アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

洗面所の壁材はクロス?塗り壁?

  • 29
  • 9月
  • 2016

洗面所にはなんの壁材を使えばいいのでしょうか。
湿気もこもりやすいし
水もつきやすいし
毎日きれいにしていたい所だし、
いろいろ悩んでしまうかと思います。

クロスがいいの?塗り壁がいいの?
それぞれの壁材にどんな特徴があり、
それが洗面所に向くのかどうか、
ひとつひとつ検証してみようと思います。

水回りのビニールクロス

洗面所の壁はどうする
自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスのスタッフ尾崎です。

洗面所の壁材で悩む方が多いように感じます。
顔を洗う時や歯磨きの時に
水がパシャパシャと撥ねてしまうので、
なるべく汚れにくい、カビにくいものを選びたい、
というご意見は多いです。

確かに我が家も、
子供が使ったあとなどは壁にも鏡にも水滴がついています。
すぐに拭ければいいのですが、
気づかずにそのままにしてしまうことも度々あります。

壁は白に近い色のビニールクロスですが、
よく濡れるタオル掛け付近などは
なんとなくうす汚れてきたような感じもします。

ビニールクロスは表面に加工がしてあるので
すぐに水分が染み込むということはありませんが、

クロスは幅が決まっているので、
必ずクロスとクロスの継ぎ目があります。
これをジョイントというのですが、

そのジョイントの継ぎ目から、水が中に染み込みます。

ビニールクロスは耐久性が低いため、
年数が経つとジョイント部分から剥がれてきたり、

ジョイント部分でなくても、
ちょっと物をひっかけただけで破けることがあります。
その剥がれたり破けた部分から、どんどん水が入り込み、

表面には見えにくいけれど、
ビニールクロスの下でカビが増殖している場合があるのです。

塗り壁は水回りに強い?

珪藻土塗り壁は調湿性能に優れているので
洗面所にも使えますか?というお問い合わせも受けます。

使うことは可能です。
が、塗り壁は拭き掃除ができません。
特に珪藻土の場合は、表面がざらざらとしていますので
タオルを当てると毛羽立ってしまうかもしれません。

それから、
もし洗面所にのみ珪藻土をお考えの場合、

珪藻土の高い吸湿力ゆえに
他の部屋からの湿気も吸い取ってしまい、
余計にカビの原因となることもあります。

洗面所は閉めっきりにせず、
換気を充分に行って湿気を逃す必要があります

タイルやパネルを使う

キッチンのコンロ周りなどは、
お手入れが簡単なように
キッチンパネルを貼っているところが多いですね。

これを洗面所にも使う家も多いそうです。

キッチンパネルは水を全く吸わないので
水滴がついていればすぐに気づきますし、
サッと拭くだけできれいになるので
お手入れはとても簡単です。

タイルにするのもいいですね。
目地のお掃除は少し手間がかかるかもしれませんが、
多種多様の質感や色や大きさがあるので
洗面所に個性を出したいときは、
タイルで遊んでみるのもいいかもしれません。

ただ、キッチンパネルやタイルには
通気性や調湿性は全くありません。

自然素材との併用で楽ちん&快適

洗面所を、一番お手入れが楽で快適な空間にするには、
水が撥ねる高さまでをタイル、
そこから天井までを自然素材にするのがおすすめです。

洗面所だけでなく、トイレにも言えるのですが、
一番汚れやすいところには、
がんがん水拭きができて、汚れにくい素材を使ったほうが
ストレスなく生活できます。

そして、水が飛ぶ可能性の少ない部分に
珪藻土塗り壁や、通気性のよい布クロスを使うと、
サラっと快適な洗面所のできあがりです。

アトピッコハウスの「はいから小町」は
調湿性能抜群の珪藻土塗り壁です。
毎日の換気さえ習慣的にしていただければ
あとは特にお手入れ不要。

珪藻土塗壁 はいから小町

すっぴんクロス」は、環境に優しい布クロス。
珪藻土ほどではありませんが、
自然素材特有の調湿性能があるので快適です。

なんと言ってもビニールクロスに比べて
耐久性が抜群に優れているため、
何十年と使っていただけるクロスです。

資料請求は、こちら

一番カビのニオイなども気になりやすい洗面所。
毎日何度も絶対使う部屋だからこそ、
快適な空間にしたいですね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら