はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

珪藻土の調湿機能って本当に期待できるの?

投稿日:2017年11月08日 作成者:


湿度対策といえば珪藻土

そういうイメージが定着をしてきましたが、
珪藻土が塗り壁になって、
まだ20年程度。

建築素材としては、
まだまだ新参者です。

現代の家づくりにピッタリなのは、
新しい素材ならではですが、
新参者だからこそ、

その真価を判断するのは、
時期尚早という見方があるのも事実です。

一般的な漆喰と珪藻土、どちらも塗り壁です。

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

結露対策なら、自然素材の家か高気密住宅か

日本の塗り壁といえば、漆喰をイメージします。
この漆喰の歴史は古く、
古代ギリシャローマ時代からあったと言われています。

昔ながらの漆喰は、
意匠性のために使われていました。
土で作った壁に、
白い漆喰で美しく仕上げる。

それは特権階級にだけ許された美しい装飾で、
庶民の家では土壁が剥き出しになっていることが普通。

でも、その土壁は、
高温多湿の日本の夏に適した壁材で、
エアコンのない当時でも、
庶民は夏の暑さを、凌ぐことができたのです。

つまり漆喰があってもなくても、
土と木で作られて家であれば、

高い調湿機能が期待できたのです。

漆喰というと、
高い調湿性能を持っている壁材というイメージがありますが、

意匠性のための素材である漆喰単体に
高い調湿性能がないことは、
プロでも、あまり知られていないこと。

富裕層が意匠性を求めて利用していた壁が、漆喰。

そう定義づけると、
現代の私たちが、どう漆喰と付き合えばいいのか
答えを出しやすくなります。

珪藻土の塗り壁に調湿機能を期待していいのか?

歴史の浅い珪藻土の塗り壁ですが、
珪藻土は植物プランクトンが化石化した岩石なので、
とても古い物です。

漆喰同様、古代から使われていたとがわかっていますが、

日本人には塗り壁よりも
七輪の原料として
馴染み深い素材です。

その七輪が塗り壁となって約20年余りです。

珪藻土の特徴の1つ「多孔質」に着目し、
塗り壁として利用するようになりました。

素材としては新しくはありませんが、
塗り壁としては新参者なので、
俗説が色々と流れていること、

色んな種類の珪藻土塗り壁が販売されていることも事実です。

でも漆喰だって、
今や様々な種類が販売されています。
昔ながらの本漆喰よりも、

最近できた漆喰の方が多いかもしれないですし、
本漆喰についても、
しっかりと知らない人が多いことを考えれば、

結局、どんな素材であろうとも
情報は玉石混合。

どの情報が正しいのかを自分で見極め、
使用するかどうかは、

自分で決断するしかないんですよね。

珪藻土にどこまで期待をするのか

10年経っても、カビ一つ有りませんね。先日も、洗濯機を修理に来られた方が、ここは、何かとても気持ちの良い空間ですね、壁ですかね?とおっしゃっていました。
珪藻土とは、そのうち壁もポロポロと剥がれたりするのかしら?と当初は正直思っていたのですが、全くその様な事も有りませんね。

このメッセージは神奈川県茅ケ崎市で新築をしていただいたオーナー様からいただきました。10年経過して気持ちよく過ごしていただけるって、嬉しいですし、数字や実験ではなく、実体験として調湿機能の効果を体感していただけているというのは、有難いです。

こういう体験者の声を多くの方が聞いているからか、
カビや結露対策には珪藻土がいい、という声が多くなっています。

でも1つ気になるのは、
珪藻土塗り壁は万能ではありません。

それはアトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町でも、同様です。

石油ストーブでも、
部屋の大きさによりサイズが変わるように、

珪藻土を塗る面積に応じて、
その効果は変わります。
珪藻土を塗っている面積が小さければ、その効果も同じように小さくなります。

マンションの北側の1部屋だけが結露するからといって、
壁の1面だけ珪藻土を塗って効果を感じない。
珪藻土塗り壁はいから小町にすれば違いますか?

というご質問を頂戴しますが、

同じです、と回答をします。
北側の部屋が結露しているのは、

その部屋の中だけではなく、
家全体の断熱材や、間取りや、暮らし方が原因で、

たくさんの湿度が北側の部屋に集中している状態。

それを1壁で、対応するというのは無理だと
アトピッコハウスでは考えています。

適材適所、
そして適切な面積を施工して初めて、
その塗り壁の効果が発揮できるんです。

仕様を守って、
湿度大国日本で、快適に暮らしましょう!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 珪藻土 調湿性能 期待 | タグ: , , | 珪藻土の調湿機能って本当に期待できるの? はコメントを受け付けていません。

塗り壁の色の選び方

投稿日:2017年11月02日 作成者:


塗り壁というとくすんだ色や白など地味な色を思い浮かべる
方も多いのではないでしょうか。

アトピッコハウスにも、部屋の雰囲気を
明るくしたいということで
古い塗り壁からのリフォーム、DIYでの
お問合せを多くいただいています。

塗り壁の色の選び方はどのような事に
気を付けたらよいのでしょうか。

塗り壁の色

壁の色どうやって選ぶ?
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先に書いたように塗り壁というと地味なイメージが
ありましたが今では様々な色を選べるようになりました。

リビングや寝室は白い色を好まれる方が多いですが、
お子様のお部屋には桃色や水色、黄色などを
選ばれる方も増えてきました。

一言で白といっても、純白、クリームがかった白、
ピンクにも見える白など多数あります。

純白の塗り壁は部屋を明るく見せてくれますが、
太陽光が多く入る部屋では逆に眩しくて
疲れてしまうということもあるようです。

部屋に合った塗り壁選びが大切ですね。

色の決め方

色はメーカーによりそれぞれ違ってきます。

カラー見本を見て色を決めることになりますが、
小さなサンプルでは色が濃く見えます。

それを広い範囲で塗った場合、サンプルで見るより
明るい色は明るめに、暗い色はさらに暗い印象に見えます。

なので、明るい色を塗りたい場合はワントーン暗めの色を
暗い色が塗りたい場合はワントーン明るい色を
選ぶといいですね。

光の作用

同じ色であっても太陽や照明の具合で色の感じ方が
変わってきます。

色は太陽光の下で見るときと蛍光灯の下で見るときで
見え方が違い、太陽光の下で見た方が明るく見えます。

その為、実際に施工する壁に当てて見てみること、朝、昼、夜と
時間を変えて見え方を確認してみることが大切です。

壁に当てて見るのと、テーブルの上で見るのとは光の当たり具合が
違ってきます。

飽きのこない選び方

柄物のビニールクロスにはインパクトはありますが、
インパクトがあるものほど、その時の好みや
流行りの影響を受けやすいと思うのです。

柄の好みよりは色の好みの方が変わりにくいように
思います。

壁を好みの塗り壁で上品に仕上げて、家具などのインテリアで
アクセントを入れてみるのも楽しいですね。

飽きがこないような冒険をするならぜひ塗り壁で
お部屋の色を楽しんでみて下さい。

塗り壁の魅力

塗り壁は左官の職人さんが手作業でコテで塗るため、
毎回違った表情、オンリーワンの仕上がりが醍醐味といえます。

コテの仕上げ表現は同じものは作れません。
唯一無二のものとなるわけです。

また、塗り壁で多く知られているのは調湿機能や消臭機能ですね。

湿気が多い時期には吸湿し、乾燥してくると放湿してくれるのです。

ただ、質の良いものでないと効果が期待できないので
素材選びは大切です。

いかがでしたか

以前は暗い色のイメージが強かった塗り壁ですが、
塗り壁の特徴として知られる調湿機能、消臭機能での
人気に加え、カラーバリュエーションが増え、
選びやすくなりました。

上手に色を取り入れて安らげるオリジナルな空間を
作ってくださいね。

アトピッコハウスでは43色ものカラーバリエーションが
自慢のパーフェクトウォールをご用意しています。

是非ご自身のお気に入りのカラーを見つけてくださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 色 選び方 | タグ: , , | 塗り壁の色の選び方 はコメントを受け付けていません。

塗り壁は下地処理が大切です

投稿日:2017年11月01日 作成者:


先日テレビを見ていたら、
芸能人が家を買うシリーズで、田舎の古民家が出てきました。

築140年、明治に建てられた建物です。

塗り壁に夏障子、床はヒノキのフローリングに墨汁を施し、
腐敗しにくく…すべてリフォーム済です。

それは築140年の家屋に合った下地処理がなされ、
見事に再生されている物でした。

日本の風土に合うよう工夫されて建造されたものを、
すべて現代の人たちが住みやすいようにリフォームするのではなく、
残すべきところは残し、勝手が良い方がいいものは変えてある。

最近築年数のある家屋をリノベーションして、
再生する「古民家再生」という活動などのお話もよく聞きます。

当社にも、そういった古民家を住まいしたいと
考えているお客様からのお問合わせがありますが、
「塗り壁」というミッションをどうしたら良いのか?

というケースも多いです。

一言で塗り壁と言っても多種多様です。
現存する塗り壁の状況に合った下地処理が必要になります。

そこで、今回は塗り壁に塗り替えるという事についてお話します。

土壁とはどんなもの?

塗り壁は下地が大切です

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

土壁というものはどういうものか想像できますか?

土壁という表現の仕方には2種類あります。
土を用いて作られた壁と日本の伝統工法によって作られた壁です。

日本の伝統工法は左官壁などと言われますね。

最近では後者の日本の伝統工法によって作られた左官壁を
土壁という事があります。

竹小舞という技法

伝統的な和風住宅の土塗壁の下地に使う竹で組まれたもので、
柱に小穴をあけて竹を組み、格子状にしたものです。

昔の日本ではこの技法が使われ、この竹小舞に絡ませるように
土を重ねていく「土壁」が存在しました。

現存する古民家でも、この技法で下地が出来ている家屋も
少なくありません。また、日本の西の方では今なお、
この技法を採用している家屋は存在します。

現代の左官材

現代の左官材は、各メーカー現代の日本の風土とニーズに
合うように開発されています。

そしてその仕様は様々です。
現代のほとんどは新規石膏ボードが下地です。

その下地に施工できるように作られているものがほとんどです。

なので一概に左官材だからと言っても、リフォームの際に、
どの下地でも対応できるという保証は無いのです。

アトピッコハウスの左官材もすべて同じではありません。
自然素材でお作りをしていますが、それも様々。

その様々な左官材がこの世の中に出回っていると考えると、
何をどう合わせたら良いのかは難しいですよね。

下地を知る必要がある

だからこそ下地が何で出来ているのかは、
リフォームの際は必ず確認が必要です。

もし新規ボードで作り直すのであれば、
現代の左官材ならばほぼ問題なく施工が可能です。

しかし、それがその昔の土壁だったり、古い塗り壁だったりしたら、
その下地処理は異なります。そのまま下地処理をして施工できる
のか、ハツリをしなければならないのか。

また、土壁でも竹小舞土壁などは状況によっては、
そのままの施工は難しく、基礎から作りなさなければならない
場合もあります。

状況判断は業者へご依頼ください

アトピッコハウスでもお施主様からお問合を頂くと、
必ずどういった下地なのかは確認します。

しかし、それはあくまでもお電話でのお話上での確認です。
なので、とても判断が難しいです。

「こんな下地なんですが、はいから小町は塗れますか?」

施工できそうだけど、実際どの程度の状況なのか…判断が難しいです。

塗り壁は施工が出来る環境と出来ない環境が必ずあります。
リフォームならば尚更です。

なので先ずは、
プロの目でどういった状況かご判断いただきたいと願います。

いかがでしたか

古民家をリフォームして住む。

それはとても素敵な取り組みです。
でも、今現在存在するどの建材を使ってでも、再生できるわけでは
ありません。

時代が変われば、環境も変化し必要性も変わります。
その環境の変化に少しでもお役に立てるような商品が
多数存在します。

せっかく再生するのであれば、再生してからその先を続けて
もらう事を考え、建材を選び、適切な処理をしてもらいたいと思います。

アトピッコハウスでは、下地処理の異なる塗り壁材
をご用意しています。「漆喰美人」と「はいから小町」。

どちらも、新築でもリフォームでもご採用は可能ですが、
下地処理は異なりますので、ご確認くださいね。

資料請求は、こちら
資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 下地処理 | タグ: , | 塗り壁は下地処理が大切です はコメントを受け付けていません。

クロスのメリット デメリット

投稿日:2017年10月26日 作成者:


アトピッコハウスで働くようになってから
人のお宅にお邪魔した時など
いちいち家の素材に目が行ってしまうように
なりました。

現在、一般的な壁紙はビニールクロスです。
その普及率は90%以上とも言われています。
なぜ多く選ばれるのでしょうか。

またメリットやデメリットはどのような事が
あるのでしょうか。

今回はクロスについて考えてみたいと思います。

ビニールクロスのメリットとは

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

どんな壁が自分に合っているのでしょうか?ビニールクロスがお施主様に多く選ばれる理由は
コストを抑えられるということ、
手入れの簡単さが挙げられると思います。

工事業者さんの場合にはやはりコストの面と
施工のしやすさが人気の理由のようです。

ビニールクロスは下地の状態での影響を受けにくく、
上からおおいかぶせる形で施工が出来るため
施工の時間が短縮できるのです。

それに伴い、施工費をおさえられるということに
なるわけです。

ビニールクロスのデメリット

ビニールクロスはポリ塩化ビニールを主原料としたものが多く
それにプリントや加工をすることにより
色々なデザインや模様を作ることが出来ます。

そのデザインの多さは無限大といっても大げさでは
ないと思われるほどです。

ただ、ビニールクロスは加工の段階で安定剤や、防カビ剤などが
添加されており、体に与える影響を心配される方は
多いのではないでしょうか。

シックハウス症候群の原因としてあげられたのが
ビニールクロスに添加されていたホルムアルデヒドという
化学物質でした。

その後、ホルムアルデヒドを制限する法律が
見直され、現在はホルムアルデヒドなどを
含まない商品が主流になっていますが、

今でもビニールクロス=化学物質という数式は
一般的に刷り込まれているのではないでしょうか。

ビニールクロスの経年変化

ビニールクロスは出来上がった時が最高と
言われています。

施工仕立ての時が一番美しく、その後
経年変化をしていきます。

ビニールクロスにおける経年変化は
はがれてくる、破れてくる、黒ずむなどです。

また、気密性が良いため換気や調湿が上手くできず、
結露が出てしまったり、カビが生えたりということが
考えられます。

布クロスのメリット

ではどうしたらいいのか。

塗り壁が理想だけどそこまで予算は割けない。

でもビニールクロスは健康にも不安だし、
そんな方には布クロスをお勧めいたします。

布クロスは塗り壁に比べ安価ですが、まず高級感が違います。
そして強い。

糸を織って作っているのでちょっとやそっとでは破れないですし
経年変化により性質が変わってしまうということもありません。

通気性が良く、吸音性も期待が出来ます。

布クロスのデメリット

布クロスのデメリットはやはりビニールクロスに比べ
高価だということです。

また、アク止めなど下地処理に手間がかかるため
採用を嫌がるハウスメーカーさんもいるようです。

その上、拭き掃除が出来ません。
ですが、静電気を発生させないのでホコリを寄せ付けません。

手垢などは付きますが、馴染んでいきます。
自然素材ならではの経年変化を楽しんでいただける素材です。

いかがでしたか

私たちが生活している家の中の空気は
家が作っているのです。

アレルギーなどにも深くかかわってくる
空気の質。

たかがクロス、されどクロスです。

素材の選び方には気を付けて
気持ちよく暮らしていきたいですね。

アトピッコハウスでは上品で強い、すっぴんクロスを
販売しています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: クロス メリット デメリット | タグ: , , | クロスのメリット デメリット はコメントを受け付けていません。

畳の部屋の使い方とお手入れ

投稿日:2017年10月26日 作成者:


最近はヘリなし畳、琉球畳など、和室だけど、
モダンに仕上げ、経年変化の美しい大正、昭和初期の家具などを
合わせるインテリアも雑誌などで見かけますね

和室のある家がどんどん少なくなっているのも事実ですが、
最近見直されているのも事実です。

昔はどの家にもあった畳。
日本建築では見ない家はありませんでした。

でも最近では和室で暮らしたことのない人の割合も増え、
畳に関する知識も聞いて、パッと答えられる人も少ない
かもしれませんね。

今回は最近見直されてきている畳の部屋の使い方や
お手入れについてお話してみたいと思います。

畳の部屋はくつろげる

畳の部屋の使い方とお手入れ

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ小倉です。

畳の部屋ってどう使っていますか?

生活の一部として使っていたり、客間として使ったり。
使い方は多種多様です。

最近の家の作りとしては、リビングをフローリングにして
その続きで畳の部屋があるという作りが多いですね。

我が家も古い家ですが、リビングの横に畳の部屋があります。
それも10畳と、今の家づくりでは考えられないほどの広さ。

リフォームの際施工業者からは、ここもフローリングにして
リビングを一間にしたらどうですか?と提案されました。

今思うとその時の私の答えが、
「いえ。ごろっとできる場所も残しておきたいし、
人が集まった時にはここでわいわいやりたいので」と答えました。

日本人の発想ですよね。

実際我が家の子供たちは今でも気が付くと和室の円卓で
絵を描いたり、宿題をしたり。また、夏の間はその部屋で
寝たりもしています。

人が多く集まった時はその部屋にテーブルを並べてわいわいと
集まります。テーブルだと人数分の椅子が必要になりますが、
和室に座卓ならみんなで囲める感が心地よいですね。

畳は私たちにくつろぎを与えてくれるものなのでしょう。

畳は表裏両方使える

畳が、リバーシブルってご存知でしたか?

畳は、表面を包むゴザのような畳表、
芯となる板のような畳床、
そして畳表を畳床に固定するための、フチとなる畳ヘリで成り立っています。

畳は劣化します。

でもお手入れしてあげれば10年は使えるんです。
お手入れ方法は、畳の裏返し、畳の表替え、
新畳への交換、などがあります。

畳の表面が、
日焼けや擦り減りなどで傷んできたなと思ったら
裏返しのタイミングです。
新畳を入れてから約3年~5年たつと経年変化が出てきます。

もちろん、使い方によって変化は異なりますが、
裏返すタイミングとしては大よそそのあたりでしょう。

畳床から畳表をはがして、畳表だけをひっくり返すと、
本当に新品のようです。

畳の表替え

畳表が両面痛んだら、次のお手入れは畳表の交換です。

床からはがし、畳表だけを新しいものに交換します。
タイミングとしては、約6年~10年です。

表を新しいものに変えるだけで、イ草の香りが広がり
部屋まで新しくなった気分になります。

ただ、芯の部分となる畳床はそのままなので、
踏み心地は変わりません。
畳の上を歩くときに、へたった感じがある場合は
新畳に変えたほうがよいかもしれません。

畳の新調

畳のへたりが気になったり、畳の隙間が目立ち始めたら
新しい畳を新調するタイミングです。

畳の種類を変たり、ヘリの色を変えることで
雰囲気もガラッと変わります。

最近はマンションや団地をリノベーションして住む方も
いらっしゃいますね。その際に和室をフローリングにしたい
というようなお問合せも、少なくありません。

生活スタイルの変化により、フローリングのほうが
使い勝手がよいのも事実です。

でも全ての部屋をフローリングにされた方の多くが、
やっぱり畳の部屋を持っておくべきだったかな?と
ふと感じるのもまた事実ですね。

なのでフローリングへのリフォームを安易に決めず、
畳を新調する、というリフォーム方法も
選択肢に加えていただけたら、嬉しく思います。

普段のお手入れ

では、日々のメンテナンスはどうしたらよいでしょうか。

畳は、湿気が苦手です。
窓を開けて、風通しを良くしてあげる事が大切です。

畳を守るために絨毯などを敷いている家もありますが、
それは却って畳にとって悪影響です。

湿気がこもり、カビや虫が湧く可能性もあるので、
畳はなるべく空気に触れさせておきます。

普段のメンテナンスは、
掃除機を畳の目に沿ってかけるか、ほうきでさっと
掃くくらいです。

日焼け跡を少なくするために
たまに家具を移動させられたらいいですね。

いかがでしたか

畳の部屋はどう使えば良いのか、手入れをすれば良いのか
解らないという方も多いかもしれません。

でも、日本人の生活スタイルにはすごく合っている
しつらえだと思います。

お手入れも難しい事はなく、使い方も考えなくても大丈夫。
自然と使えます。そして何より日本の気候にも合う
理にかなった建材です。

これからご新築やリフォームをお考えの方はぜひ畳の部屋を
しつらえる事を考えてみてはいかがでしょうか。

アトピッコハウスでは、今では珍しい藁床でしつらえる
「ほんものたたみ」のご用意がございます。
ぜひ、本物の香りをお試しください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 畳 使い方 お手入れ | タグ: , , | 畳の部屋の使い方とお手入れ はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー