アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

告示対象外商品は‥

  • 26
  • 1月
  • 2007

シックハウス規制法ができて4年?かな。
浸透しているようで、していないよな~、と思うこと多し。

以前ご紹介した栃木県のK様邸でも、告示(規制)対象外商品の無垢フローリングと畳でひと悶着ありました。

担当の大工はシックハウス規正法の知識ゼロ。頼みの綱は、確認申請をしている設計士なのですが、ここがまたわかってなくて、小騒動。

使った建材全てにF☆☆☆☆のマークが必要

と思っているようで、最後までそこは理解してもらえませんでした。結局、珍しく弊社社長が、その設計士に向かって

もう少し勉強しないと恥ずかしいですよ

と、ズバっと言って不承不承ながら決着。その後、もちろん問題にはならなかった様子。

F☆☆☆☆というのはホルムアルデヒドのFでその使用量を示すマークな訳で、元々使っていない天然素材には不要。告示対象外にもマークがあれば良かったのでしょうが、それがなく、まるでF☆☆☆☆が最も良い!と誤解してしまうケースも‥。

天然素材は東洋医学と通じるところがあって、データや試験では計測できない、様々な利点があります。

それは五感で感じるもの。

五感が働いていないから、数値やデータだけの机上論だけで判断する。
特に、いのち と向き合うことのない男子に多い。アホらしくて議論する気にもなれない、と思っているメーカーも多いようで、必要もないのに資料を作ったりしている。

大手なら、もっと教育してほしいよな、と思うのだが、大手だからできないのだ。

データを希望する人は、

1mm隙間がある

とか言ってくる。
五感が働いていないことを、恥ずかしいと思ったほうがいい。

こういう発言をしても許される(と思っているだけかもしれないが)社会の流れになってきたことが嬉しい。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら