アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
柔軟剤

ニオイが気にならない壁材とは?

  • 19
  • 2月
  • 2021

こんなお問い合わせを頂きました。
中古マンションを購入して、リフォームを予定している。

化学物質が気になるが、ニオイに特に敏感なので、
こまめに拭き掃除が出来る壁紙を使いたい。

工事業者はビニールクロスを薦めてくるが、いかがなものか。

というものです。

ニオイの感じ方はひとそれぞれ

柔軟剤
ニオイの感じ方は人それぞれ

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

確かにニオイの問題は騒音と同様、ご近所問題となりえる事柄です。

生ごみやペットのトイレの問題もありますが、
最近では柔軟剤のニオイなども、指摘されていますね。

使っている本人はいいニオイだと思って使っていますが、
人には好みがあります。

自分の好みと合わないニオイが生活空間に流れ込んでくるのは
なかなか耐えがたいものがあります。

家の中で発生するニオイの原因とは?

 

犬
ニオイの原因とは?

家の中で発生する悪臭で上げられるのは、生ごみや人の体臭、
洗濯物などの生乾きのニオイなどです。

生ごみや汗などはすぐにはニオイに変わりませんが、
そのままにしておくことで菌が発生し、悪臭となるのです。

また、魚を焼いたニオイや焼き肉などをした後に
カーテンやじゅうたんなどにニオイが染みこむということも
原因の1つとなります。

ニオイを対策するとした場合、どのような壁材を使うと
いいのでしょうか。

ニオイの観点から下記壁紙について考えてみます。

・ビニールクロス

・布クロス

・塗り壁

ビニールクロス

ビニールクロスはその名の通りビニールで出来た壁材です。

ビニールなので水拭きが出来ますが、静電気が起こりやすいので
汚れが付きやすいというデメリットがあります。

ビニールなので外からのニオイは付きにくいですが、
クロスそのもののニオイを気にされる方が多いです。

布クロス

布のクロスは衣類のような布で出来ているクロスです。

布なので拭き掃除は出来ませんが、
基本的に汚れは付かないので、掃除は不要です。

ニオイに関しては、ビニールクロスに比べると
吸着しやすいというところがあるかもしれません。

しかし、ビニールクロスに比べ、通気性がいいので、
窓を開け新鮮な空気を取り入れることでニオイを一緒に
外に出してくれるため、空気の入れ替えをすることで
対処できます。

窓
換気が大事

塗り壁

調湿性のある塗り壁材はニオイも吸着してくれます。

布クロス同様、窓を開けることで壁に風が当たり、風と一緒に
ニオイが外に出ていきます。

水拭き掃除は出来ませんが、風を通すたびに吸着した
ニオイや余分な水分を外に逃がしてくれることを繰り返すため、
半永久的に消臭効果を持続することが出来ます。

自然素材であるため、化学的なニオイは得意ではありません。
柔軟剤など、人工的なニオイを完全無臭にすることは出来ないという
欠点があります。

でも、焼き肉をした翌日、お部屋のニオイのなさに
ビックリすると思いますよ。

焼き肉
焼き肉のニオイも消えてビックリ

いかがでしたか

拭き掃除をしたいということだとビニールクロスが良さそうです。
しかし、ビニールクロス自体のニオイが気になる方も多い。

自然素材の布クロスはニオイが吸着しますが、
空気を入れ替えることでニオイを逃がしてくれますし、
塗り壁材においてはニオイを吸着して消臭効果も期待できるということですね。

自然素材の内装材は気持ちの良い空間を作ってくれますが、
必ずしも自分の生活環境に合うという訳ではありません。

自分がどういうことを求めているのかを明確にすることで
より良い環境づくりが出来るのではないでしょうか。

アトピッコハウスでは消臭効果の高い塗り壁、
漆喰美人を扱っています。花の塗り壁 漆喰美人

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら