アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

ミョウバン不使用の ウニ(雲丹)

  • 05
  • 2月
  • 2010

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

f1000697.JPG
ウニの型崩れ防止に、添加物としてミョウバンが使われている
ことをご存知でしょうか?

別に、今日は、その是非という話ではなく・・・

天然日和のキラキラママでもご紹介した
馴染みのお寿司屋さんで、
f1000696.JPG
ミョウバンを使っていない ウニ を出してくれるのです。

店主が1個1個手作りで・・・
という訳ではなく、

そういうことを付加価値としてやってくれる仕入先が
あるというのです。

ミョウバンの有り無しによる味の違い?
それは本当に、微妙です。

若干、ミョウバンの苦味が感じられないといった程度でしょうか?

でも、提供する側として、
ミョウバンを使わないウニを提供するのが大変なのは、
理解できます。

というのは、ミョウバンを使わないと、
ウニが型崩れを起こすし、保存がきかない。

だから、直ぐに消費しないとロスが出てしまうのです。

ウニというと、普通は、小さな箱に入っているものを
想像される方も多いと思いますが・・・

ミュウバン不使用のウニは、塩水に浸して届くのです。
f1000699.JPG
水から上げると、こんな形です。
f1000695.JPG
多少、型崩れしていますが、これで鮮度はいいのです。

私は、セミナーなどで本物の素材を説明する際
サラダ油で作られた“偽者のイクラ”の話を引き合いに出します。

本物のイクラは、サケの卵で、
偽者のイクラは、サラダ油に添加物を加えて作っています。

本物は20円高いですが、
あなたは、本物のイクラがいいですか?
偽者のイクラがいいですか?

と、「本物」について説明して、セミナー参加者の方に選択を求めると・・・

本物のイクラがいいと言う方が、圧倒的に多い。

今日のウニの話は、
偽者、本物ということではないのですが、

物作りの裏側(真実)というものを知る、
1つのヒントになればいいかな~
と思ってご紹介しました。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら