アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
尾鷲ヒノキの魅力

経年変化は無垢フローリングの醍醐味

  • 05
  • 7月
  • 2018

皆さんは、無垢フローリングにどのようなことを
望んでいらっしゃいますか。

気持ちのよさはもちろんですが、
キズはつけたくない。色が変わらないもの。
汚れにくいもの。などもお考えなのではないでしょうか。

高い買い物になりますし、安易には
決めかねてしまいますよね。

ただ、理想通りに仕上げたい。と
色々調べていくうちに迷路に迷い混んでしまい、
どう選んだらいいかわからなくなってしまう方も
いらっしゃるようです。

難しいところですが、無垢フローリングに
絶対はありません。

キズも付きますし、色も変わります。

良い意味での経年変化を楽しめるのが
無垢フローリングの醍醐味であるのですが、
変化を懸念される方もいらっしゃるようです。

自然素材は一つ一つ表情が違う

尾鷲ヒノキの魅力
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

アトピッコハウスではキャラメル型の箱に入った
小さなフローリングのサンプルを差し上げています。

先日、その小さなサンプルと、大きめのフローリングサンプルを
見比べたところ色が違うというご指摘を受けました。

どの樹種でもいえることですが、
無垢フローリングは一本一本表情が違います。

色や木目、節なども全く同じものはありません。
生きている木を切って使わせていただいているからです。

光の具合で見え方は変わる

サンプルは小さいほうが色が濃く感じます。
これはフローリングに限ったことではなく、
塗り壁の色見本などでもいえることです。

色は光の反射によって見え方が変わります。

窓の位置や家具の置き方や光の入り方により
印象と違うということは多々あり得ます。

均一の仕上がりとなるペンキや合板フローリングに比べ、
自然素材はいろんな表情を見せてくれます。

個性が嫌なら自然の物は使わないほうがいい

もし、表情の違いを望まないのであれば
合板フローリングやクッションフロアを
使っていただいたほうがいいのです。

薄くスライスしたフローリングを合板に
張り付けた合板フローリングや
プリントされたクッションフロアは
均一の仕上がりとなります。

ただ、合板フローリングやクッションフロアは
劣化します。

無垢フローリングと違い、劣化したら
張り替えるしかありません。

フローリングの塗装の種類

塗装をしてある無垢フローリングでは経年変化はないのでしょうか。

塗装の種類は2種類あります。

自然塗装(ナチュラルオイル)はフローリングに
染みこんでいくタイプのオイル塗装です。

こちらは木の呼吸を止めない程度の被膜しか
作りませんのでやはり経年変化は出てきますが、
塗膜がない分、木材の持つ特徴がダイレクトに伝わります。

UV塗装品(コ―ティング仕上げ)は表面に
しっかりとした塗膜を作りますので
比較的変化に時間を要しますが、
やはり家具を置いた場所など色の変化は出てきます。

色々考えずに自分の直観で選ぶのも大事

キズや汚れが目立つか、どんな色になるのか、
気にはなりますが、最終的には直感を大事にされた方が良いかもしれません。

どの素材にもメリット、デメリットはありますし、
その特徴と上手に付き合うには、
自分が好きな素材に囲まれて暮らすことが一番です。

自然素材と上手に付き合うコツは「おおらかさ」です。
欠点が見えてきても、相手が好きであれば許容できるということと
同じことです。

いかがでしたか

無垢フローリングは生きている木材です。
ですので、変化はつきものとお考え下さい。

そこが無垢フローリングの醍醐味なのです。

決まるまでは悩みますが、住み始めれば無垢フローリングの魅力を
実感していただけると思います。

はだし生活の快適さだけでなく、キズ1つ1つを家族の記録と
感じられるなど、無垢材の成長を楽しみながら
じっくりお付き合いただけるのも無垢フローリングの魅力のひとつです。

キズや汚れもおおらかに包みこんでくれる無垢材。
こちらもおおらかな気持ちで向き合いたいですね。

アトピッコハウスでは気持ちの良い無垢フローリングを
ご用意しております。

ごろ寝フローリング

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら