アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
塗り壁のDIYは楽しく、前向きに

壁紙の部屋の模様替え

  • 16
  • 6月
  • 2014

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

新築とかリフォームといった大きな工事を伴う以外で、
部屋の壁紙を模様替えすることは多くないと思います。

珪藻土塗り壁「はいから小町」

壁紙メーカーとしては、5年から10年で、
部屋の壁紙は張替えてくれるもの、

もしくは張替えて欲しいといった前提で、
製品づくりをしています。

しかし、実際には、
中古の住宅を買ったとか、

部屋の用途が変わったとかで、リフォームでも
しない限りは、

20年、30年と新築当時の壁紙のままというご家庭が
多いようです。

一般的なビニール壁紙は、
塩ビに可塑剤を添加していますので、

可塑剤の揮発と共に、端からめくれてきたり、
表面が固くなってボロボロしてきます。

だから、5年、10年と経過したクロスは、
みすぼらしい感じになっているものが多い。

ビニールクロスは、壁紙そのものは、価格が安いので、
新築の段階では、割安で工事が出来ます。

しかし、張替えとなると、
剥がしや下地処理が大変なので、

結構な金額がかかります。

その点、布クロスは、
最初の工事費は、ビニールクロスより、
高くつくのですが、

張替えの際には、綺麗に剥がれるので、
下地処理が楽で、

結果として安く張り替えられるといったメリットがあります。

ただ、布クロスの場合は、
ビニールクロスよりも耐久性があるので、

それほど頻繁に張替えのニーズがある訳ではないので、
張替えやすいですよというのが、

特別魅力的な特徴には聞こえないと思います。

それは兎も角、
部屋の壁紙を模様替え、もしくは、
補修したいとお考えであれば、

現状のクロスを剥がさずに、
塗り壁材を塗ってみるというのも、

面白い選択肢かも知れません。

珪藻土や漆喰系の塗り壁をDIYで施工するとか、
プロの方に依頼して、

気分転換と同時に、室内を快適なものにしてしまうのです。

現状の壁紙が、布や紙といった製品の場合は、
水分を吸収してしまうので、

剥がさずに、そのまま塗り壁材を塗ることは
できませんが、

もし、現状がビニールクロスなら、
吸水しないので、

直接、珪藻土や漆喰系の塗り壁を塗ることが出来るのです。

アトピッコハウスでは、
漆喰系、珪藻土、粘土系といった
3種類の塗り壁材を製造販売しています。

珪藻土塗り壁「はいから小町」と、漆喰調塗り壁「漆喰美人」は、
DIYも可能です。

経費を抑えたいとか、家族との思い出を作りたいとか、
単に、自分でやって見たいと言う理由で、

挑戦されたらいいと思います。

但し、素人の方のDIYは、しょせんプロが施工するのと
比較すると、ヘタクソです。

その下手さ加減も、味だと理解する感覚があるのなら、
ご自身で挑戦するのもありだと思います。

トイレや洗面といった狭い場所は、
意外と施工が難しいので、

子供部屋とか、夫婦の寝室といった目立たなくて、
大きな壁のある箇所から始めると

いいと思います。

塗り始めは、ヘタクソでも、1部屋塗り終わる頃には、
大分、さまになってきますので、

玄関とか、居間といったお客様の目に触れる箇所は、
慣れたあとに、工事されるといいと思います。

部屋の模様替えはしたいけど、
今の壁紙を別の壁紙に張替えたいという場合は、

調湿性があって、温もりが感じられて、
目にも優しい布クロスという選択肢は、

いかかでしょうか?

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」は、
本物の布クロスが、全30色揃っています。

撥水性があって、洗面やトイレにも貼れる製品から、
和室にもあう製品等々、

エコロジーで、かわいい壁紙があります。

すっぴんクロスの資料をご希望の方は、こちらからどうぞ!

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら