アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
合板フローリングもメリットがたくさん

合板フローリングもメリットがたくさん

  • 08
  • 2月
  • 2018

選択肢が沢山あるのは、選ぶ事が出来るものが沢山あり、
嬉しい反面、何を選んだら良いのか?
解らなくなってしまう事も…

無垢材フローリングと複合フローリングの違いって
解りますか?

最近のカタログには、いわゆる「突板(つきいた)」だけが無垢材のもの
なども掲載されています。

でもそれは、無垢材フローリングではありません。

実際選ぶお施主さんにとっては混乱してしまいますよね。

何が無垢材フローリングで何が合板フローリングなのか…

見た目は無垢材…でも合板フローリング…混乱しますよね。

今回は合板フローリングとはどういったものなのか?
無垢材フローリングと比較してみたいと思います。

合板フローリング、無垢材フローリングと何が違うの?

合板フローリングもメリットがたくさん

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス、小倉です。

フローリングの断面を見ると合板なのが分かります。。

表面のみ薄い木材を貼ってあるもの、いわゆる「突板」という
薄い板が貼られていて、木材で積層されている物が合板フローリングです。

それに比べて無垢フローリングは本物の木材、
一枚板であることが分かります。

天然木100%で混じり物が無いことから
無垢フローリングと呼ばれている事に対して、
合板フローリングは表面以外合板なので、
合板フローリングと呼ばれています。

合板フローリングは、複合フローリングと表すこともありますね。

経年変化から見る無垢材フローリングと合板フローリング

無垢フローリングは本物の木なので、
経年するほどに少しずつ色や風合いが変わって濃くなり、
味わい深い雰囲気になっていきます。

傷か付いたり、へこんだり隙間が開いたりしても、
それが味だと思えるように経年美化していきます。

それに対して合板フローリングは、断面が合板なので品質安定性が良く、
最初は綺麗ですが、味わい深く変化することはありません。

積層された合板は、接着剤によって貼り合わされているので、
接着剤の寿命が合板フローリングの寿命になります。

また、合板は湿気に弱いので、板の裏側の合板部から
湿気を吸い込むことで積層された接着材が剥がれて、傷みます。

我が家にも一部そういった部分がありますが、
ひと昔前は、合板フローリングの下にベニヤを貼らず、
根太の上に直接合板フローリングが施工されている家もあります。

下地にベニヤが無いので、12㎜程度の合板フローリングに
直接荷重が掛かることになると、接着剤が剥がれて
フニャフニャになり、踏むと沈むようになります。

合板フローリングのメリット

化粧シートタイプや単板(突き板)のタイプは、
商品バリエーションが豊富です。

また、さまざまな機能を持つ商品が揃っていること、
品質にばらつきがないこと、施工性に優れているなど、
メリットもたくさんあります。

最近では、キッチン、リビングがワンルームで繋がっている
間取りも増えているので、耐水性の高いタイプが揃い、
キッチンや洗面・トイレなどでも取り入れることができる
合板フローリングはメリットがありますね。

自分の性格に合ったフローリングを選ぶ

無垢フローリングは、季節の移り変わりや気温の変化で、
収縮しやすく、隙間が開いたり多少反ったりしますね。

これはどの無垢材フローリングを選んでも起こりうる事です。

ですから、そのようなことが気になる人は、
例え、憧れがあっても無垢フローリングでなく、
そういったことに左右されない合板フローリングの1択です。

自然素材はどうしても自然現象というものがあります。

それは、細かくいろいろ気になる方にはストレスになりますし、
そこで生活をしていくのが苦になってしまっては、困ります。

そういう方は、迷わず合板フローリングを選ぶべきです。

量産できる合板フローリング

この量産で狂い無しという手法も日本の一つの技術ですね。

無垢材フローリングは1本の木からとれる
フローリングの数は何千枚もありません。

それに比べて複合フローリングは量産出来ます。

機械で量産できる合板フローリングは、
先ずは狂いが無く、価格も抑えられます。
そして何より不具合が生じません。

また最近では床暖房が取り入れられる事が多く、
その需要に対応しているのが合板フローリングですね。

そういった点からも大手ハウスメーカ-の標準仕様は
合板フローリングになっている訳です。

いかがでしたか

合板フローリングも無垢材フローリングもそれぞれ
メリットもデメリットもあります。

合板フローリングのメリットが自分たちのライフスタイルに
合うようであれば、選択肢の一つですね。

今では突板の部分で無垢材を楽しめたりします。

無垢材のニュアンスを楽しみたいという方は、
そういった合板フローリングを選んでみるのも
良いかもしれませんね。

私は無垢材そのものを家に取り入れたいんだという
方は、ぜひアトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」を
ご検討くださいね。

季節の移り変わりに生じる無垢材フローリングの症状も
もちろんあります。でも木の温かみ、裸足で過ごせる
心地よさがあるのも無垢材フローリングです。

ごろ寝フローリング

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら