アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
アトピッコハウスのフローリング

無垢材の選び方

  • 02
  • 5月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

おしゃれな合板フローリング、増えてますね。

アトピッコハウスのフローリング

最近、資料請求を頂いた際に、

「グレーの床材を探しています」

というご意見を拝見しました。

最近のおしゃれなお部屋では、

グレーの床にして、
クールな印象を与えるインテリアがあるようです。

知人の家で、グレーの床を見たことがありますが、
どこかのモデルハウスのようで、
とってもスタイリッシュな空間でした。

おしゃれと言えば、

鎌倉では、
おしゃれな古民家カフェやレストラン、
古民家の会社やフリースペース、

最近では、邸宅を改装して結婚式場にするなど、

古い洋館を利用して営業しているのを良く見かけます。

当然、古民家にはもともと新建材は使われていないので、

改装の際にも、無垢や土間など、
昔からある建材を使って雰囲気作りをしているようです。

・・・そうなのです、

レトロな雰囲気にも、
和風、モダン、シンプル、ナチュラル、カントリー…etc.

何でもに合ってしまうのが無垢のすごいところ!

本格派の邸宅に、合板フローリングを貼ったら、
そこだけ浮いてしまうこと間違いなし。

どんなお宅にも、すっと溶け込むのが無垢なのです。

さて、おしゃれ空間を演出するのにもってこいの無垢ですが、

樹種はたくさんあります。

どれにしようが選ぶ際、
色で考えてはいませんか?

私もアトピッコハウスに入社するまで、
なんとなく色で選ぶものと考えていました。

でも実は、色から入ると、
無垢選びはうまくいかないことがあります。

なぜなら・・・

(理由1)
一本の木から、様々な風合いのフローリングができます。
色が濃かったり、白っぽさがあったり・・・
「この色!」と思って選んでも、
実際に施工してもらうときに、
床全体均一にその色が現れるわけではないのです。

(理由2)
樹種によって、性質も異なります。
色が違うだけではないのです。
木の特徴を理解して選ばないと、付き合い方で戸惑うことも。

・・・木の特徴???

種類としては、大きく分けると

針葉樹と広葉樹がありますね。

(針葉樹)
尾鷲ヒノキとヴォルドーパインの2種類をご用意しています。

やわらかくぬくもりがある質感が特徴です。
そのかわり、キズはつきやすいです。

でも、やわらかいから、
スチームなどを使ってキズをある程度直すことができます。

(広葉樹)
ナラ、カバ、ホワイトオーク、メープル、ホワイトアッシュ(タモ)、
チェリー、ウォルナットの7種類をご用意しています。

これらをいっしょくたに説明するは
少々乱暴なのですが、

一般的に、広葉樹は、
硬質で加工・施工しやすい樹種が多く、
キズがつきにくいです。

その他の選び方ですと、

広い部屋で木目の美しさを楽しみたい方は
ホワイトオークやホワイトアッシュ。

上品で均一な仕上がりが好きな方は、
メープル。

芸術のような様々な風合いを楽しめる、
ウォルナット。

水回りには、
湿気に強い尾鷲ヒノキ。

このように、樹種によって特徴や用途は様々です。

これではますます迷わせてしまうかもしれませんね・・・

実は
アトピッコハウスの無垢材サイトでは、
「床選び診断」コーナーがあります!

ご自身が何を求めているか?
自分の生活スタイルにはどんな樹種があうのか?

見極めて樹種をえらべば、

住んでから、床と気持ちのいい付き合いができそうですね!

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら