、木目について。

美しい天然の木目は、 見た目もきれいですが、
キズが目立ちにくいというメリットもあります。

当社が販売している樹種で、とくに木目が美しい種類は、
ホワイトアッシュ(タモ)ウォルナットアカシアでしょうか。

ホワイトアッシュウォルナット

床材として販売していますが、
どれも家具にも使われる、美しい樹種です。

無垢材は個体によって表情が様々ですが、
この3種類は、基本的に木目が豪華です。

おしゃれなお部屋にもなる上に、 お部屋自体をグレードアップしてくれます。

シンプルな樹種

壁紙やファブリックにこだわりたいというおしゃれな方は、
シンプルな床を希望されているようです。

当社が扱っている無垢材の中では、 チェリーメープルは比較的木目が目立たず、
硬い樹種でキズも付きにくいです。

チェリーメープル

主張し過ぎない木目は、 ナチュラルで上品な風合い仕上がります。
流行りの北欧風にも合いますし、
和風、洋風と、インテリアを選びませんね。

明るい色?落ち着いた色?

基本的に、無垢の床を「色」で選ぶことは難しいです。

色は常に変化しますし、個体差もあるからです。

山に生えている1本の天然の木から
床材として加工する為に切り出しますから、
一つとして同じ表情の床材はありません。

それを、大工さんが「仮並べ」をして、
全体のバランスを整えてから工事します。

もちろん、極端な変化はありませんので、
「傾向」から考えて、ある程度見た目から選ぶことはできます。

たとえば、 落ち着いた色といえば、ウォルナットチェリー
明るい色といえば、カバメープル

いずれの場合も、
陽の当たり方や環境によって経年変化の仕方は異なりますので、
木目の出方や、質感、色の傾向で選ぶのが、
正しい無垢の床の選び方ですね。

どんな樹種を選んでも「本物の木」ですから
部屋がおしゃれになることは確実です。

じつはおしゃれだけじゃない、無垢の床。

新築をすると、 たくさんのことを決めて、
そろそろ疲れてきたころに
内装材について本格的に決めるタイミングがやってきます。

ここまで一生懸命決めてきたのですから、
納得のいくおしゃれな床を選びたいものですよね。

本格的な床にして、 おしゃれな空間を楽しみたい方には、
無垢材は絶対におすすめ。

無垢材の床についたキズだってシミだって経年変化だって、
時間とともに「あじ」になってきますので、
お手入れに神経質になることもありません。

「高い家具を一つ買う」という気持ちで、
無垢材の床にグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: おしゃれ 床 無垢 | タグ: , , | おしゃれな床なら、ぜったい無垢 はコメントを受け付けていません。

新築も地産地消が理想です

投稿日:2016年10月28日 作成者:


食材の地産地消が声高に言われていますが、
新築も、同じです。

地元で育った木材を使って建築することができれば、
樹木への負担も小さく、
建築後、安定しやすいと言われています。

さらには南側には、南斜面で育った木材を使う。

なんて贅沢!と今なら思いますが、
森林に囲まれた国だからこそ、
それが理想の地産地消なのですよね。

地産される資源がなければ地消もできない

アイスランドを旅してきました。

4848c1ac5624c6916fa88b556b134378_s

建築会社をカッコよく変身させる
アトピッコハウス ごとうひろ美です。

アイルランドではなく、アイスランドです。
北極ではないので白熊はいません。
「アイス」「ランド」ですが、氷の国ではなく、

夏は涼しいですが、
冬はベルリンやニューヨークの方が寒い、らしいです。

というような程度の予備知識のアイスランド。
聞いてはいましたが、
岩ばっかりで「木」がありません。

b59304989818ef0a03f5ccd2165b27a6_s

北海道の広がる大地、とも違います。

だって岩なんですもの、岩。
土と岩って違うんです。
やっぱり岩は、硬いっていうか
アイスランドは荒野に近いような印象でした。

だから建物はコンクリートが中心。
昔は岩や石で作っていたようです。
それがアイスランドの地産地消とういことになります。

日本の地産は木材だけど‥。

樹木もなくて、草も少ない。
当然、花も少ないという景色は、新鮮でした。

でも、あまり長く荒野を見続けていると、
飽きるというか、
ちょっと脳が疲れてくる、ような気がしました。

それはトランジットでロンドンに立ち寄って、確信に変わりました。

ロンドンの空は曇っていますが、
中心部には公園がたくさんあって、
大きな木がたくさんあります。
レンガや石の建物が続く景色の向こうに、

樹木が見える。
公園の中を歩いてみる。

ea5851ef8abaff2d4c682d6e4d4f0718_s

なんか、ほっとしました。

多くの日本人が好きなハワイにも、
樹木がたくさんあります。
だから日本人はハワイが好きなのかもしれません。

森林国ニッポン、ですよね。
でも輸入材よりも国産材の方が高いことも多く、
なかなか地産地消とはいきません。

最近は、地域の建築会社と、
製材屋さんが協力して使いやすく工夫したり、
国としても国産材を使用することでポイント割引を適用させたり、

様々な取り組みが始まり、
以前よりは地産地消を選べるチャンスが増えてきました。

地産地消のメリット・デメリット

木材は20年、30年の期間をかけて成長します。
場所を移動する訳ではないので、
その土地の気候風土に、当然馴染んでいます。

自然素材は生きています。

生きやすいようにサポートしてあげれば、
安定しやすく、長持ちします。

また、配送距離が短いので、
エネルギー消費が少なくなります。
地球全体の環境で考えれ、ものすごいメリットです。

そしてデメリットとしては
樹種が選べないことが、一番大きいかもしれません。

日本の植林は針葉樹が中心です。
フローリングとして伐採できる樹種も限られるため、
どうしても杉、檜が中心となり、

家のイメージと合わない、というケースも出てきてしまいます。

輸入品は、遠い国から輸送されているわけですから、
エネルギーの消費量は大きいですが、
必ずしも全体コストを考えると安いわけでもありません。

これが、国産木材の地産地消が進みにくい理由かな、と考えています。

建築会社も地産がいい

新築を考えた時、
住宅展示場に足を運びます。

住宅展示場に出展しているのは、
ほとんどが東京に本社のある会社。
都内在住の方であれば地産と考えることもできますが、

アトピッコハウスのある神奈川から考えれば、
それは違う土地の会社です。

地産の建築会社のメリットは、
土地の気候風土をよく理解していること。
代々、その土地で営んできた建築会社であれば、
過去の実績から、
色んな知識を持っています。

このエリアは湿度が高いんだよね。
高台で風が強いから、こういう建て方がいい。

そういう経験があるから、

地元の木で家を建てようと考えたり、
逆に、ここは輸入品を使う方がいいかもしれない。
そんな発想が生まれてきます。

それは都内の本社から指令を出し、

工場で材料を生産している
量産ハウスメーカーにはできないことです。

食事は毎日のことだから地産地消がいい。
そう考えるのであれば、
毎日暮らす、大切な睡眠場所である家こそ、

地産地消で考えてもいい。

日本には木の家づくりが似合っています。
そして、日本人は樹木が大好き。
それはDNAに刻まれていること。

バイキング出身のアイスランド人とは、やっぱり違うようです。

アトピッコハウスは「ハウス」とついていますが、
新築工事はしていませんが、地産地消の家づくりが得意な会社はご紹介ができます。
11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 地産地消 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | 新築も地産地消が理想です はコメントを受け付けていません。

ヒノキと杉(パイン)、フローリングのおすすめは

投稿日:2016年10月27日 作成者:


杉もヒノキも身近な木で
フローリングの中でも人気のある樹種です。
登山道などでも見かけますが
どちらも針葉樹で、一見よく似ています。

ですが、フローリング用に切り出すと、
色味や強度などに違いがあります。
杉とヒノキのフローリングの特徴をご紹介します。

ヒノキと杉のフローリング、価格はどう違う?

軟らかくて温もりのあるヒノキ

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

ヒノキと杉のフローリングで価格が安いのは杉です。

国産か輸入品か、品質によってもちろん
価格は変わりますが、一般的に安いのは杉です。

杉材の板はホームセンターなどで
安く売られていますし、
価格の安い家具も
パイン材が使われていることが多いです。

一方のヒノキは、ヒノキ風呂など高級なイメージがあります。
ヒノキ舞台に立つ、という言葉もありますが
多くの日本人が憧れを抱く木のように思えます。

なぜ杉が安くヒノキが高いのか

杉とヒノキのフローリング
価格の違いは木の生長の速さにあります。

ヒノキに比べて杉の方が成長が早く
植えられている数も多いので安く出回ります。

しかし、同じ杉でも屋久島の杉のように
樹齢が何百年と何千年(!)となる木だと
高級品となりますし、

ヒノキも、暖かい地方で育った木より
寒い地方で時間をかけて成長した木の方が高くなり
同じ樹種でも価格に開きがあります。

強度が強いのはヒノキ

成長が遅く、流通の量が少ないために高価なヒノキですが

長く時間をかけて育った分
強度は杉に比べると高くなります。

それでもナラやメープルなどの
広葉樹に比べると強度は落ちるので
フローリングのキズを気にする方にはヒノキよりも
広葉樹の木の方が向いています。

ヒノキと杉の見た目と経年変化

木材は心材と呼ばれる木の中心部と
辺材と呼ばれる木の皮に近い外周部分とに分けられ
1本の木でも特徴が異なります。

ヒノキの心材はピンク色をしており、
辺材は白っぽくピンク味をおびています。

杉の木の辺材は白く
心材は赤っぽく濃く黒味がかっています。

無垢のフローリングは
時が経つごとに変化する様子を楽しめるのも魅力です。

樹種によって、濃く暗く変化するもの
薄く明るく変化していくもの
比較的変化の少ないものがありますが、

ヒノキも杉も徐々に濃い色に経年変化をしていきます。

効用としては、ヒノキも杉も軟らかく足触りが暖かですが
ヒノキは抗菌・防虫効果があり、
また油分が多く水回りにも適しているフローリングといえます。

いかがでしたか?

杉もヒノキもどちらも針葉樹の仲間で
軟らかく、暖かみがあるなど
特徴は比較的似ています。

価格重視であれば、杉が向いています。
より丈夫なものを求めるのであれば
ヒノキがおすすめです。

アトピッコハウスでは
無垢のフローリングを販売しています。

ヒノキは銘木として知られる尾鷲ヒノキで
樹齢50年程度の原木を使用しています。
尾鷲は温暖多雨な地域で
その気候が年輪の緻密な、粘りと強さのあるヒノキを育みます。

切り出した後も、乾燥に丁寧に時間と手間をかけているので
割れや反りが起こりにくいフローリングです。

杉(パイン)はロシア産のものを扱っています。
生成り色をしていて
優しい温かみのある雰囲気のお部屋に仕上がります。

加工の状態は安定していますが、
キズや抜け節が含まれ当社の他の樹種のフローリングと比べると
製品ロスが多くなります。

上手に使うことで無垢フローリングながら
コストパフォーマンスの
改善に活躍する商品です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 杉 ヒノキ フローリング | タグ: , , | ヒノキと杉(パイン)、フローリングのおすすめは はコメントを受け付けていません。

カビと壁の関係

投稿日:2016年10月26日 作成者:


健康的な暮らしをおくるのに、
カビ対策は気になるところですね。

先日も友人たちと
「カビ○ラーはお風呂場には欠かせない」という話題になったばかり。

湿気がすごいここ鎌倉は、
引っ越してきた人はびっくりするほど、
見たこともないような場所までカビが発生します。

とくに湿気がすごい北鎌倉あたりに住んでいる知人は、
除湿機3台で対策しているとか。

壁や床の素材を販売している当社にも、
家づくりをされている方から
カビについてのご質問をお受けすることは多いです。

ビニールクロスはカビない?

風とおし良く暮らして、カビ対策!

アトピッコハウス(株)、スタッフの手島です。

当社にいただく質問を拝見していて発見したのが、
ビニールクロスはカビない、と思われている方が多いということです。

たしかに、カビているビニールクロスの壁ってあまり見かけませんね。

以前住んでいたアパートで、
表面についた小さな汚れがカビていたのを見つけたことはありますが、

ビニールクロスの壁にカビが発生しているのを見かけません。

常識的に考えて、
壁紙の下は、ベニヤかボードです。
その下には、構造材か空間か断熱材だかが存在しています。

こういった部分に、
湿気の多い季節や温度差による結露が原因で、
カビが生えてしまっているという状況は、どんな家にもあるはずなんです。

こういった状況であるにも関わらず、
表面的にはカビが目視出来ないのは、
ビニールクロスで蓋をして密閉するから。

「ビニールクロスの壁はカビない」のではなく、
「ビニールクロスは壁のカビを隠している」のですね。

漆喰はカビない?

カビない壁、と言えば「漆喰」という常識があります。

漆喰がカビない理由として、
「強アルカリ性だから」という説が一般的ですね。

しかし全ての生物とモノは、風雨や日光に晒されて
酸化していくように、

漆喰も酸化していきます。

酸化することで強度を増すとも言われていますが、
漆喰がカビないことの根拠である「強アルカリ性」という部分では

整合性が合わなくなっていきますね。

意匠性の高さで漆喰を選ぶのなら良いのですが、

カビ対策として漆喰を選んだ場合、
漆喰を頼りすぎていると、残念な結果になりかねません。

神話のように、漆喰を頼るのも現代の住宅事情では考え物です。

珪藻土はカビない?

調湿する壁として、近年躍進しているのが珪藻土の塗り壁。

調湿とは、湿度が高いときは湿気を吸って、
低いときは吐き出す機能のこと。

湿度を適度に保ってくれるから、カビにくいと言われてもいます。

しかし一方で、
「湿気を溜めこみ過ぎるからカビやすい」と言う人もいます。

確かに、吸い込んだ水分を溜めていただカビますよね。
これは、常識で考えれば当然の話です。

珪藻土についても、神話のように頼りすぎるのはいけません。

湿度と温度と栄養があればどこにでも発生するカビが、
漆喰の壁にしたから、珪藻土の壁にしたから大丈夫なんて、

よく考えてみたらおかしな話です。

そもそも、カビが発生しないことってあるの?

カビが発生する力 = 自然の力ですから、
カビ対策は、「強力」にしなければなりません。

だから、防カビ剤入りのビニールクロスがあったり、
漆喰や珪藻土の壁についても、様々な説が巷に広がっている訳です。

薬剤の力に頼るなら、
定期的に新しく取り入れないと、効果は減りますね。

もし、漆喰や珪藻土の力を借りたいということであれば、
助けてあげることが必要です。

どうやって助けるかというと、
ひとえに、こまめに換気することです。

出来る限り窓は開けておいてください。
真夏や真冬で窓を開けられない季節でも、

例えばお掃除の時に30分~1時間は空けて、
その他にも、
朝起きたあとや、お料理をしているときなど、
空気がこもっているな~と感じた時に、さっと窓を開ける習慣をつけましょう。

空気が流れないでとどまっていると、
雑菌が繁殖しやすくなります。

クローゼットを開けて外の風にあてさせたり、
家具と壁の隙間は広くして、風が通るようにしておくなど、

まめな心遣いが、一番のカビ対策です。

便利な商品が溢れている現代なので、
ついつい「モノ」を過信してしまいがちですが、

大切なのは、私たちの暮らし方。

カビない壁は、ありません。
自然素材の壁の良さは、他にあるのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: カビ 壁 | タグ: , | カビと壁の関係 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングで木のぬくもりを味わう

投稿日:2016年10月26日 作成者:


本物の木は、見ているだけで心が安らぎますし
触るとほのかなぬくもりがあって、さらにホッとします。
さらに、香りでも癒されますよね。

もし、ご自宅の床が無垢フローリングだったら、
そんなぬくもりを毎日感じることができます。

なぜ、無垢フローリングにはぬくもりがあるのか、
どの種類の無垢が一番ぬくもりを感じやすいのか。
詳しくご説明いたします。

木はそれだけでぬくもりがある

木に触れるとあたたかい

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ尾崎です。

戸越銀座に住んでいる友人が教えてくれたのですが、
今、戸越銀座の駅が、生まれ変わっているようです。

駅構内のホーム屋根に、東京都内で生産される多摩産材を使い、
木造駅舎の雰囲気を踏襲したリニューアルをしているそうです。

友人に写真を見せてもらいましたが、
木の香りが写真から漂ってくるような、
とても素敵なホームになっていました。

木は、それがあるだけで気分が落ち着き
そこにいる人たちを暖かい気持ちにさせてくれる力があります。

身の回りや、部屋にひとつ「木」のアイテムがあるだけで、
ぬくもりを感じずにはいられないのです。

ぬくもりのある木とは

昔は、まな板も食器も全て木製品で、
身の回りに当たり前のように木が存在していましたが、
今はプラスチックや金属製品のほうが遥かに多く出回っています。

子供たちに、ほんものの木のぬくもりを味わわせてあげる機会が
今はあまりありません。

木は、その細胞の中に空気を沢山含んでいます。
空気というのは、熱の伝導率が低いため、
空気を多く含んでいる木は、熱を伝えにくい性質を持っています。

つまり、木は、そのものが発熱しているわけではなく、
木と接した人の体温が奪われにくいので
いつまでも温かく、ぬくもりがあるのです。

また、木の節や年輪などの
機械的ではない、自然な規則性のある模様は
見る人に安心感を抱かせ、
人の心を温める効果があります。

本物の木でできた無垢フローリング

無垢フローリングは気持ちいい

小さな木の小物が部屋にあるだけで
ぬくもりが感じられるのですから、
それが床一面に広がっていたら、とても幸せです。

一般的なフローリングは合板フローリングといって
何枚もの薄い木の板を貼り付けて作ったものですが、
無垢フローリングは、木そのものです。

見た目はとても似ているので一見分かりにくいですが、
フローリングの上にペタっと座ってみると
違いはすぐに分かります。

夏は、合板フローリングは湿気でベタベタしていて
裸足で歩くと不快です。

無垢フローリングは、調湿性があるのでいつでもサラサラ。
赤ちゃんの頬を撫でているような、
いつまでも触っていたい感覚になります。

冬は、合板フローリングはヒヤっとしています。
先ほど書いたとおり、接着剤で何枚も貼りあわせている合板には
空気がほとんど含まれていません。

そのため、熱伝導率が低く、
足の裏の熱を一瞬で奪ってしまうのです。

逆に、空気を多く含む無垢フローリングは
人の体温を奪うことがありません。
ずっと座っていても、いつまでも温かく、
床暖房がなくても快適です。

合板フローリングで床暖房を入れるなら、
無垢フローリングだけにしたほうが
お値段も抑えられるかもしれません。

柔らかい樹種ほどぬくもりがある

無垢材の中にもいろいろな種類があり、
柔らかい樹種ほど、よりぬくもりを感じることができます。
代表的なものは、ヒノキやパインです。

特にヒノキは香りも素晴らしく、
肺いっぱいにその香りを嗅がずにはいられません。
触覚、嗅覚、視覚が同時に満たされること間違いなしです。
ヒノキのフローリングの部屋に住むことは
筆者の私にとって、永遠の憧れでもあるのです。

ヒノキやパインなどの柔らかい樹種は
それだけ傷もつきやすいですが、
無垢フローリングの傷は、味わい深いのです。
合板のみすぼらしい傷とは比べ物になりません。

あまり細かい傷を気にせず、
ぬくもりを感じながら生活したい方には
無垢フローリングは、かなりおすすめです。

資料請求は、こちら

いかがでしょうか。

本物の木に触れる機会が少ない現代、
家の中で本物の木に触れられるのは贅沢です。
でも、毎日触れるフローリングだから、
いいものを選びたいですね。

ぬくもりのある暮らしをお求めの方は、
ぜひ、無垢フローリングをご検討してみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 木のぬくもり | タグ: , | 無垢フローリングで木のぬくもりを味わう はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー