アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お気に入りの塗り壁、笑顔で行きたいですね!

温故知新の「第三の建材」

  • 27
  • 11月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

第三の◯◯という言葉、よく耳にするようになりました。

珪藻土塗り壁「はいから小町」

今年登場したもので印象的だったのが
「第三の洗剤」。

これはキャッチコピーのとおり、
「粉末でも液体でもない」ジェルボールという
今までにない新形態の洗剤。
洗濯1回分のジェル状洗剤が
マジックフィルムに包まれているという代物。

他にはこんな「第三」も。

「第三のビール」は主原料を麦芽やホップなどに
限定しないビール系飲料の通称。
ビールや発泡酒よりも課税額を低く抑えることに
目をつけて開発されたもの。

「第三のエコカー」は、ハイブリッドなどの
最新の技術に頼らず、ガソリンエンジンで
ハイブリッドカーと同等の低燃費を実現した車。

こうして並べてみると「第三」って
何だか新しい物の登場の予感で
ワクワクしてきますね!

来年日本に登場予定の「第三」もあります。

それは、「第三のコーヒー」と呼ばれる
マイクロ・ブリュー・コーヒー。
これは、1カップずつ丁寧に淹れられた
香り高いコーヒーのこと。

「アメリカンコーヒー」と呼ばれる
あまり質の良くないコーヒー文化しかなかったアメリカに、
深煎りコーヒーを手軽に楽しめる文化を
持ち込んだのがスターバックス。

そこへ登場した「第三のコーヒー」と呼ばれる
マイクロ・ブリュー・コーヒーは、スタバに代表される
マニュアル化された店舗、同じ香りなどの
ファストフードスタイルから脱却し、

コーヒー文化の原点に帰って
一杯一杯を丁寧に淹れるという
スペシャルなコーヒーを追求したもの。

そんな「第三のコーヒー」を提供して
アメリカで毎日長い行列を作っている
「ブルー・ボトル・コーヒー」の日本1号店が
来年2月にオープンするそうです。

「第三」と呼ばれるものは
既存のものに付加価値をつけるために
工夫をこらして発展・応用させたものから

これまでの形態や概念を覆す全く新しいもの、
原点回帰してそれを徹底追求したものまで、
様々な形があります。

アトピッコハウスの建材は
“温故知新”の「第三の建材」です。

日本伝統の建材すなわち「第一の建材」
壁材は土壁に漆喰を塗ったもの、
床材は無垢板の間や畳というのが主流でした。

けれど、土壁はいつしか衰退し
それとともに漆喰の存在も薄くなり

洋風な生活スタイルの普及にともなって
畳の部屋は洋間に取って代わられ

旧い家や伝統建築にわずかにその影を
残すのみとなっていきました。

代わって台頭してきたのが「第二の建材」
ビニールクロスに合板フローリング
そして化学畳です。

これらは「化学建材」「新建材」とも呼ばれ
施工性の良さと、大量生産による破格の安さから
爆発的に広がっていきました。

これら新建材の「第二の波」は、
無機質で安っぽく
健康的とは言えないにもかかわらず、

今もまだ大勢を占めていて
現在の「普通」といえば
この「新建材」が

相場となっています。

アトピッコハウスはそんな建材業界に
「第三の建材」を浸透させるべく、
20年間突っ走ってきました。

それは、「自然素材」だけれど
旧来のものとは違う材料を使ったり
より機能的で、健康的で
なおかつ可愛い建材。

例えば、アトピッコハウスの「漆喰美人」は
古来の本漆喰の原料である消石灰は使わず、
化粧品や食品・医薬品の原料としても知られる
モンモリロナイトが原料。

それを「にがり」で固めているのです。

資料請求は、こちら

なぜ消石灰から脱却したかというと、
本漆喰の調湿性能は、
下地が「土壁」であることが前提だから。

つまり、石膏ボード下地が標準となっている
現代の住宅では、本漆喰の調湿性能は
思うように発揮されないのです。

アトピッコハウスがオリジナルで開発した「漆喰美人」は、
本漆喰の2倍の調湿性能を持ち
消臭効果・抗菌効果まで追加され

白しかない本漆喰とは違い、カラーバリエーションも
たくさんあるんです。

しかも、それらは全て自然素材で
実現できているのです。

さらに言うなら、消石灰は施工の際に
失明の危険がある素材ですが
漆喰美人の材料ならば、その心配も無用。

「自然素材」という
本来の魅力はそのままに

従来の材料を脱却したり、
新しい価値を加えた建材。

それがアトピッコハウスの開発した
「第三の建材」なんです。

それは漆喰美人にとどまらず、
珪藻土塗り壁のはいから小町にしても
織物壁紙・すっぴんクロスにしても
ごろ寝フローリングにしても同じこと。

自然素材を求めている方は
自然素材「そのもの」を求めているんじゃない。

気持ち良くて快適で
豪華で健康的なものを求めた結果、
自然素材に行き着いた。

アトピッコハウスはそう考えたからこそ
第三の建材が生まれたのです。

単なる自然素材ではなく、
先人の知恵に新しい工夫をプラスした
新時代の自然素材。

古きをたずねて新しきを知り、
伝統的でありながらも新しい
アトピッコハウスの建材は

皆さんの新しいライフスタイルに
きっと寄り添える建材です。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら