はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

無垢材フローリングも冬は寒いんです!

投稿日:2017年12月27日 作成者:


アトピッコハウスは今日が仕事納めです。

暖かい日と寒い日の差が厳しい鎌倉ですが、
移転して2回目の冬、無垢材フローリングも
特に大きく暴れる事も無く、床暖房ぬくぬくで過ごしています。

この季節、冬に向けてお問合せで多くなるのが、
無垢材フローリングの「不具合」です。

自然素材を取り扱うアトピッコハウスとしては、
「不具合」というと語弊があるように感じますが・・・

無垢材フローリングとしては決して「不具合」では
ないのですが、隙間やズレなどに馴染みが無く、ぴったり、綺麗が
当たり前の現代人の私たちには、「不具合」と
捉えてしまうのかもしれません。

今年の夏以降に無垢材フローリングを施工したお宅では、
今年は無垢材フローリングが大きく伸縮して、
びっくりしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

気候に左右される無垢材フローリング、
もちろん夏と冬の施工方法も異なりますし、
起きてしまう症状も異なります。

今回は無垢材フローリングに生じる冬のトラブルと
施工方法についてご案内します。

無垢材の特徴を理解しましょう

無垢材フローリングも冬は寒いんです!

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

無垢材とは合板や集成材ではなく、
使用する形状で丸太から切り出した木材です。

天然木本来の風合いを持ち、
室内の湿度を調整する働きもあるものを無垢材といいます。

無垢材フローリングとはその木材をフローリング
乾燥させ、加工している建材です。

だから、自然の持つ力を私たち与えてくれるのです。

無垢材をフローリングにするという事

生きている無垢材を私たちの生活に取入るには、
私たち自身も無垢材が自然から生まれているという事を
理解した上で、取扱い、受け入れなければいけませんね。

ぴったり、不具合無し、
綺麗が当たり前の私たちの生活環境。

だからちょっとした隙間やイレギュラーはトラブルに分類される。

でも本当のところ、ぴったり、不具合無しをあたり前に
思っている方には、無垢材フローリングの採用は残念ながら、
ハードルが高いです。

自然素材はその自然素材の持つ力で私たちに
心地よい生活を与えてくれますが、私たちの「普通」に
合わせてくれるわけではありません。

冬場の無垢材フローリングに起きる事

冬の無垢材フローリングは縮みます。
無垢材フローリングも寒いんです。

もちろん工事前に開梱しただけでも縮みますし、
気温が急激に下がっても縮みます。

気候の安定している春先や秋口に施工した場合は、
その現象にびっくりしてしまう方も少なくありません。

それが無垢材フローリングというものです。

無垢材フローリングの冬場の施工

冬に向けての無垢材フローリングの施工は、
無垢材フローリングが収縮するという事を前提に
施工しなければなりません。

施工方法は冬場乾燥での縮みを考慮した「意図的に隙間」を
設けて施工する事です。長さ方向のつなぎ目部分については
長さ方向のつなぎ目を設ける必要はございません。

スペーサーを使用するのも一つの方法ですが、
名刺1枚分のクラランスで十分でしょう。

動じない事、まずは様子をみる

無垢材フローリングを施工した後1年~2年は
温暖期と寒冷期に無垢材は左右されます。

膨張と収縮を繰り返し、その環境に合った仕様に合わせようと
無垢材は変化する努力をしてくれます。

冬場の無垢材フローリングに生じるトラブルは、
大半が隙間です。

隙間は、無垢材の伸縮から生じます。

これは、無垢材が生きているという証なので、
無垢材そのものに不具合という事に
直ぐに結論付ける必要はありません。

まずは、春夏秋冬を過ごしてみましょう

数年はこの動きを繰り返す場合もあるし、
落ち着いてしまう場合もあります。

施工直後はどんなにうまく張っても、無垢材は生きています。
小さかれ、大きかれ、必ず動きます。

動いて盛上りや隙間が生じてしまっても、慌てず、
まずは季節が変わるごとに元に戻るかどうか様子を
みましょう。

それでもトラブルが解決しないようであれば、
その時に相談してみましょう。

いかがでしたか

自然素材の無垢材フローリングは、
私たちの「ぴったり、きっちり、綺麗」の当たり前感覚には、
少々遠い材料です。

でも、生きている自然のものを上手く取り入れ、
向き合う事が出来るのも私達次第です。

これからお正月を迎え、さらに寒さも厳しくなりますね。
無垢材フローリングも少し隙間が空いてくるかもしれません。

そんな時は慌てず、暖かくなる春を待ってくださいね。

アトピッコハウスにも「ごろ寝フローリング」という、
無垢材フローリングをご用意しております。

無垢材のメリットはもちろんの事、職人さんにも扱いやすい
と太鼓判を頂いているフローリングです。
資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢材フローリング 冬 寒い  | タグ: , , | 無垢材フローリングも冬は寒いんです! はコメントを受け付けていません。

本漆喰と、今の漆喰壁との違い

投稿日:2017年12月21日 作成者:


人気の高い塗り壁の中でも一番耳にしたことがあるのは
漆喰ではないでしょうか。

白鷺城と呼ばれる姫路城でも有名ですね。
寺社で使われることも多くあります。

漆喰には「本漆喰」と漆喰風があるのをご存知でしょうか。
現在のお家づくりに「本漆喰」が使われることは
少なくなっています。

「本漆喰」とはどのようなものなのでしょうか。

本漆喰とは

本漆喰とは?

自然素材の内装材専門メーカーアトピッコハウスの内藤です。
最近見かける漆喰は漆喰風のものが多かったりします。

昔の漆喰は「本漆喰」と呼ばれ、消石灰が主原料となります。
つなぎには麻スサ紙スサや海藻糊が使われたまさに自然素材です。

左官屋さんが自分で調合し、作っていたものなのです。
海藻糊を炊き、麻スサをほぐして混ぜ入れ、少しずつ
消石灰を練り込んでいく。

職人さん自らが丁寧に材料から作っていたのが
「本漆喰」なのです。

手間をかけ、大事に作られてきたのが分かりますね。

本漆喰の歴史

歴史をたどると平安時代の初期には壁材として
漆喰が使われるようになりました。
しかし、当時は大変貴重で高価な材料でした。

その為日本ではお城や寺社など使われることが主でした。
漆喰が火に強いため防火材としても大きな役割を
していました。

漆喰壁が昔から使われるのには耐火だけでなく、
防水、調湿、抗菌、防虫などの効果が高いためです。

江戸時代に入ると海藻などを使った安価な糊が使われるようになり、
漆喰は経済力のある商人の土蔵などに使われるようになりました。

それと同時に左官職人のサインでもある鏝絵の華麗な技術も
開花していきました。
鏝絵はいわば左官職人さんが描くアートです。

また魔除けなどの意味合いも入っていたと言われています。

本漆喰は調湿しない?

調湿するから漆喰を使いたいというお話をよく聞きます。

そもそも漆喰は防火対策の為に室内の壁に塗られるようになったの
ですが、壁の下地は土でした。

土壁の上に消石灰で出来た漆喰を薄塗りしたのです。
土壁そのものはかなりの厚みがありましたから、土壁の上に
漆喰を薄塗りしてもそれだけで調湿したのです。

つまり土壁+漆喰の条件で初めて調湿できるということです。

しかし、現代で使われている下地はほとんどが石膏ボードです。
石膏ボードには調湿性がないため、その上に漆喰を塗っても
調湿しないのです。

本漆喰の色

漆喰の色は白に代表されます。
それは原料が消石灰であるからです。

消石灰は石灰岩を原料とした白い粉です。
これに水を加えて壁に塗るので白い壁が一般的となります。

色の付いた漆喰もありますが、それは着色成分が混ざっている
漆喰ということになります。

着色には「顔料」が使われます。
岩や金属の微粉末です。
着色するというよりも原料の間に色の付いた微粉末が
分散し、着色したように見えるというわけです。

ということは均等に分散することが難しいので
色ムラが起こりやすいということです。

漆喰に色を付けることが難しいと言われるのには
色ムラが起こりやすいということも要因の一つです。

本漆喰と漆喰風の違い

「本漆喰」は先に書いたように天然の海藻や麻などを
使って作っていました。

現代では天然の物のみで作られる「本漆喰」の需要は
少なくなりました。

材料としての自然素材が入手困難であったり、
高価だったりする為です。

そのかわりに化学樹脂を接着剤として使ったり、
化学繊維で出来たスサを混ぜた、新建材の漆喰が
生まれています。

これは「本漆喰」とはほど遠いものです。

いかがでしたか

「本漆喰」は昔ながらの自然素材です。
素材も自然のもので作られています。

でも漆喰風で売られている物には
自然素材といえないものも含まれていたりします。
素材選びをきちんとして気持ちの良い家づくりをしたいですね。

アトピッコハウスでは、調湿性の良い漆喰風の
塗り壁漆喰美人をご用意しています。

本漆喰のようなツルツルな仕上げは難しいですが、
キメ細かくツヤのある美しい塗り壁です。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 本漆喰 漆喰風 違い | タグ: , , | 本漆喰と、今の漆喰壁との違い はコメントを受け付けていません。

新築の内装 ビニールクロスは嫌なんです

投稿日:2017年12月20日 作成者:


新築で一番ワクワクするのが内装選び。
家づくりの中でも、
一番楽しい部分です。

白っぽいフローリングにするのか
深い色を選ぶのか。

ピンクや黄色の壁紙の他、
花柄も、ストライプも選び放題。
最近は塗り壁も多種多様。

インテリアを引き立たせるのか、
インテリアをシンプルにするのか、

それこそお金さえ出せば、
どんな色柄でも手に入るのが日本ですから
選び放題です。

でも色柄だけを気にする家づくりで、
本当にいいのでしょうか。
100円ショップだって、多様な色柄が選べる時代。

一生に一度の新築で、
それは、ちょっと勿体ないと思うんです。

なぜビニールクロスを勧められるのか

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

アトピッコハウスには
「すっぴんクロス」という布クロスがあります。

布クロスとは、
綿や麻などで作られた壁紙のこと。
仕上がりのイメージは、
洋服の生地が家全体を包み込んでくれている
感じです。

でも新築の内装の90%以上が、
ビニールクロスということを考えると、

そんなクロス、
いったい誰が、どこに使っているのか、
不思議ですよね。

布クロスは主に、
高級ホテルや神社仏閣で使われていますが、

アトピッコハウスの布クロス「すっぴんクロス」は
発売して20年。
もちろん新築住宅の内装を中心にお使いいただています。

本来は高級ホテルで使われるようなグレードを
デザインをシンプルにすることで
新築住宅の内装にも使える価格帯を実現させました。

もちろんビニールクロスと比較すれば
高級品となりますが、

ビニールクロスからの仕様変更が簡単なことから、
注文住宅の新築内装にお使いただいています。

そして20年という時間が、
実際にお使いいただいた方の
声を運んでくれるようになりました。

自宅をおよそ10年前 すっぴんクロスを貼りました。
クロスを貼る業者は布クロスはほつれるし
だんだん見栄えが悪くなるからやめた方がいいと言いましたが
2階全室と階段廻りすべて貼りました。
10年経った今 貼り具合も見た目も
何も変わらす、もちろん静電気の黒ずみもなく
きれいなままです。
ビニールクロスだと10年経ったらもう汚くなっているだろうなと思います。

10年使ってみて、
黒ずみもまったくないという
嬉しい声をいただきました。

このお客様のお話からすると、
施工業者の方は、
ビニールクロスなら

(1) ほつれないし
(2) 見栄えが悪くならない

思っていたようでしたが、
本当でしょうか。

(1)ビニールクロスは、ほつれません。

布クロスである「すっぴんクロス」がほつれるのは、
洋服の生地と同じ、
綿や麻でできているからです。

新しい化学繊維は、ほつれない素材も出ているようですが、
生地がほつれてくるのは、一般的です。

当然、ビニールクロスはほつれたりしません。

ビニールクロスのイメージは食品用のラップ。
裂けることはあっても、
カット面がボロボロとしてくることがないのと同様、

ビニールクロスもほつれることはありません。

ほつれるのは、布クロスの特徴の1つですが、
「すっぴんクロス」はほつれ止め加工を施しているので、

よほど施工技術に問題がなければ、
10年経過しても、美しい状態をキープすることができるのです。

(2)ビニールクロスは、見栄えが悪くならないのか?

築40年ぐらいの古い家をイメージした時、
壁がベタベタしたり、黒ずんでいる光景が浮かぶ方は
多くいらっしゃいますよね。

居住年数が短い場合は、
その汚れが気にならないかもしれませんが、

それなりの年数のお住まいでは、
壁の汚れが気になるケースが少なからずあります。
新築内装の90%以上がビニールクロスということを考えると、

つまりそれは
ビニールクロスの見栄えが悪くなる、ということになります。

ビニールクロスの壁は、
全体にベタベタして、
ホコリが貼りついているようになります。

その汚れの原因は、
静電気とホコリと湿気と脂です。

ビニールクロスは静電気を持ちやすいアイテムです。

その静電気に部屋中のホコリが吸い寄せられます。
吸い寄せられたホコリに、
湿気が含まれ、ペタっと貼りつきます。

キッチン周辺であれば、
脂も含まれベタっとするのです。
壁の汚れた水拭きで綺麗にならないのは、

こんなロジックがあるからなのです。

ではなぜ布クロスを否定するのか

すっぴんクロスの家に暮らして10年の方は、

貼り具合も見た目も何も変わらす、
もちろん静電気の黒ずみもいとおっしゃっています。

糸がボロボロして来ないし、
黒ずみもないのに、
なぜ布クロスを嫌がるのでしょうか。

ビニールクロス全盛期の前、
日本のほとんどの家は、布クロスが貼られていました。

当時の布クロスは確かに、
みすぼらしくなってしまいお客様(建て主様)の評判も悪かったのです。

それを知っている業者の方は、
布クロス=みすぼらしくなる

と親切でアドバイスをしてくれています。

アトピッコハウスは、
布クロスがみすぼらしくなってしまった理由を解明し、
その原因を取り除き、
「すっぴんクロス」として20年前に発売をしたのです。

もちろん「すっぴんクロス」が布クロスの欠点を
100%解消はしていません。

だから繋ぎ目が目立つし、
ビニールクロスと比較すると、
施工は、けっして簡単ではありません。

そして、その仕上がりは
施工の腕に左右をされる。

つまりは施工者責任が大きい。

逆に言えば、
責任ある仕事をしっかりとしたい方は、

「すっぴんクロス」を喜んで施工してくれます。

だって腕に自信がある証拠。
それはお客様へのPRポイントになるからです。

「すっぴんクロス」を使いたいお客様(建て主)と、
施工業者とのやりとりをマンガで説明をしてみました。
より詳しく、ご理解いただけるサイトになっています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 内装 ビニールクロス 嫌 | タグ: , , , | 新築の内装 ビニールクロスは嫌なんです はコメントを受け付けていません。

畳のお手入れの基本

投稿日:2017年12月20日 作成者:


今年も残すところ1週間ちょっとですね。

11月の終わりごろから、アトピッコハウスの畳の施工を
お願いしている畳屋さんも大忙しです。

テレビでは、香川県松山市の道後温泉本館の
畳替えの模様が放送されていました。

道後温泉本館を気持ちよくご利用いただくため、
1年間の汚れを落として新たな年を迎える準備をします。

神の湯2階大広間をはじめ、休憩室の畳替えなどを
市内の畳屋さんが協力をして、スタートと同時に

自社に持ち帰り、1日で張り替えます。

その作業スピードと言ったら職人技!!
あっぱれでした。

畳がある部屋も減っているここ最近の住宅事情。

お掃除方法だってきちんと知っている方も
少ないかもしれません。

今回は、知っているようで知らない畳のお手入れについて
お話してみたいと思います。

畳掃除の注意点

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

畳の表面は細かい凹凸があります。

そこにほこりやダニが潜んでいます。

畳は畳の目に沿って掃除をするということが基本です。

簡単に化学モップを使ってしまうと表面に薬剤が
付いている場合があります。

畳にとっては有害ですのであらかじめ粘着ローラーなどで
ごみを取り去ってからほうきで掃除をするようにするといいですね。

ウエットシートで掃除をすると、
一見汚れが手っ取り早く取れるというイメージがあるのですが、
湿気に弱い畳にとっては、向いていないお掃除方法です。

畳の特性

畳には、非常にすぐれた保温性・調湿性があり
気持ちのよいものなのですが、扱いようによっては
衛生的ではなくなってしまいます。

1)湿気を嫌います。

2)たたみは消耗品、目安は、2、3年で裏返し、
さらに2~3年で畳表を取り替えるのが目安です。

3)水拭きを行なうことは畳の表面の天然ワックスの
役割をしている白土が取れます。取れてしまうと
光沢がなくなるばかりか、寿命も縮めます。

そんな点を踏まえてお手入れをしてみてください。

どんな掃除方法が良いの?

簡単なようで意外とお約束事が多い畳掃除については、
何よりも乾拭きやほうき掃除を畳目に沿ってかけて
あげるだけでOKです。

このお掃除方法を中心に行うようにすれば、
畳を傷つける事も少ないです。

畳は、ジメジメとした日本の気候風土に最適であることから、
古くから使われてきましたが、また畳は湿気を苦手とする為、
天気の良い日は、窓を開けて風を通してあげるとよいですね。

それ以外のメンテンス方法

畳は畳床、表面ござ部分の畳表、そしてフチ部分の畳縁の
構成となります。この構成する素材でもっとも傷みやすい
のが畳表ゴザ部分です。

畳表はその使用年月によって、定期的なメンテナンスが必要です。
畳の表替えと裏返しは、この表面のゴザを張り替えるメンテンスと
ひっくり返メンテナンスです。

畳の裏返しと表替え

新品の畳を使用して、3年から5年程度経過すると、
畳表が日に焼けたり、擦り切れて傷んできたりします。

この様な時に行われるのが、畳の裏返しです。

畳表は両面を使うことができるため、
畳表を反対に引っ繰り返して畳床に貼り直すことで、
綺麗な畳にリフレッシュする事ができます。

畳表の痛み具合にもよりますが、
目安として2~3年以内であれば十分に青々と
綺麗にリフレッシュすることができます。

畳床および畳表は既存のものを使いますが
縁は新しいもの交換します。

この裏返しは、一度裏返しにした畳は、
次回に裏返しはできません。

表替えは、畳の表面ゴザ部分が擦り切れたり、
ササクレてきたり、黒ずんだ汚れが全体的にでてきた時期に、
畳床はそのままで、畳表と畳縁を新品に交換する事を表替えと言います。

畳表面のイ草が新品になると、
い草の爽やかな気持ちの良い香りがお部屋に広がります。

新しいイ草ほど、お部屋の空気中循環の効果が高く、
とても健康的です。

畳替えのメンテナンス時期としては、4年から8年位が目安です。

このメンテナンス方法は、
畳の心材に相当する畳床までは交換しませんので、
踏み心地は大きく変わらない点は注意が必要です。

畳がへたって凹んできた、
畳の上を歩く時にへこむ間隔がある等は、
畳の表替えでも解消されません。

新畳への畳替え交換が必要になります。

いかがでしたか

知っているようで知らない畳のお手入れ方法。

難しい事は無いのですが、日本人にはなじみの深い畳。
心得ておくと、安心ですね。

アトピッコハウスではワラ床を使用したイ草の香りが
とても気持ちい「ほんものたたみ」をご用意しています。
表替えも承っておりますので、ぜひご検討くださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 畳 お手入れ  | タグ: , | 畳のお手入れの基本 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングにおける特徴

投稿日:2017年12月15日 作成者:


フローリングのお部屋は高級感があり、人気の高い内装材と
言えます。

寒くなってきたこの時期、床暖房などもご検討されて
入る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一言でフローリングといっても色々あります。
どのような特徴があり、どんなところに気を付けて
選んだらよいのでしょうか。

複合フローリングの特徴とは淡いピンクから濃い赤へ美しく変化するチェリー

自然素材の内装材専門メーカー アトピッコハウスの内藤です。

複合フローリングとは2層以上の層を持つフローリングを
言います。
複数の板を接着剤で張り合わせた板の表面に薄くスライスした
天然木を張り付けた物です。

夏の湿気や冬の乾燥により伸縮する無垢フローリングに
比べ、反りや膨張などが起きにくくメンテナンスが楽な事が特徴です。

遮音性能が付いたものもあるのでマンションなどの集合住宅では
多く採用されています。

無垢フローリングの特徴とは

無垢フローリングは張り合わせのない、天然木を切ったそのものの
フローリングを言います。

木本来の暖かさや柔らかさ、肌触りの良さを感じることが出来ます。

先にご案内したように、夏場の湿度を吸って膨らみ、冬場は湿気を
吐き出し縮みます。

無垢フローリングは生きているため、呼吸をしながら調湿をしてくれるのことが
特徴です。

木材自体が湿気を蓄えたり吐き出したりすることにより、
隙間が出来たり、反りや突き上げが生じることがあります。

こういったことをご心配される方もいらっしゃいますが、
正しい施工をすれば問題はありません。

また、春夏秋冬季節を一周する頃には環境になじみ、落ち着いてきます。

床暖房用の無垢

無垢材は乾燥や熱によって伸縮する特徴があるため、
床暖房との相性はよくないというのが昔の見解でした。

今では、加工の仕方や乾燥の方法により床暖房に対応できる
無垢フローリングも増えてきています。

ただ、無垢材は急激な温度変化に弱いため、施工後1年は
床暖房の温度設定を「低」にキープして使うことで
反りやけば立ちを最小限に抑えることができます。

無垢材ならではの優しさ

木は他の素材に比べ熱を伝えにくいという性質があります。
触れたときに暖かく感じるのは木が手の熱を奪わないからです。

熱々のお味噌汁を入れた木のお椀は手で持てますし、冷めにくい。

木のお椀は木の持つ断熱性や保温性を上手く利用した
日本人の知恵なんですね。

木の香りが心を落ち着かせて癒しの効果があるということは
科学でも証明されているそうです。

無垢フローリングの経年変化

無垢フローリングは経年変化を楽しむと言われますよね。
経年変化とはどのようなものなのでしょうか。

施工をしたての頃は淡い色合いで若さを感じますが、
3年、5年と経つにつれて無垢の細胞に含まれている樹脂が
徐々に表に出てくることで色の変化が出てくるのです。

変化する濃度は木に含まれる樹脂の量で異なります。

年を重ねるごとに艶や深みのある色合いへと変わっていく
無垢ならではの質感や素材感を楽しむことが出来ます。

いかがでしたか

無垢材は見た目の良さだけでなく、人や空間にも優しい素材です。
質感や色味節の特徴などでたくさんの表情を見せてくれます。

選ぶものにより部屋の印象だけでなく住む人の気持ちも
替えてくれます。

肌触りや感触も含め選ぶポイントをきっちりおさえて
素敵なお家づくりが出来るといいですね。

ぜひ無垢フローリングとの生活を検討してみて下さいね。

アトピッコハウスでは足の裏が喜ぶ、ごろ寝フローリングを
取り揃えています。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。
はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 特徴 | タグ: , | 無垢フローリングにおける特徴 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー