アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

リフォームで、シックハウスを気にしています

  • 29
  • 3月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

東京都文京区で、リフォームを計画中の方からの資料請求です。

【家づくりで1番気になってる事は何ですか?】
古い戸建を購入するため耐震工事をします。私が昔シックハウスの症状が出たことと、息子が昔シロアリ駆除で湿疹が出たので予算に限りがあるもののできる限り良い素材を使用したいと思います

【どうして、当社に資料請求しようと思いましたか?】
本で紹介されていたので 

私が、アトピッコハウスを創業したキッカケが、まさにシックハウス問題との出会いでした。

妻のアトピー治療を通じて、シックハウスとアレルギー疾患との係りも学び、
私が建築出身であったことから、

あっ、これって、探し求めていたライフワークかも?」と、思ったのです。

当時、脱サラして、2年目。
任されたカラオケ店の経営は順調で、時間もあったことから、

シックハウス対策、健康住宅の研究に没頭しました。

アメリカやカナダまで、勉強に行ったり、
北海道で開催されたシックハウスの学会に出席したことも あります。

創業当時は、化学物質過敏症の方が住める家を作ろうと、
そうとうマニアックに、勉強しました。

環境ホルモンとか、パーマネントカルチャーだとか、エコだとか、バウビィオロギーだとか・・・

そのお蔭もあって、マスコミには、沢山取り上げてもらい、
NHKに報道されたことがキッカケで、

日本一のマンションデベロッパー、大京の技術顧問にも就任しました。

私のマニアック路線は、ますます拍車がかかりましたが、
シックハウスを気にする人は、それぼど増えませんでした。

もし、あのまま、マニアックにシックハウス対策のみで突き進んでいたら、

いまごろアトピッコハウスは無かったと思います。

しかし、「シックハウス対策」や「健康配慮」の重要性を、言葉を変えて、
表現するようになり、

「やりたい」ことが出来るようになり、

私が作った「商品たち」も、より多くの人に届くようになりました。

シックハウス対策は、2003年に規制されました。

しかし、法律が施行されて10年経過しましたが、
シックハウスは無くなっていません。

気にする人も増えていないし、被害も減っていない。

つまり、勉強して知識があって、自然素材を選ぶ人か、
別の理由で、「自然素材」 を選ぶ人しか、

シックハウスを未然に防げていないのです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、マニアック路線を卒業しましたが、
製品づくりの魂は、変えていません。

生涯、健康・安全な建材を作り続けてまいります。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら