アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お座敷列車@鎌倉駅

畳のぬくもり

  • 22
  • 11月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

お座敷列車乗ったことありますか?

お座敷列車@鎌倉駅

朝の連ドラでも、話題になりましたね。

電車大好きな子どもにつられて、
すっかり私も電車好き。
お座敷列車は、いつかは乗ってみたい電車の一つです。

写真は、以前、鎌倉駅のホームで見かけた車両。

反射して見づらいですが…内部です

車内をのぞいてみると、
畳が敷いてあり、テーブルに座椅子、
給湯ポットやカラオケまで完備されていました。

私が見たのは、いわきと鎌倉を往復する電車でした。

鎌倉は小さい町で、細い路地も多く、
車やバスの小回りがきかないので、

観光するには、どうしても徒歩が中心となります。

歩き疲れた後、帰りの電車に乗ってすぐに、
靴を脱いでリラックスできるのは、
とっても魅力的!

いわきまで長旅ですが、お座敷列車なら日帰りできますね。

靴を履いて歩くって結構疲れますし、

家にあがる際に靴を脱ぐ文化の私たちは、

靴を履く=外
靴を脱ぐ=家

といった感覚がありますから、
靴を脱ぐ行為で得られる安らぎには
とても敏感なのだと思います。

アトピッコハウスは民家を事務所にしていますので、
玄関で靴を脱ぎます。
ですから、仕事中はいつもスリッパ(夏は時々裸足)です。

また、セミナーに出席される工務店の皆様にも

靴を脱いで上がっていただきます。

革靴の方が多いですし、
遠方からいらっしゃる方が多いので、
スリッパに履き替える姿を見ると、

足の疲れが少しはとれるかな~と、つい思ってしまいます。

アトピッコハウスのセミナールームは無垢の床ですので、
踏みしめると、ぬくもりを感じます。

熱気あるセミナー開催中も、
足元は無垢の床にスリッパですから、

何となく、ほほえましくもあります。

ビジネスの場が無垢の床や畳だと、
なんだか和みますね。

足の裏は、「第二の心臓」

なんて言われているくらいですから、
やはり、床のぬくもりって、とても大切なんだと思います。

とくに、最近少なくなっている
畳の部屋は絶好のやすらぎスポット。

散策中も畳でホッと一息@建長寺

私も、
鎌倉散策をしようと友人と会い、
我が家に一度あがってもらったが最後、

畳の部屋でついついゴロゴロしてしまったことが何回もあります。

友人たちは、
「畳はやっぱり落ち着くね~」と口々に言い、
その子どもたちもゴロゴロ・・・

世代を問わず、畳のやすらぎはまだまだ健在なのです!

ですが、
原料価格の高騰や、
畳屋さんの相次ぐ廃業で、

畳は、以前よりも身近ではなくなってきているのも事実。

そんな中、
アトピッコハウスでは、貴重な存在である
「本物の」畳を提供し続けています。

資料請求は、こちら

畳表畳床の素晴らしさは、
以前のブログをぜひご覧ください。

ただでさえ貴重で、フローリングよりも高価な畳。

原料や製造方法を厳選して作られていますので、
「普通の畳」よりお値段は確実に上がります。

それでも、アトピッコハウスでは現在、
畳の注文やお問い合わせが絶えません。

大切な家族には、良いものを。
そして、
良いものを大切に使う、というお考えの方の声をよく聞きます。

最近とってもうれしかったのは、
畳をご注文いただいたお客様から頂いた

「いい畳を作ってくれてありがとう」

というお言葉。

現在、施工できるエリアは限られてはいますが、

小さな建材メーカーができる範囲、
つまり、私たちが管理できる範囲で

お客様にご満足いただける品質を保てるように、努力しています。

これからも、お客様に喜んでいただけるような畳を
提供し続けられるよう、頑張ります!

ほんものたたみと皆様に、どうかご縁がありますように。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら