アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

自然素材の家は花粉対策ができる

  • 21
  • 2月
  • 2020

例年に比べ、花粉の飛散量は少なくなると
報道されていましたが、

家の周りの杉の木を確認すると、
たっぷりと花粉を蓄えているように見えます。

花粉を口や鼻から吸いこんだり、目に入ると、
痒みなどのアレルギー症状が出ます。
重症な人は、頭痛がしたり倦怠感があったりと
いいことがありません。

外にいる時は、花粉がどうしても体や衣服に触れてしまいます。

せめて家の中くらいは、花粉のない生活を送れたら
嬉しいですよね。

花粉を家の中に持ち込みたくない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
外から帰ってきたら、体中花粉だらけです。

洋服についた花粉は、目に見えないからどのくらい
付着しているかわかりません。
ですので、花粉ブロックスプレーをなんとなくシュシュっとするのですが、
あまり意味はないのかもしれません。

市販している、花粉をブロックするというスプレーは、
洋服を着る前にスプレーをするのが正しい使い方のようなので、
外出後の洋服にスプレーしても意味はないのかもしれません。

しかし、事前にスプレーをしろと言われても
全体的に湿るくらい何十プッシュもしないといけないので、
手間もかかるし、濡れていたら着心地も悪いです。

空気清浄機はマストアイテムとなりつつある

各家庭に1つは空気清浄機があるのが、
当たり前になってきた気がします。

花粉を吸ってくれるし、なんとなく空気がきれいになった
安心感があります。

Wi-Fi機能を内蔵し、スマホから遠隔操作できたり、
部屋の空気がどれだけ汚れているかアプリで
見ることができる商品もあるそうです。

しかし、フィルター交換などメンテナンスが
面倒ですよね?

私は、加湿機能もある空気清浄機を使っていましたが、
メンテナンス箇所が多数あったことで億劫になり、
今では放置しています・・・

外干しができないのが、つらい

外に花粉が萬栄しているので、
せっかく気持ちの良い季節になっても
外に洗濯ものを干せないので、辛いです。

花粉をブロックするスプレーを噴射したところで、
完全ではなさそうですし、

部屋干しを余儀なくされてしまいます。

しかし、部屋干し臭の発生など別の悩みが
出てきてしまいます。

ビニールクロスには花粉が付きやすい

花粉症の人口が増加した理由の一つに
ビニールクロスや合板フローリングなどの新建材で
できた建物で暮らすようになったことがあるようです。

ビニールクロスは静電気を発生しやすいので、
ホコリや花粉を吸いつけてしまいます。

水拭きすればある程度取れると思いますが、
頻繁に掃除をするのは面倒ですね。

自然素材の塗り壁材、織物クロスは
静電気が発生しにくい

ビニールクロスに比べ、自然素材できた塗り壁材や
織物クロスは静電気が発生しにくいので、
花粉も付着しがたいのです。

また、部屋干しをした洗濯物は臭くなりがちですが、
自然素材の壁材は湿気を吸って吐く調湿性能が
高いので、カラッと乾いて
不快な生乾き臭を発生させにくいのです。

いかがでしょうか?

花粉症の人にとって、憂鬱な季節が到来しましたが、
自然素材の建材を使って、住環境を変えると
家の中では快適に過ごせるかもしれません。

アトピッコハウスには、
自然素材でできた塗り壁材や織物クロスを
販売しています。

花粉症でお悩みの方は、ぜひご検討ください。

漆喰か珪藻土か?
すっぴんクロス

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

オススメの記事