アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

天然素材クロスを取り入れたいが、嫁はビニール派

  • 26
  • 2月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

埼玉でリフォーム工事中のお客様から、こんな資料請求を頂きました。

新築、施工事例

【ご要望・HPを見た感想など】
すでにリフォーム工事を開始しており壁紙を選ぶのに悩んでいます(嫁はビニールクロスでいいと申しており)。できるだけ早くサンプルを送付いただけますと助かります。 
すっぴんクロスのカットサンプルはありませんか?

【家づくりで1番気になってる事は何ですか?】
できるだけ天然素材を取り入れたい。 

【どうして、当社に資料請求しようと思いましたか?】
自然素材の製品であることと、価格もリーズナブルと思われるため。 

奥さんが熱心なのに、ご主人が反対とか、関心がないというケースが多いのに、
こちらのお宅では、

奥さんは、「ビニールクロスでいい」というのですから、
珍しいです。

室内に、これほど「ビニール 」を貼る国は、日本くらいのものなのですが、

奥さん、本当に理解されているのでしょうかね? 疑問です。

ビニールクロスは、価格も安いし、色柄も豊富ですが、
5年か10年で張替えしないと、ものすごくみすぼらしくなる。

しかも、呼吸しないし、汚れも目立つ。

その点、薬品処理していない布クロスは、
20年も、30年ももつ上に、上質な感じが失われない。

すっぴんクロスは、まさに、そんなクロスです。

通常の布クロスは、難燃薬剤が塗布されているので、
5年か、10年でシミが浮いて来ますが、すっぴんクロスは、そうはなりません。

難燃薬剤とは、防火用にするために使う薬品です。

その薬品は、空気中の水蒸気に反応して、
クロスにシミを作ってしまうのです。

すっぴんクロスは、台所用の製品以外は、防火用の薬品処理はしていません。

だから、キッチンなどの火気使用室には使えません。
その代わり、10年たったも、20年てたっても、薬品由来によるシミは発生しないのです。

そんなことも教えてあげると、
「ビニールクロスでいい」と言っている人も、

変わると思うのですがね!

ちょっと、マニアックな専門知識でした。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

すっぴんクロスの資料のご請求は、こちらです
11