アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

畳ニーズの変化、現在は小さな畳空間が人気

  • 01
  • 2月
  • 2019

我が家は中古マンションですが、
リビング隣接の和室がある間取りです。
和室ではアイロン掛けしたり、洗濯ものをたたんだり、
また、お客様が来た際の寝室としても使っています。

近年のマンション建築では、
我が家のようなリビングに隣接した6畳~8畳の和室がある間取りは
減る傾向にあります。そもそも和室がない間取りも多いです。

広い和室は減る傾向ですが、
最近はリビングに隣接した3.5~4畳位の和室や小上がり、
畳コーナーなど小さな畳空間が人気のようです。

昔と現代では畳の部屋のニーズにどういった変化があるのでしょう?

昔はお客様用の寝室、仏間などに使われた和室

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
昭和の家は畳の部屋にちゃぶ台が当たり前で、家族団らんの場でした。

マンション建築が増えてからも、
仏間にしたり、泊まりに来たお客様用の寝室に使われたり、
和室には用途があったのではないでしょうか。

畳に慣れ親しんだ世代の方には
和室は必須だったのかもしれません。

現代は、共働き家庭が増え来客の機会が減っているようです。
年1回、遠方に住むご両親が来るとして、
その機会だけのために和室があっても持て余すかもしれませんね。

現代は畳コーナーをあえて作る傾向?

使わない畳の空間を持て余すより、
リビングと一続きの洋室にリフォームする方も多いかと思います。

しかし、フローリングだと気軽にゴロゴロできないし
よちよち歩きの小さい子供がいたら、
滑って転んで頭を打ったりしたら大変ですよね。

洗濯ものを畳んだり、アイロンがけをしたり、
ちょっとした家事スペースとして使いたい。
小さい子供のお昼寝する場所として使いたい。

そんなニーズに応えられる小さい畳コーナーを
あえて作る方が多いのかもしれません。

畳をインテリアとして取り入れる方も多い

インテリア雑誌を見ていると、
畳半分のサイズ、半畳の畳が人気の傾向です。

市松模様に正方形の畳を敷き詰め、
アンティークのちゃぶ台や箪笥などを配置し、
あえて昭和の香りをさせた和モダンなインテリアが素敵です。

畳の自然な色味は無垢の家具や優しい色味のファブリックなど
北欧テイストのインテリアとも相性がいいです。

昔ながらのザ・和室も素敵ですが、
半畳サイズを敷き詰めた小さめの和室や畳コーナーであれば
隣接するリビングのテイストを崩さず、
取り入れやすいかもしれません。

半畳畳が人気だが、半畳畳=琉球畳は誤解です

半畳畳=琉球畳と思われがちですが。

琉球畳は七島イ草(しっとういぐさ)が原料です。
七島イ草は国内では、大分県にある約10件しかない生産農家で
栽培しており、流通しているほとんどが中国などの輸入品です。

い草など別の素材が原料で、琉球畳表と同じ目織をしているものや
縁なし正方形のものを総称して琉球畳と言ったりしますが、
実際は琉球畳風となるのではないでしょうか。

畳の原材料である「い草」に関しても、
流通しているのは中国産がほとんどです。

「い草」も「七島イ草」も、国産素材は高級品です。
質にこだわらないのであれば、和紙で作られた畳や
カーペット間隔で敷ける置き畳など安価な商品も流通しています。

本物の素材にこだわるなら、畳の特性を知ってほしい

畳は表面に張ってある畳表と、
畳の芯材にあたる畳床で構成されています。
畳表は「い草」、畳床は「稲わら」が主な原料で、
どちらも田んぼで生産される農作物です。

天然の素材は呼吸をしますから、畳と畳の間に隙間ができ、
表面の高さが均一にならない、
環境によってはカビが発生するなどリスクがあります。

ですが、隙間は夏場に小さくなり、冬場に大きくなることを繰り返します。
高さの均一さは1年経てば馴染んできます。
カビに関しては、日々換気などのメンテナンスを
して頂くことが大事です。

平らなフローリングに慣れた方には
最初違和感があるかもしれませんが、
デコボコして均一な高さではないのが本物の証拠です。

いかがでしょうか?

現代における畳のニーズとしては、
インテリアとしてや家事スペースとして小さな面積で
取り入れる方が多いのではないでしょうか。

畳は調湿、断熱、遮音というメリットがあります。
少しのスペースに敷くだけでも、気軽にごろごろでき、
赤ちゃんのいるご家庭にもおすすめです。

畳の検討をされている方は、
畳の特性を理解し、お使い頂ければと思います。
当社HPでも詳しくご説明しています。

ほんものたたみ

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら