アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

下塗りの、薬剤が怖い 安全なアク止め作りました

  • 05
  • 3月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

こんなお問合せを頂きました。
下塗革命という「下塗り材」に関してです。

下塗革命

【家づくりで1番気になってる事は何ですか?】
自然の素材を出来るだけ使いたい。 

【どうして、当社に資料請求しようと思いましたか?】
新居建築後にDIYで棚などを壁に付けたく、漆喰の下地を合板にしようと思い、アクの事で調べていたらヒットしました。 
コッソリ薬剤を沢山使っていると読み、とても怖くなりました。 
安心して住みたいので、とても興味があります。 
施工主も施主支給に協力的なので、早急に資料をみてみたいです。

塗り壁などの左官工事は、水で練ったものを、壁に塗る訳ですから、
下地のアクを吸い出してしまいます。

特に、リフオームなどで、古い塗り壁の上に、
塗り重ねる場合は、長年、壁に染み込んだ大量のアクが浮き出してきますから、

ニッチもサッチも、いかなくなる訳です。

また、合板の上に塗る場合も、合板のアクを吸い出します。

アトピッコハウスでも、「はいから小町」という、珪藻土塗り壁を開発し、
その施工を安定させる過程で、相当の苦労をし、

アクとも、あくなき戦いをしました。

いくら綺麗に仕上げても、あとから、アクが浮いて来て、
オネショしたみたいになると、塗り直しという事態になってしまうのです。

特に、「はいから小町」 は、調湿性能がすごいので、
工事段階で使う「練り水」も、半端じゃないのです。

これまで、だれだけアクに泣かされてきたことか・・・

それで知ったことなのですが、
下地のアクが止まらない時、外部用の揮発性の高いアク止め使うことがあるのです。

乾いてしまえば、臭いも飛びますが、
この方が心配されている通り、よくない薬剤が使われていることは事実です。

そこで苦心して開発したのが、「下塗革命」という、アク止め効果の高い下塗り材なのです。

「アクは、押さえて止めるもの」

一般のこの発想ではなく、「アクを吸い出して、固める」この方式で、
アクを止める新発想の下塗り材が、「下塗革命」なのです。

したがって、下塗革命を施工後、表面的にアクが見えていても、
アクが止まっている可能性は高い。

揮発性の材料も使っていないので、安全性も、極めて高い。

そんな商品なのです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

珪藻土塗壁 はいから小町