アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
毎日のことだから、簡単シンプルが一番ですね

無垢フローリングは水回りに向いているのか?

  • 23
  • 6月
  • 2017

無垢フローリングはまだ高価なイメージがあり、
汚れやすい水回り、トイレや洗面所、
脱衣所やキッチンで使うことに
抵抗を感じている方もいらっしゃるようです。

水を使う、湿気が多い場所に無垢フローリングは
向いているのでしょうか。

その辺りを考えてみたいと思います。

無垢フローリングを水回りで使うとお手入れが大変?

毎日のことだから、簡単シンプルが一番ですね

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

予算内で無垢フローリングを施工するとなった場合
優先順位を付けるとすると
やはりリビングやお子様の部屋からご検討する方が
多いように思います。

予算が合えば水回りだって
無垢フローリングにしたいですよね。

でも水回りの無垢フローリングはお手入れが
大変そう。
そう思われている方も多いかもしれません。

無垢フローリングはカビる?

濡れた足ふきマットをそのまま
置きっぱなしにしたり、お風呂上りの湿気を
換気せず閉じ込めておいたりすればどんな素材でも
カビたり、傷んだりしますよね。
それは無垢フローリングに限ったことではありません。

濡れたマットはそのままにしない、換気をする、そんな
当たり前の生活をしている分にはカビて大変!
なんてことにはならないのです。

トイレも洗面所も生活をする上で汚れないことは
ありませんよね。
それは新建材も自然素材も同じで、ぶつければキズが付くし、
物をこぼせばシミになります。
汚れれば拭き取る。
それはどんな素材を使ったところで同じことです。

無垢フローリングを使うメリット、デメリット

フローリングは呼吸する自然素材の為、季節により
伸縮します。
濡れることによって反ったり割れたりするんじゃないかと
ご心配をされる方もいらっしゃると思います。

これは材料の品質次第になります。
きちんと製材加工している製品ならば
ほとんど問題はありません。

長い目で見て無垢材フローリングは
合板フローリングのように
表面が剥がれてきたり、色あせすること
もないし、夏場の湿気でベタベタすることもないです。

冬の寒い季節の脱衣所でも無垢フローリングならではの
暖かさ、柔らかさが優しく足に触れてくれます。

メンテナンスも、気になるようなら
年に1回ミツバチワックスをかけていただく程度で
手間はかかりません。

いかがでしたか?

無垢フローリングは家族の生活とともに成長し、
変化をしながら歴史を刻んでいきます。

汚れることにストレスを感じて暮らすよりも
無垢フローリングのぬくもり、優しさを
感じながら、

ぜひ、おおらかな気持ちで、おおらかな自然素材
無垢フローリングとの
生活を楽しんでいただければと思います。

みなさんのお家作りが理想に近いものになりますように。

アトピッコハウスでは、ごろ寝フローリングという
無垢フローリングを作っています。
これは、「ごろ寝」を楽しんでもらいたいという発想から、
命名した製品名なのです。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら