アトピッコハウス ブログ
  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングの温もり

2010/01/14
2021/04/21

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

アトピッコハウス鎌倉事務所では、
初の冬越えで、各種の実験をしていますが、

樹種の違いによる
無垢フローリングの温もりの違いには、
驚くべきものがあります。

もともと張ってあった60年もののタモの無垢材は、
やはり硬い木なので、冷たい。
f1000655.JPG
ところが、ウッドデッキに新規に張ったレッドウッドは、
外部であるにも関わらず、足触りが、温かいのです。
f1000656.JPG
レッドウッドは針葉樹で、空気層となる隙間が沢山ある木です。

やはり柔らない木は、キズは付きやすいけど、
床の温もりを優先したい人には、最高ですね。

ちなみに、
ごろ寝フローリングの中で、

柔らかくて、温もりがある樹種は、
尾鷲ヒノキと、ボルドーパインです。

床を無垢材にしたいけど、
どの樹種にするか迷っている場合、

アトピッコハウスのショールームを見学して
参考にして頂くのもいいかと思います。

実際に床に張ってあるところが見れるのは、
ナラ(無塗装)特価90巾 UE-1601
カバ(自然塗装)90巾 UE-1703
尾鷲ヒノキ(無塗装)90巾 厚さ12mmの別注品

です。
あと、実物のカットサンプルは全品揃っています。

硬い木と、柔らかい木の違い
塗装したものと無塗装品との違い
築60年たった無垢床材の経年変化など、

無垢材の魅力を存分に堪能して頂けると思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです。
ごろ寝フローリング