アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
畳

塗り壁に消臭効果はあるのか?

  • 13
  • 11月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

先日、キムチ鍋をしました。
とても美味しかったのですが、翌日まで臭いが残りました。

はいから小町を塗った和室

寒さが厳しくなってきました。

11月になったとたんに、
飲食店のマスコット人形は、
サンタクロースの恰好をしていました。

近所のスーパーでは、ジングルベルの曲が流れ始めました。

この頃、あまりに先取りの風潮が強く、
本来の季節がよく分からなくなることがあります。

自分の感覚を研ぎ澄ませていたいです。

皆さんが冬の訪れを感じるのは、どんな時でしょうか?

わたしは、キムチ鍋を食べたくなった時です!

寒い日は寄り道をせずに、暖かいお家に真っ直ぐ帰りたくなります。
そして、温かいご飯を食べられたら幸せです。

先日、家でキムチ鍋をしました。
くたくたに煮込んだネギや白菜、脂たっぷりの豚肉に舌鼓。
とどめにラーメンを投入して、お腹が丸くなるまで食べて、大満足でした。

が、翌朝目覚めると、部屋中なんだか臭います。
そうです。まだ、キムチの匂いが充満しているのです。

換気のために、その日は寒さを我慢しつつ、
家じゅうの窓を開け放って過ごしました。

私の家は、気密性の高い石膏ボードの上に、
ビニールクロスを貼った内装です。

これって、塗り壁の部屋だったら臭わないのだろうか。
塗り壁材には、消臭効果が期待できると言われています。

そこで、塗り壁が豊富なアトピッコハウスで、実験をすることにしました。
実験といっても、お昼休みに臭いの強い美味しいものを食べるだけですが・・。

実験に使った部屋は、
はいから小町という塗り壁材を使用した和室です。

実験方法は、お昼ごはんに臭いの強いカレーを食べ、
その後の残り香をチェックします。

実験結果は、食べているときはカレーの臭いが充満していますが、
一時間もしないうちに臭いは気にならなくなっていました。

なんだかこじつけっぽいでしょうか・・。

でも、実感として、日々、アトピッコハウスの塗り壁に囲まれて、
臭いが気になったことはありません。

はいから小町は、珪藻土の塗り壁です。
そして、消臭性能を高めるためにゼオライトという素材を使用しています。

珪藻土とは、植物性プランクトンの化石で、
無数の小さな穴があり、調湿性能が知られています。

ゼオライトとは、珪藻土よりもさらに小さな穴を持つ天然鉱物で、
空気清浄器のフィルターにも採用されている素材です。

はいから小町は、この二つの原料のパワーで、
優れた調湿性と消臭性能を発揮する塗り壁材なのです。

無数の小さな穴を使って、空気を吸っては吐き出し、調湿をします。
そして、この呼吸をする時に、空気中の水蒸気といっしょに、
「臭いのもと」も一緒に吸い取ります。

では、吸い取った臭いのもとはどうなるかというと、
成分によって、水溶性の臭いははいから小町が分解をし、

油系の臭いはゼオライトによって、吸着し固定されます。
吸着をした「臭いのもと」は、その強い結びつきによって離れません。

室内が乾いたときに、水蒸気は吐き出されますが、
「臭いのもと」が再び吐き出されることはないのです。

そして、このはいから小町よりも、
さらに消臭効果が高いのは漆喰美人です。

漆喰美人は、本漆喰とは違います。
本漆喰とは、原料を消石灰にしたものです。

それ以外を原料に作っている塗り壁は、漆喰調と呼ばれます。

漆喰美人は、モンモリロナイトを原料にしています。
モンモリロナイトとは、粘土鉱物の一種で、天然の土です。

化粧品や食品の原料としても使われるほど安全性のある素材で、
かつ、消臭性能が高い素材です!
その効果を期待して、ペット用のトイレの砂にも使われています。

漆喰美人は、そんな高い消臭効果のあるモンモリロナイトの成分に着目して
開発された塗り壁材です。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら