アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
2枚のカットサンプルで強度をチェック!

新築の壁紙の選び方

  • 02
  • 6月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

新築の壁紙の選び方といえば、
建築会社が見本帳を持ってきて、
その中から選ぶというのが一般的です。

すっぴんクロスの資料

しかし、数百種類の中から選べと言われても、
どういった基準で選べばいいのか?

大抵の人は、困ると思います。

そして、部屋毎に、インパクトのある製品を
選んだりする。

私は、新築時の壁紙の選び方こそ、
シンプルにした方がいいのではないかと思っています。

壁紙メーカーは、5年、10年で、
壁紙を張り替えてくれることを前提に考えていますし、

事実ビニール壁紙などは、その期間で、
張替え時期に入ることが多いようにも感じます。

でも、実際には、
皆それほど頻繁に壁紙を張り替えていなくて、

新築時に貼った壁紙のまま、
20年、30年過ごして、
建替えや、大規模リフォームの時に、

やっと壁紙を張り替える。

すると、新築時に選んだインパクトのある壁紙が、
ずーっと壁に貼られていることになる訳です。

部屋のインテリアは定期的に変えた方がいいし、
気分転換にもなるし、

部屋の用途が変われば、
壁紙の色柄も、

それに相応しいものであった方がいいと思います。

だから、私としては、
新築時に選ぶ壁紙は、シンプルなものがいいと
思いますね!

白とかベージュといった無難な無地のものにしておく。

そして、カーテンや家具、グリーン、
ポスターやカレンダーなどで、

イメージチェンジを図る。

もし、新築時に選んだ壁紙が、
ガチャガチャと主張し過ぎると、

模様替えや、部屋のイメージチェンジも
ままならないと思うのです。

沢山の見本帳を渡されると、
ついつい部屋毎に、奇抜な壁紙を選びたくなる
と思いますが、

そこはグッとこらえて、
シンプルなものにすることをお勧めしたい。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」は、
全30種のカラーバリエーション。

糸の種類とか織り方で、
バリエーションを出していますが、

基本いたってシンプルです。

用途に応じて、汚れが目立ち難いとか、
水周りにも使えるといった特徴はありますが、

壁紙そのものが強く主張しすぎるということは
ありません。

一般的に壁紙の選び方は、
壁よりも天井を薄い色にすると、

天井が高くみえるし、圧迫感がないという物です。

基本この程度の判断基準で、
子供部屋も、寝室も、居間も、食事室も、
全部一緒でいいと思います。

一度張ったら、なかなか変更が難しい
壁紙のことですから、

壁紙そのものは、シンプルなものにして、
他のインテリアで、

様々に楽しむ方がいいと思います。

新築時の壁紙の選び方が、
色柄だけを優先するというよりは、

素材を中心とした選び方もあっていいと思います。

今、流通している「普通の壁紙」の90%は、
ビニール壁紙です。

色柄は確かに豊富ですが、
世の中には、ビニール以外の壁紙もあります。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」は、
織物壁紙なので、

若干値段も高いですが、
調湿性もあるし、そもそも丈夫です。

ちょっと何かを引っかけた程度では破れないので、
それもメリットの1つだと思います。

本物の「クロス(布)」なので、
豪華だし、温もりがあります。

高級ホテルなど、こだわりのある建物では、
今でも普通に織物壁紙が使われているのです。

壁紙の選び方を詳しく解説したページを
作りましたので、こちらもご参考ください。

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら