アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

無垢材に囲まれる幸せ

  • 10
  • 6月
  • 2015

こんにちは! 無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

家の中に無垢材があるなんて、夢のよう。

憧れの、無垢フローリングの生活

我が家は社宅の賃貸マンションで
内装は当然ながら
ビニールクロスにクッションフロアです。

いつまでここに住むかわからないし
自分の持ち家でもないから、
今この住まいを、塗り壁や無垢床、畳に
変えるというのは現実的ではありません。

けれど、アトピッコハウスに
入社してからというもの、
すっかり自然素材の虜になってしまった私。

本物の自然素材を知ってしまった今となっては、
ビニールクロスの壁や
木目がプリントされたビニールの床や家具は
安っぽくてペラペラにしか見えません。

それに、ぴっちりと貼り付けられた
ビニール素材は、空気を通さないので
どことなくムッとした息苦しさを
感じるときがあります。

最近の住宅は、気密性が高いので
余計にそう感じるのかもしれません。

だから、私はいつもいつも、
何とかして自然素材を我が家に
取り入れられないかと考える毎日だったのです。

床も壁も変えられないなら、
他に変えられるものは…?!

ずっと使えて、新しい住まいが出来た時に
持っていくことができて施工もいらないもの。

…という訳で、我が家に無垢材の家具が
今年は二つも仲間入りしたのです!

一つは、ずっと念願だった無垢材のデスク
これはミシン台として利用しています。

憧れ続けた!ダークウォルナットのミシン台

こちらはダークウォルナットの自然塗装です。

もう一つはラダーラック

ヒノキ無垢材のラダーラック

これは、ハシゴのような形をしていて
洋服やスカーフ、バッグなどの
一時置き場として役立つものです。

これはヒノキの無垢材です。

これらが我が家に来てからというもの、
私の気持ちの豊さが 大きく変わりました!

まず、帰宅して玄関の扉を開けたときの
香りが全然違います。

これまでは、ちゃんと換気をしても
昨晩のカレーの香りがほのかに残っていたり
梅雨時期だと部屋干しのいや~なニオイが
漂って来たりしていました。

けれど今では、扉を開けたら
フワッと木のいい香りが鼻腔をくすぐり
疲れて帰ってきた心を、心地よく
癒してくれます。

それもそのはず。
ヒノキの香りには「癒し」効果があると
医学的に証明されているのです。

森林浴に行くと癒される
…というのは 木々の香りの効果によるものも
大きいのかもしれません。

さらに、ビニール製の建材や床・家具と
大きく異なるのが、その手触り。

ビニール製のものは、触ったときに
ヒヤッと無機質な手触りがするのに対し、

無垢材は生命の温もり、ともいえる
あたたかさを感じます。

無垢材のミシン台を導入してからというもの
机の上に散らばった糸くずを集める退屈な作業でさえも、
木の温もりを感じる楽しい時間に変わりました。

それに、何と言っても楽しいのが、
1本1本の木に個性的な「節」を
見つけること。

節は自分だけの宝探しのようで楽しい!

自分だけの無垢材の楽しみ方だと感じています。
何といっても、無垢材の1本1本は
それぞれに世界に1つだけなのですから!

私が取り入れた、無垢の生活は
ほんの1㎡にも満たない小さな小さな変化です。

そんな小さな変化ですら
こんな幸せと楽しさと癒しを
もたらしてくれたのですから

これが家づくりだったら
… 部屋全面が無垢フローリング

部屋のどこを歩いても
足触りのいい無垢の床。
きっと玄関に入ればもう木のいい香りが
漂ってくるに違いありません。

ごろ寝フローリング

無垢の木がもたらしてくれる
癒しと幸福感を知ってしまったら
無垢材を使わないという手はもうありません!

皆様にも、素敵な「無垢材ライフ」が 実現しますように…!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら