アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

職人の感覚

  • 09
  • 10月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの手島 ふみ子です。

「ラーメン屋さんに、うどんや蕎麦を作らせるのは難しいよね」

アトピッコハウスの無垢の床

これは、専務の例え話です。

アトピッコハウスでは今まで、重ね重ね何度も
自然素材の施工は、自然素材に慣れた工務店に
お願いするのがベスト
だと
お伝えしてきました。

でも、大工仕事をしたことがない私たちにとって
「大工さんが誰でも無垢材を施工できるわけではない」
ということを、なかなか理解できにくいものです。

そんな時に社内でこんな例え話をしてくれました。

つまり、ラーメン職人も蕎麦打ち職人も
「料理人」とひとくくりにできますが、

ラーメン屋さんは美味しいラーメンが作れるけれど、
美味しい蕎麦が作れるわけではありません。
逆の場合も同様です。

ラーメンも蕎麦も同じ「料理」ですから、
きちんと手順を踏めば、「それなり」のものができるのだと思います。

ですが、その完成度は、いつも作っているものの完成度には遠く及ばないはず。

蕎麦粉や、昆布、鰹節などの素材を、パッと見て、
それぞれの味を最大限に引き出すには、
経験が必要。

経験がなくとも、手順を踏めばそれなりのものができるかもしれません。
しかし、一見同じ動作をしているようでも、
経験値がないがために、
実は仕上がりが大きく違ってきてしまうのです。

優劣ではなくて、土俵が違うのです。

新建材と自然素材の関係も然り。

新建材の経験が豊富な工務店さんに、自然素材で家を建ててほしいと依頼すると、

職人さんは普段扱わない素材を使うこととなり、不安になります。

経験豊富な職人さんでも、その経験が新建材の経験のみだと、
無垢材は未知数であり、取り扱いには慎重になります。

職人さんも施主さんも満足のいく完成度とならない可能性もあるのです。

先日、新聞でこんな記事を読みました。

遠藤ケイさんというイラストレーター、文筆家の方の記事です。

遠藤さんは民俗学の研究をされているそう。
昔ながらの職人の仕事を体験し、話を聞き、記録しているのだとか。

とっても興味深いお話が掲載されていたのですが、
その中で「一番大切なのは手の感覚ですね」というフレーズが
非常に印象的でした。

「木工職人なら、木を触っただけで硬さや粘りがわかる。
鍛冶は金槌で打ったときに感じる衝撃で、鉄を見極める」

無垢材の扱いもまさにそれ。

経験豊富な職人さんなら、無垢材を手にして、パッと見て、
どれとどれを組み合わせるのがベストか、
どれを部屋のどの辺に敷くのがいいか・・・など、
パッパッパと頭に浮かんでくるのだそうです。

これはまさに『手の感覚』。

均一な新建材しか扱っていない職人さんには、
この『感覚』がないのです。

そして、その感覚は、文章化できません。

施工要領書を読んで理解するのではなく、
体得するものなのです。

無垢材が合板フローリングのように、簡単にビシッと決まらない事は、
工務店の方ならばどなたでも、お分かりなのです。

だから、無垢材を使うことを嫌がられたり、断られたり、

もし引き受けてくれても、
慎重にならざるを得ないから工期が長くなったり、
施工に保障をしてもらえなかったりすることがあるのです。

私はアトピッコハウスに入社するまで、
「無垢材が扱えない大工さんがいる」なんて
認識すら持っていませんでした。

だけど今では、今お伝えした新聞の記事を読んだり、
趣味の寺社仏閣めぐりで伝統的な技術や文化に触れると、

必ず「無垢材の取り扱いができる大工」を連想してしまいます。

日々、業者の方や施主の方からのお問い合わせに接して、
無垢材の取り扱いが、今の工事現場では「普通」ではないことを痛感し
今ではすっかり自分の中の常識なってしまいました。

自然素材を扱ったことのない工務店さんに
自然素材を使ってほしいと依頼することがなかなか難しいワケ。

皆様に、少しでもイメージが伝わりましたでしょうか?

家づくりって、大きな箱を作る作業なのですが、
実はとっても繊細なのですね!

合板フローリングが「普通」の昨今、
無垢材の経験がある職人さんの割合の方が少なくなっています。

取り扱ってくれる業者を探すことが、最初で最大の難関なのかもしれません。

でも、「自然素材」という言葉は、今では当たり前に聞く言葉。

取り扱う工務店さんも少しずつ増えて来ているのではないでしょうか。

皆様が、ご自身にとって最良の工務店さんと出会えますように。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら