アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
メイク

化粧品回収騒ぎで考える、知識収集のコツ

  • 02
  • 8月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、ごとう ひろ美です。

日本メーカーの化粧品の回収が、
世界中で広がっています。

メイク

肌にトラブルを抱えていた私は、
化粧品は成分に関わらず異物であると認識をしています。

ケミカル系だから危険とか、
オーガニック系だから安全という発想は持ち合わせていません。
使っていて心地良ければ、

ケミカルであっても、良い化粧品だと考えています。

ただ医薬部外品という化粧品には、誤解があるなと感じています。

医薬部外品は、
文字通り医薬品にも使える成分が含まれています。

それを私流に解釈すると、
強い効果がある反面、副作用があるかもしれない。
ということになります。

肌の許容範囲が小さい私は、
強い効果に負けてしまう傾向がある。つまり、
副作用の方が大きいケース可能性があるため、
かなりタフになった今の肌でも、医薬部外品の強さに、

太刀打ちできないことも、多々あります。

だからといって医薬部外品が悪いということではありません。
高い効果を実感されている方もたくさんいますよね。
今回の騒動で、
十把一絡げにすることなく、冷静な判断を望みます。

もう一つ、
ケミカル化粧品回収騒動で、血気盛んなのがオーガニック系です。

確かにオーガニック系の成分は、
人類が昔から使用してきた成分が多い。だから安全性が高いということは知っています。
でも肌にとって異物であることは変わらないし、

天然系がすべて良い、という発想も危険。

体質もあるし、体調もある。
昔の人には合っていたモノが現代人に合わないことも考えられる。
そして昔の成分と全く同じではない、ことも理解していたい。

環境は大きく変化しているのに、
その原料だけが、昔ながらのモノと言い切れる根拠は乏しい。

自分にあった商品を選ぶには、
細かい成分などに対する正しい知識よりも、
全体像を、俯瞰して見る(考える)ための知識が必要です。

これは家づくりでも同じこと。
塗り壁や接着剤の成分を1つ1つネットで確認するよりも、

家づくりを進めるための価値基準になる知識を、得ることが先決です。
無料メルマガ 「しつもん家づくり」 週刊時々日刊で発行中です

楽しく、ハッピー 自然素材の長所と短所