アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
ビニールクロスが基本仕様なのは何故

自然素材の壁 布クロス

  • 05
  • 1月
  • 2018

新年明けましておめでとうございます。

新しい年が始まり、新たにお家づくりを
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的な壁紙はビニールクロスが多いですが、
アトピッコハウスにお問い合わせをいただく方の
多くは自然素材の使用を希望されています。

塗り壁が理想だけど、予算が合わない。
でもビニールクロスは使いたくないというお客様に
ご案内をさせていただいているのは布クロスです。

布クロスを採用するのは難しいことなのでしょうか。

10年前に施工した布クロス

布クロスは高級感のある自然素材

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

先日、こんな嬉しいお話をいただきました。

ご自宅を10年ほど前にすっぴんクロス(アトピッコハウスの布クロス)
でリフォームされたとのこと。

その際に業者さんからは布クロスはほつれるし
見栄えが悪くなってくるから
やめた方がいいと言われたそうです。

結局押し切って広い範囲で施工した所、10年経った今でも
貼り具合も見た目も何も変わらず、綺麗なまま使われているということです。

すっぴんクロスを採用したことでとても満足されていました。

業者さんにとっての仕様変更

業者さんはなぜ布クロスの採用を危惧されたのでしょうか。

施工する側からすると出来ればいつも同じ商品で家づくりをしたい。
使い慣れていて施工も簡単なビニールクロスを使った方が
仕上がりも早いし、キレイに仕上がる。

不具合も想定できるし費用だって予測できます。

ですが、標準仕様ではない商品を使えば必ず差額が出るし、
日数だって余分にかかります。

建築会社は差額が出ることを懸念します。
それはお客様を思ってのことなのです。

理想を追えば追うほど差額が大きくなります。
それによってその後の生活が大変になってしまっては
元も子もない。

そのような考えあってのことなのです。

まず欠点を知る

布クロスは塗り壁に比べ予算をおさえて
自然素材を取り入れることが出来ます。

ですがビニールクロスに比べると高価にはなります。

ジョイント(クロスとクロスの張り合わせの部分)が目立ちます。

自然素材特有のことですがクロスのロットによっては
同じ品番でも色味が違って見えることもあります。

これらは数か月生活するうえで目立たなく、
気にならなくなっていきます。

建築会社に布クロスを使ってほしいという際に
こういったデメリットも承知の上だということを
伝えるのも採用に大きく近づく一歩となるかと思います。

布クロスの長所

塗り壁に比べると安価ですが、高級感があります。
結婚式場やホテルなど格式高い場所で使われています。

吸音性もありますし、通気性も良い。
そして強いです。

糸を織って作っているのでちょっとやそっとでは
破れませんし、ビニールクロスのように経年変化により
性質が変わってくることもありません。

なにより自然素材ですので化学物質などを気にされる方でも
安心してお使いいただけます。

布クロスを採用する際の注意点

布クロスはビニールクロスよりも施工が難しいことは
先にも書きました。

つなぎ目が目立ちやすいことや、自然素材なので
施工の際に布が多少伸縮したりすることが
理由となります。

布クロスの施工の経験が豊富な職人さんに
施工をしてもらうことが大切です。

いかがでしたか

自然素材の壁=塗り壁のイメージが強いですが、
予算をおさえて自然素材を取り入れるには
布クロスがおすすめです。

布クロス特有の高級感をぜひお家づくりに
取り入れてみて下さいね。

アトピッコハウスでは上質な布クロスすっぴんクロスを
取り扱っています。
資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら