アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

畳は「規制対象外」

  • 25
  • 1月
  • 2006

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

00766c8c.JPGシックハウス対策で規制の対象となったものは、
ホルムアルデヒドを使って作った建材に限定されています。
この部分を知らない方も結構いて、

・建材全てが規制された
・F☆☆☆☆の建材さえ使っていれば大丈夫
なとど誤解していらっしゃるようです。

畳は、もともと「ホルムアルデヒド」を製造段階で使用することはまずありません。
床(畳の芯)に合板が使われている場合が、まれにありますが、
それは特殊な例なので、
通常、畳は「規制対象外」ということになります。

つまり、素足で接したり、ゴロゴロ横になったり、
布団を直接敷いて寝る畳には、
「安全性」に関する基準がないということなのです。
この点も、シックハウス規制の盲点だと思います。

アトピッコハウスには、和室に関するご質問が結構多いです。
和室が、意外に「汚染源」になっていることがあって、
・和室に入れない
・和室で体調不良が発生する
といったお話しです。

畳は、ホルムアルデヒドを使っていなくても、
イグサの製造段階では農薬(除草剤や防虫剤)を使用しますし、
イグサの収穫時には、発ガン性の物質で着色されます。
畳の床(とこ)には防虫シートが巻かれたりもします。

敷き込む時にも、注意しないと頼みもしないのに、
畳の下に「防虫シート」が敷かれます。
「防湿」「防塵」「防虫」などと書かれている場合がありますが、
農薬系の薬品で、防虫処理されているので、
その薬品が、徐々に室内に揮発していると考えて良いと思います。

和室が、盲点といったのは、ホルムアルデヒドではなくて、
防虫剤や着色剤、その他の薬品の問題があると考えられるからです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ほんものたたみの資料のご請求は、こちらです
11