アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

無垢フローリングは色で選ぶべきなのか?

  • 18
  • 6月
  • 2016

無垢フローリングを選ぶときの判断材料として
「色」を挙げる方は多い。

確かに、インテリアに与える色の影響というのは大きく
しかも壁と並んで広い面積を占める床の色となれば
部屋の雰囲気を決める大きな要素となるため
「色」にこだわりたくなるのもうなずけます。

でも、たくさん種類のある無垢フローリングの種類。
どうやって選んだらいいの?!という疑問にお答えします。

無垢フローリングの色の系統

無垢フローリングの色は様々、その変化も様々です。

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

無垢フローリングは樹種や産地によって、数え切れないほど
たくさんの種類があります。

山のようにある無垢フローリングの種類を
色という観点でざっくりと分類すると
「淡い色」「中間色」「濃い色」となります。

<淡い(明るめ)色>
パイン、メープル、ヒノキ、カバ、ヴォルドーパイン など
<中間色>
ナラ、ホワイトオーク、ホワイトアッシュ など
<濃い(暗め)色>
ウォールナット、チェリー など

同じ系統の色でも、節や斑、木目など「柄」の出方によっても
見え方がそれぞれ違ってきます。

インテリアの観点から選ぶ無垢フローリングの色

一般的に、リビングなどの家族みんなが集まる団らんの部屋は
明るく淡い色合いの床にするのが好まれます。
圧迫感がなく、部屋が広く見えるからです。

逆に、寝室や書斎などは濃い色味のもので
落ち着きと重厚感を出すのも素敵ですよね。

中間色の無垢フローリングは、どんなインテリアにでも対応しやすく
カーテンや家具がどんなものでも合わせやすいのが特長です。
だから、どんな用途の部屋でも使いやすいのです。

このように、無垢フローリングの色は
お部屋の用途や好みのインテリアに合わせて選べますが
気を付けたいポイントは、建具の色味です。

無垢フローリングの色と全く切り離して選んでしまうと
ちぐはぐでバラバラな印象になってしまいます。
逆に、建具までトータルでコーディネートすると
スマートでおしゃれな上級者のお部屋に仕上がります。

汚れが目立ちにくい無垢フローリングの色

インテリア的な観点だけで無垢フローリングの色を選んでしまうと
毎日の生活の中で「気になる点」が出てきてしまうことがあります。

それは、「汚れが目立つ」ということ。

汚れといっても色々ありますが、それぞれの色味で
目立つ汚れの種類が違うのです。

例えば、明るく白っぽい色味の無垢フローリングでは
髪の毛や糸くず、調味料などの食品の食べこぼしなど、
色のついた汚れが目立ちやすくなります。

逆に、色の濃く暗めの色味の無垢フローリングでは
ホコリや、パンくずのような白っぽい汚れが目立ちます。

そしてここでも、中間色の無垢フローリングは
どちらの汚れも目立ちにくいという優秀さがあります。
明るい色や濃い色のフローリングに比べて個性はうすいですが
毎日の生活のことを考えると、とても便利な色といえます。

当たり前のことを言っているようですが、
無垢フローリング選びをするときに、汚れの見え方まで
気が回る人はそれほど多くはありません。

ですが、日常生活の習慣にかかわってくることなので
床の色選びのときには頭の片隅に置いておいた方がいいポイントです。

どの部屋にどんな汚れが発生しやすいか、
そんなことをイメージしながら色選びをする
というのも一つの方法です。

無垢フローリングは経年変化で色が変わる

ただ、無垢フローリングで気を付けなければいけないのは
時間の経過とともに、「色が変化していく」ということ。

いわゆる「経年変化」と言われるものです。

主な変化の原因としては紫外線の影響が大きく
それぞれの木に含まれる成分によって、
変化の度合いが大きかったり小さかったりします。

それぞれの樹種によってどんな変化をするか、その傾向は違いますが
明るい色味の樹種はおおむね「あめ色」「褐色」に変化します。
時を重ねるごとに、深く濃く、味わい深い変化を見せます。

大きく劇的に色合いが変化する樹種としては、
ウォールナット、ブラックチェリーがあります。

ウォールナットははじめは紫がかった黒味ですが、
紫みが抜けて明るめの赤茶色に変化します。
薄い色から濃い色に変化する樹種が多い中で
濃い色から淡めに変化していく珍しい樹種です。

ブラックチェリーはさらに大きく変化します。
はじめは薄桃色(薄オレンジ色)だったものが
濃い深みのある褐色、琥珀色へと劇的に変化します。
その変化のスピードも、他の樹種よりも早いです。

ただ、無垢フローリングの色の変化は、
紫外線の影響だけがすべてではありません。

生活していく中で蓄積されていく脂分やシミ、
人が通ることによる摩耗などによって
色も様々に変化していきます。

だから、変化する色は目安であって、
施工される環境によって大きく違い、
誰も予想することができないのです。

無垢フローリングの色選びは、それゆえ
日の光と、生活の影響で施工した時とは大きく色が
変化していくことを念頭において選びたいですね。

いかがでしたか?

アトピッコハウスでは、無垢フローリング「ごろ寝フローリング」を
塗装の種類や厚みも含めて30種類以上のラインナップを
厳選して取り揃えています。

ごろ寝フローリング

加工の精度も高い、高品質の製品ばかりなので
無垢フローリングで心配される狂いや暴れが少なく
自信をもっておすすめできます。

無垢フローリングの色選びは、インテリアに大きく影響する
大切な段階だと考える方は多いです。

でも、時間の経過とともに変化していくことを頭に置いて
「どんな変化をするのかな?」と大らかに考えて
楽しんでその「色」と付き合っていくのが一番です。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら