はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

どこで家を建てるのが正解? 設計事務所編

投稿日:2017年06月13日 作成者:


住宅展示場をみてきたけど、
どれも画一的で、今一つだった‥。

そんな時、思い浮かぶのが設計事務所です。

工場で量産されているハウスメーカーの家とは違い、
独創的で、オリジナリティに溢れた家を
設計事務所はつくってくれそうな気がします。

そのイメージって、本当でしょうか。

設計事務所で家を建てるのは正解か?

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

設計事務所の家づくり

設計事務所と言っても色んな種類があります。
そして最近は、設計事務所を名乗っていても、
建築会社のような設計事務所もありますが、

ここでは工事はしない、
設計に特化した事務所に絞って考えていきます。

建築の範囲は広く、
設計事務所がすべての分野に精通している人はいません。

一級建築士はマンションなど大型物件を含めて、
どんな小さな建物も設計できる資格ではありますが、
範囲が広いからこそ、専門性が分かれています。

一級建築士の先生は、
何でも知っているし、
何でも得意という印象は、幻想です。

本当は自分の得意分野と
苦手分野を正直に言ってくれればいいのですが‥。
だから自分で、見極める必要があるのです。

自然素材の家を建てる時、設計事務所は正解か?

設計事務所は無垢材が好きです。
反面、コンクリートむき出しやシナ合板仕上げの壁も、好きです。

自然素材の家は、野暮ったい?

スッキリとしたデザインを好む設計士の方が多いからでしょう。
確かに、すべてが無垢材だと
ちょっと、野暮ったくなるのは事実ですが、

希望する自然素材が
無垢フローリングだけで、他はお任せ!といのであれば、
設計事務所で家を建てるのは正解、です。

設計事務所はフルオーダーの家づくり?

これはもちろん、YESです。

それこそ注文住宅ですから、
輸入タイルでも、高級キッチンでも、すべてご要望通りです。
あ、予算があれば、です。

ハウスメーカーのような制限もありませんので、
予算と時間が許すのであれば、
どんな建材も、選び放題です。

設計事務所は、センスがいい?

センスの良し悪しは好みでもありますが、
ある程度の経験がセンスを磨いてくれます。
だから、やっぱり経験は豊富な方がいい。

年間1-2棟をつくっている建築事務所は
10年後に20棟の経験を積んでいることになりますが、

年間5棟つくっていれば、
10年後に50棟です。
この差は、すごく大きくなりますよね。

経験が豊富だと、
組み合わせに対するアドバイスが的確です。

サンプルが少ないのが
フルオーダーの家づくり。
モデルルームがないという欠点を補うのは、経験です。

小さなサンプルから、
あなたにピッタリな壁材を選ぶのは、
経験がないと難しい。

だけど若い感性ならではの発想もあります。

経験は不足しているけど、
その設計事務所の方の家づくりの方向性が気に入った!のなら、
設計事務所の経験不足をどこで補うのか、
事前に決めておいた方が、無難です。

設計事務所は、予算度外視が多い。

設計事務所の方とお話ししていて、
私が一番気になるのは
「予算は決めていません」というお答え。

家を建てるのは一生に一度。
ならば、すべての願いを詰め込みたい!

がしかし、現実は違います。
先立つものがなければ、
その夢は泡と消えていきます。

家作りに、お金の話は欠かせない

家づくりには時間と手間暇がかかります。

忙しい現代人にとって、
もっとも貴重なのが時間。
夢物語を追いかけて、半年も打ち合わせをするなんて
有りえません!

返済できるローン金額を知り、
そこから逆算して土地を買い、家をづくりを考えていく。

そうしなければ
自然素材の家は、大金持ちでなければ手に入りません。
最高の土地を手に入れたけど、

家を建てる予算が残っていない。

そんなことにならないように、
まずは予算を決めることが先決です。

住宅ローンに一生を捧げるなんてナンセンス

家は財産ですが、
もっと身軽に家づくりを考えてもいいんじゃないかな、とも感じます。

フルオーダーの注文住宅に住んでいるけど、
外食もできない、旅行にも行けない。
そんな生活は、空しいと思うんです。

たとえ理想通りの家でなくても、
持家に住めるなんて、やっぱり夢のマイホームです。

自然素材の家が手に入らなくても、充分。
今の生活を維持しながら、
手に入る家づくりを、今一度考えてもいい、
そういう時代のような気がします。

べっぴんハウスは、アトピッコハウスが企画した自然素材の家です。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 設計事務所 | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? 設計事務所編 はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編

投稿日:2017年06月09日 作成者:


モデルルームをまわったけど、
結局、どこがいいのかわからない‥。
そういうお悩みを持つ方は少なくありません。

ただ、万人が正解と思える家づくりは、ないんです。

だから、迷います。
お友達は最高って言ってたけど、
私はピンとこないと感じることもあります。

それは、自分にとっての正解と違うからなんですよね。

そのためには、まず各社の特徴を、
自分たちが理解することが第一歩になります。

ハウスメーカーで建てるのは正解か?

ハウスメーカーの家づくり

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

ここでいうハウスメーカーとは、
TVコマーシャルをしている全国展開の会社と定義します。

ハウスメーカーといっても、
各社それぞれ特徴があるので十把一絡げにはし難いのですが、
まずは共通点をピックアップしていきます。

その共通点から、
自分はハウスメーカー向きだな、とか
興味があると思った方は、
各社の特徴を、ご自身で調べてみてください。

自然素材の家を建てる時、ハウスメーカーは正解か?

結論から言うと、間違っています。

自然素材といっても色々ありますし、
ハウスメーカーも
オプションで自然素材を用意しています。

だから、そのハウスメーカーが用意している自然素材と
自分が期待している自然素材が合致していればOKですが、
往々にして、

私が欲しい自然素材は、コレじゃない!

ということになってしまいます。
自然素材という単語の定義は法律で決まっていないので、
そのハウスメーカーが
自然素材として用意しているオプションを、

契約前に、確認しておく必要があります。

ハウスメーカーはフルオーダーの家づくり?

ハウスメーカーは注文住宅をつくっていますから、
間取りも自由、色柄も選べます。

はい、そのハウスメーカーの「規格の範囲」で
フルオーダーです。

軽量鉄骨を売りにしている会社は
木造は建てません。
もしも建てるといったら、よほど今月の営業成績が悪いんです。

キッチンも、その量産ハウスメーカーが用意している中から、
選び放題!です。

ハウスメーカーは自然素材が得意ではない

どこのメーカーさんともお付き合いはありますが、

通常仕入ていないメーカーさんは高くなったりするなど
想定外のことが出てくるのが普通です。

ハウスメーカーは、施工実績が多いから安心

一理あります。
規格通りの家であったとしても、
大きさや、間取りなど、
まったく同じ家、はありませんから、

施工実績が多い方が、経験値が上がっていくのは当然です。

しかも、社員研修も実施していますし、
下請けの施工会社にも研修制度を設けているので、
教育システムは、完成されています。

そこに安心感を見いだせる方が、
ハウスメーカーで家を建てると正解になる方、とも言えます。

アフターフォローの仕組みがあるから安心か?

ハウスメーカーのアフターフォローは整っています。
専門部署や子会社が担当するシステムができています

「連絡が遅い」「たらい回しにされる」というのは
大きな会社の勲章、と思っていた方が無難です。

ハウスメーカーは廃業しません

不景気な時代、
引き継ぐ社員がいない会社は廃業を選択するところも増えてきました。

その点、全国規模の会社となると
後継者がいないから廃業するということはありません。

ただ絶対倒産しない、というのは、
今の時代、ないんです。

コンビニスイーツと、パティシエのケーキ。

コンビニスイーツのクオリティって、高くなっています。
しかも1つから気軽に買えるところも
嬉しいですよね。

それでも特別な日は、
パティシエ自ら生クリームを絞ってくれるケーキがいい。

特別な物は、本物がいい

私は、そう思います。

量産されているから味が落ちるということは
今の日本では考え難い。

でも家って、特別な物。

その特別な物を、
工場で大量生産した家でいいのか…。

しかも大量生産されているコンビニスイーツは
パティシエケーキよりも安いのに、

大量生産されている
全国展開のハウスメーカーの家は、
1つ1つ丁寧につくっている家よりも、高い‥。

もちろん工場生産だから安心という考え方もあります。
工場で大量生産された部材でつくる家に、
価値を見いだせるのであれば、

ハウスメーカーで量産された家を選ぶのは正解。

でもパティシエのケーキみたいなのがいい!
と思うのであれば、
違う選択肢を、考えてみてはどうでしょうか。

アトピッコハウスでは、自然素材をたっぷりと使った
規格型注文住宅「べっぴんハウス」を商品化しています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる ハウスメーカー | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編 はコメントを受け付けていません。

家づくり 建材とインテリアの相性は?

投稿日:2017年06月02日 作成者:


家づくりの建材を選ぶ時、やっぱりインテリアとの相性
のことを考えますよね。

「こういう風にしたい」

そんな思いが家づくりを乗り切る為の原動力になっている
お施主様も多いはず。

訪れたことのある場所や雑誌、写真などに憧れ、ちょっとした
小物を少しずつ増やす。そして家づくりを始めたら、基軸になるのは、
今、囲まれているインテリアがより映えるような建材を使いたい。

どういった建材を合わせると自分の思い描くインテリアになるのか?

そんな建材とインテリアの相性についてご案内してみたいと思います。

家づくり、どのタイミングでインテリアを考える?

建材とインテリアの相性って?

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウス小倉です。

家づくりも大よそ進むと今度は、家の中のインテリアを
考える方が多いですね。

ベッドやテーブル、ソファなどの大型家具に加え、カーテンや
ラグなどの小さいインテリア、また最近では家電もインテリアの一つ
として考えられる方もいらっしゃいますね。

お施主様によく伺うインテリアを考えるタイミングは、家の大よその
間取りが出来上がり、使う建材などが決まった後です。

でも、そのタイミングで、インテリアを家に合わせる事は、
なかなか高度なんです。

何故か?

間取りや使用する建材などがおおよそ決まっていると、
調和するインテリアの色調や材質の選択肢が、
限られてくるんですね。

ですから、私はインテリアを考えるタイミングって、
家づくりと同時進行して頂くことをお勧めしています。。

資金計画にインテリア部門も設けてみましょう

多くの方は家自体を建てるのに、お金を使います。

そうすると、後から中のインテリアを考えたときに
予算がなくなってしまい、せっかく選んだ建材で建てた
家なのにアンマッチなインテリアになってしまいがちですね。

なので、せっかくの家づくりのタイミング。
資金計画をする際にぜひインテリア部門を設けてみませんか?

そしてぜひ、一つ一つ建材を選ぶ際にインテリアも
同時進行で揃えてみてください。

憧れのイメージと手持ちのインテリア

いざ、家のイメージと憧れのイメージを合わせながら
インテリアを考えても、思い描くだけではなかなか難しい。

家づくりといっても、家の中のすべての家具やインテリアを
変えられる方というのは、少ないです。

お手持ちの家具やインテリアを有効に再利用しつつ、
新しく入れる建材にも合わせていきたいですね。

まずは、「再利用するインテリア」を決めることです。

新しい家に何を持っていき、何を新しくするか、
ここが、大切ですね。

再利用したいインテリア、まだ使えるから再利用するインテリア、
再利用の理由は様々だと思いますが、「憧れのインテリア」にするには
思い切って選別することも必要です。

憧れのインテリア、どんな建材を合わせる?

「こんなイメージが好きでなんですが、どんな建材を
合わせたらいいですか?」

なんていうご質問も少なくありません。そうすると

「新しい家へ持っていく家具やインテリの小物はどんな素材で
どんなお色味ですか」とお伺いします。

建材も色味や表情がそれぞれ違います。性能を気にされるのであれば、
比較して頂ければ選ぶ事は難しくはないのですが、建材の色や表情は、
合わせる家具やインテリアによっては調和しません。

しっかり選別して頂いたお手持ちの家具やインテリアをベースに
選ぶ事が第一です。

ナチュラルなカントリーテイストが好きなのであれば、床はパイン材。
北欧調のデザイン性に優れた家具の中にポップなテキスタイルを合わせる
のであれば、床はオーク材。

アジアンなリゾートのイメージが好きなのであれば、床はアカシア。
アースカラーの中にアイアンなどを合わせるJunkyなイメージならば、
床はウォールナット。

まずどういったテイストが好きで家に集めているのか?
お手持ちの家具の材質や色味はどんなテイストか?
そこから合わせてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか

ご自身のイメージする家づくりと建材がぴったりな
インテリアにするには、残すものと捨てるものをはっきりさせる
事が第一ですね。

そして、家づくりのスタートから同時進行でインテリアを
考えてみて下さい。一つ建材を決めるときに立ち止まる。
中々話が進まなそうですが、残すものが決まっていると、
案外建材を選ぶ事に悩まず、スムーズです。

はじめから全てが完璧に揃っているインテリアは、面白くありません。
生活しながら、生活の変化や季節の変化などに合わせて、
一つ一つ増やしたり、減らしたり。

家本体が出来上がり、「住む」という家づくりがスタートしたら
ぜひ選んだ基本の建材を生かしてインテリアを楽しんでみてください。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 建材 インテリア | タグ: , , | 家づくり 建材とインテリアの相性は? はコメントを受け付けていません。

家づくりのきっかけは理想から?現実から?

投稿日:2017年05月25日 作成者:


家づくりのきっかけって、誰かの為を思って考え始める事が
多いんですよ、と聞いたことがあります。
「そうだ。家を建てよう」

どこかで聞いたようなフレーズ…
そんな思いってどこから生まれるんだろう?

住宅展示場、雑誌、インターネット、情報は様々なところから
得ることができますが、それは、「家づくり」という淡い思いが、
漠然と自分の中に生まれてから、手や目にとる事ですね。

家づくりのきっかけって、やっぱり
結婚や子供を育てる過程で、この家族とこういう風に、あんな風に
暮らしたい…そんな淡い思いが「家づくり」のスタートなのでしょうか。

念願の家づくり、思いは膨らむ

家づくりは理想から?

自然素材の内装メーカーアトピッコハウスの小倉です。

いつかは?実現したいな…「家づくり」。そんな淡い思いの中で、
目に入ってくるものは、やっぱり雑誌やネットから入ってくる
素敵な生活を送っている方々の情報ですよね。

パイン材フローリングに白い壁、それにぴったりなナチュラルな家具たち。
ウォールナットの床にかっこいい黒をポイントにしたアイアンの家具。
オーク材の少しきれい目な床に、北欧テイストのテキスタイルを・・・

そんな理想の生活に思いを膨らませ、ああしてみたい、こうしてみたい。
そういう思いはこれでもかという程、溢れ出し、夢は膨らみますよね。

私も、自分の家を持つとき…いや、実現する前から、
こういうフローリングを使って、壁はこうして、
この家具をここに置いて…そんな理想で頭はパンパンでした。

理想から?現実から?何から始める?

さあ。家づくり。何から始めようか…。

一級建築士事務所の設計士を探す?
安心の大手ハウスメーカーを探す?
それとも地元に根付いている工務店を探そうか…

自分たちの理想を叶えてくれるところを決めることからなのか?

多くの方々がまずは、「家づくりを頼む」という姿勢で
スタートさせる方が多いかもしれん。

プロに出逢えて、依頼すれば、プロが、全てを教えてくれる。
そう思いますよね。
でも、実際はそんなプロは多くはありません。

我が家が家を建てる時の話を少しすると、
私…いえ、我が家の旦那様がしたことは、まず「現実」を
私に示すことでした。

我が家の現実とは、頭金の額と旦那さんが「支払える」ローンの総額と
月々の支払可能額。それは、私の知らないうちに旦那さんが
確認していた事でした。

私には、「この予算の中で好きなようにしていいよ」という、
素敵な言葉と、現実=堅実という家族を、子供達の成長へのレクチャー。

理想で頭がパンパンだった私にも納得のスタートでした。
理想だけでスタートしてしまっていたら…きっと妥協や諦め・・・

マイナス要素の家づくりのスタートになってしまっていたかも・・・

そんな後ろ向きの「家づくり」はしたくないですよね。
では「家づくりの」スタートには何が必要なのでしょうか・・・?

ライフプランからの資金計画

家づくりのスタートはまずはライフプランの「理想」から入る事です。
「ライフプラン」て聞いたことがありますか?

ご自身、ご夫婦、ご家族とどのような生活を送っていきたいのか。
3年後、5年後、10年後こんな風になっていたいなぁ、という
「理想」の計画を立てる事です。

あくまでも計画なので、予定変更があるかもなんていう事は、大前提です。

「こんな風に・・・」という漠然とした計画を立てると、そこからお金の問題も
大体は計算が出てきますね。そうするとご自身が生涯「家」に対して
支払っていける「現実」的な計算がおおよそで出てきます。

ここが、「家づくり」のスタートです。

この「理想」と「現実」をスタートの時点でしっかりご自身で把握されていると、
自ら「選択」ができます。

「選択」とは「現実」の予算の中で、ご自身が「理想」とする「家づくり」
設計や建材は何が使えるか?どこの工事業者様に
依頼することができるのか、という事もはっきりします。

よく、当社へも建材と金額の問合せをお施主様自身から頂きます。
しかし、残念ながら商品の良さと金額をご案内すると
採用にならない事が多々あります。

お話を聞いていると、「当社の建材を使用したい」という「理想」が先立ってしまい、
まだ、どこの業者様へ頼むのか?業者様は決まっているけど…
これから資金計画をするというお答えも少なくありません。

まずは、「あきらめ」の「家づくり」にならない為にも、しっかりしと
ライフプランから資金計画を立てられることが大切ですね。

やっぱり身の丈にあった家づくり

ローンが組める金額とご自身が支払えるローン金額は全く違うものです。
月々の負担が少なくても、完済時が75歳・・・想像しただけで・・・

一世一代の「家づくり」

手放すことを考えて「家づくり」をする方は少ないと思います。
手放さなければならないような事が現実的に起こらない為にも、

まずはしっかりしたライフプランと資金計画、
そしてその中で身の丈に合った「家づくり」を自ら選択し、採用する。

それこそが満足度の高い「家づくり」になるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

「理想」と「現実」

「家づくり」にはどちらも必要です。
しかし、スタートの時点で、両者の計画を間違わない事が大切ですね。

「家づくり」のゴールが「憧れ」たもので囲まれていたら、
「家に住む」スタートがどんなに幸せで、満足度が上がるのでしょうか。

諦めの「家づくり」スタートにならない為にもしっかりした
「計画」と「準備」が必要ですね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり 現実 理想 | タグ: , , | 家づくりのきっかけは理想から?現実から? はコメントを受け付けていません。

無垢材の床を水廻りに使ったら

投稿日:2017年05月17日 作成者:


GWも終わり、1年で一番気持ちの良い季節になりましたね。

ここ最近、お問合せが増えた一つが、
無垢材の床を水廻りに使えるのかな…というお話です。

家づくりでこだわりたい事NO.1という方も多いかもしれない床材。

多くの方がみんなで過ごすリビングや寝室への使用はイメージが
できるみたいですね。

でもキッチンはや脱衣所、トイレなどの水廻りは?
無垢材の床を家全体にと思っているのに…できれば水廻りにも。
でも水廻りに使うのは少し不安・・・どうなってしまうんだろう・・・

そんな声について少しお話させていただきますね。

無垢材の床を選ぶならまずは大らかに

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。
我が家のキッチン、洗面所の水廻りは無垢材の床です。
施工をお願いした時に水廻りへの使用を反対はされましたが、
どんな事が起きようが、それも「あじ」なので、とお願いしました。

無垢材の床を希望する方はそんな「あじ」が大好きな方、
そしてキズも汚れも愛おしくさえ思える方が多いのでは。

キッチンであれば、洗い物をすれば水が撥ねて浸みます。
油が撥ねれば浸みます。洗面所であれば、濡れた足で歩けば
水分が浸み込みます。

それが当たり前です。

そんな毎日の生活で当たり前のように起こる事を
「そんなもんか」「まあまあ」と思える大らかさが
無垢材の床を水廻りに選ぶ上ではまず一番大切ですね。

水廻りの無垢材フローリング

水廻りにはどんな無垢の床を選ぶ?

それでも選ぶならばできるだけ水廻りに向いている
無垢材を選びたいですよね。

無垢材の床には、針葉樹(柔らかめ) ヒノキ パイン
広葉樹(硬め) ナラ チーク ウォールナット
などがよく聞きますね。

広葉樹のチーク材などはよく船の甲板などに使われる素材ですので、
水廻りに向いているのは、やっぱり広葉樹のような硬い樹かな?
と考えられることもありますが、

樹の種類そのものに水廻りへ向いているか?いないか?という
事についてはあまり大きな違いはありません。

その代わりに、面白い事に無垢材の床の向き不向きは、
もともとのその樹木が育った場所に順応するという話があります。

当社で水廻りにおすすめのフローリングのお問合せを頂くと、
お答えする種類は「尾鷲ヒノキ」です。
尾鷲ヒノキのフローリングはUV塗装をしているわけではありませんが、
不思議と水廻りへ使用していただいても不具合がない。

なぜでしょうか。

尾鷲は雨の多い町です。雨の多い町で育ったヒノキは
必然的に水に強くなっているのかもしれないという事が推測がされます。
無垢材の床を水廻りへ選ぶときは、産地に着目するのも一つですね。

そしてもう一つは、無垢材の床を選ぶときに無塗装、自然塗装、
UV塗装などといった事をよく聞きますね。

無塗装の床はやっぱり木そのものの温かみや色が
ナチュラルな風合いで素敵なので、はじめに選ばれる方も
いらっしゃるかと思います。

でも無塗装なので、浸みこみ具合は、抜群に速いです。

なので、やっぱり水廻りの無垢材の床だけは少しだけ
保護をしてあげようというのであれば、UV塗装、ウレタン塗装
というコーティングを施してあるものを選ぶということも一つですね。

コーティングがされると、撥水性が上がるので、木に直接水分が
浸みこみにくくなり、シミなどができにくくはなります。

無垢材の床と一緒に

まずは今までと変わらずの生活をしてみることが大切です。
家族の生活を無理に合わせる必要も変える必要もありません。

無垢材を特別なものと捉えてしますと、ちょっとしたことも
気になり始めてしまいます。

我が家には3人の子供たちがいますが、無垢材の床にした当初、
一番気になったのはテーブルの下。食べこぼしが酷かった…

また、洗面所のお風呂上りはびちょびちょ。

私なりに選びに選び抜いて選んだ大切な無垢材の床。
気になりすぎて・・・あろうことか、テーブルの下にマットを
敷き、脱衣所には足マットを敷き詰めてしまいました。

しばらくすると、濡れているわけではないのになんとなく床が湿っぽい。
なかなか乾かない…

無垢材の床はそのものに調質性があるのに、マットを敷くことで、
無垢材そのものが息苦しくなってしまったのでしょうか。

けど1年も経つとマットを敷くこともやめ、また汚れも気にならなく
なりました。というよりは追いつかない。

そこが「無垢材と一緒に」のスタートだったように思います。

水廻りも毎日のちょっとした心がけ

水廻りの無垢材フローリングのお手入れは、基本は「その都度」です。
濡れてしまったり汚れてしまったりしたら、
そのままにせず、さっとひと拭き。

水廻りは特にその都度を心がけてほしい場所ですが、
それでも家族みんながそれぞれ動く中で、
その都度は大変ですよね。

我が家は無垢材・無塗装の床ですが、その都度なんていう
お手入れは追いつかず…

1日の終わりにさっとひと拭き、
またしっかり一晩しっかりと乾かすといったリセットだけは
心がけるようにしています。

そんなメンテンスでも、水廻りの無垢材の床が
黒くカビたり、そり返したりという事はありません。

それはきっと無垢材ならではの調湿性とちょっとした
心がけのお手入れで保たれているのかもしれません。

その上でプラスしてあげると、より効果的なお手入れは、
無垢材の床にすりこむタイプのワックスを定期的に
施してあげることです。

コーティングとまではいきませんが、撥水性があがり、
浸みこみにくくなります。

変わりゆく無垢材の床

無垢材の床は毎日誰かが歩きますね。
洗面所やキッチンの水廻りも誰かが毎日使います。

無垢材の床はそこに住む人たちとともに変化していきます。
こっくりと深みのある無垢材の床に仕上がっていき、
光沢さえも出てきます。

不思議なもので、その経年変化が無垢材を強くし、
水廻りの無垢材の床を、対応できる無垢材に変化させている
かのようにも私は思います。

その変わりゆく床の表情をを楽しみながら、
ご家族とともに成長できると、10年後、20年後、きっと素敵な
無垢材のフローリングが出来上がるかと思います。

いかがでしたか?

水廻りに無垢材の床を使う事は、期待も不安もありますが、
無垢材の床は調質性にも優れ、順応性があります。

水廻りへ使っていただくことも十分可能です。

まずは、日々のお手入れと心構えを第一に、
経年変化という成長を楽しんではいかがでしょうか。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢材 床 水廻り | タグ: , , | 無垢材の床を水廻りに使ったら はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー