アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

ミニ盆栽は自然素材の家にピッタリ

  • 14
  • 8月
  • 2018

鎌倉のメイン通りに、
盆栽屋さんができていました。

雑貨屋さんには、
小さなサイコロのようなコケ玉を
よく見かけるようになりました。

マンション住まいの友人は、
多肉植物を、
いくつも育てていて、
お気に入りだけど欠けてしまったマグカップなどを

植木鉢替わりにして
可愛がっているようです。

ミニ盆栽って何?

いつかは使いたい自然素材ではなく
いつもの自然素材メーカーへ。
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

ハエトリ草などの食虫植物を育てている知人がいます。
たまたま通りかかった花屋さんの前で見かけて、
私も1つ購入してみました。
ハエをキャッチしているのかは不明ですが、

マグカップサイズは
手軽にグリーンが楽しめて、いいですね。

でも私が手に入れたハエトリ草は
ミニ盆栽とは呼ばないようです。

大木になるような樹木を、
植木鉢の中で大きくしないで育てる物と、
ミニ盆栽とカテゴライズしているようです。
例えば柿などの実物や、
ライラックや桜なども盆栽に適しているようです。

ミニ盆栽は庭がなくても育てられる

盆栽というと、
サザエさんの波平さんが、大切に育てていて、
カツオが、植木鉢を割って怒られる。

そんなシーンをすぐに思い浮かべますが、
大きな庭の家は多くありません。

それでも小さなグリーンを育てたいという欲求が、
私たち日本人にはDNAに刻まれていることが、
ミニ盆栽ブームに繋がっているような気がします。

しかもミニ盆栽なら、
負担となる雑草抜きも必要ありません。

時々、雑草が顔を出すこともありますが、
元々が小さな植木鉢です。
育つ雑草の量も、1-2本。
指で簡単に抜くことができます。

ミニ盆栽は好きな場所に置ける

トイレやキッチン、玄関や寝室。

ここに1つグリーンがあったら
お部屋のグレードがぐっと上がるんだけど‥。

そんな場所があったら、
ミニ盆栽の出番です。
一輪挿しも、可愛らしいですが、
長持ちするのがミニ盆栽の特徴の1つ。

グリーンの多き季節、
小さな花を楽しむ季節、
実がなったら、1つで3シーズン楽しめるから、

絶対お得です。

ミニ盆栽と自然素材は相性がいい

快適な湿度がキープされる自然素材の家は、
ミニ盆栽にとっても快適な空間のハズ。

アトピッコハウスでは、
この夏、ミニ盆栽ワークショップを開催いたします。
日程は、鶴岡八幡宮の骨董市に合わせました。

アトピッコハウスから徒歩2分の
骨董市を散策しながらミニ盆栽に挑戦してみてください。

自然素材でつくった
アトピッコハウスの空間も一緒にお楽しみいただけます。

お申込みはコチラから。
https://www.5islands.co.jp/mini-bonsai/index2.php