アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お気に入りの塗り壁、笑顔で行きたいですね!

見た目で選ぶと、やっぱり塗り壁

  • 17
  • 4月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、手島 ふみ子です。

塗り壁にどんな期待をされてらっしゃいますか?
高い調湿性能、消臭効果、豪華で美しい見た目…etc.

珪藻土「はいから小町」

今回は、見た目に注目してみます!

豪華で美しい塗り壁。

ささっと貼れてしまう「壁紙」とは異なり、
鏝(こて)で美しく塗り上げられた壁は、

見る人を癒し、心のゆとりを生み出してくれるように思います。

塗り壁は、左官職人さんによって生み出されるものなのですが、
ピタッとした滑らかな仕上がりや、芸術的な文様は、部屋を華やかに演出してくれます。

この文様は、左官において「パターン」と呼びますが、

パターンの種類は、数百とも言われています。

「言われている」と言いますのも、

「左官」の歴史はとても古く、
パターンや「左官」という言葉の由来など、
左官にまつわるエピソードには
「諸説ある」で締めくくられていることが、良くあるのです。

話が脱線してしまいましたが、

このパターンづけには
●同じ素材を使いまわしても変化を楽しめる
●結果、材料費を抑えられる
というメリットがあると思います。

まずは、パターンの変化で、部屋ごとの表情を出せば、
建材のロスを減らせるということ。

アトピッコハウスで、お客様の様々なご意見を伺っていると、

部屋ごとに雰囲気を変えたいというお声を、
たくさん耳にします。

その手段として、
「部屋ごとに壁の色を変えたい」

という希望に行きつくことが、非常によくあります。

しかし、使う色を増やすと、
業者さんが購入しなければならない壁材の種類を
増やすことに繋がります。

どんな建材も、一般的に、販売の単位が大きいので、
ロス(余ってしまって使わない分)が必ず出ます。

ですから、部屋ごとに壁の色や素材を使い分けるとなると、

それぞれの色を買い集めなければならず、
部屋ごとに細かくロスが出てしまい、

結果、材料費が割高になってしまいます。

一方、
素材と色を統一してパターンの違いで変化を出せば、

材料は全ての部屋で使いまわせるため、
ロスが少なくなります。

これなら、材料費を抑えることができますね!

ここで、実例を。

はいから小町ワラ入りを使用

これは、アトピッコハウスの応接。
扇仕上げです。

はいから小町を使用

こちらは、ストーム仕上げ@スタッフルーム。

どちらも珪藻土塗り壁はいから小町を使用していますが、
塗り方を変えると表情が変わると思いませんか?

ちなみに、
私は毎日ストーム仕上げに囲まれて仕事をしていますが、
何度見ても、一向に見飽きません。

鏝一つで、二つとない壁を作る左官仕事、
毎日「かっこいいな~」と見とれています。

かっこいいと言えば、こちら!
アトピッコハウスの昔のブログでは、
東京左官会館内の鏝(こて)絵を紹介しています。

左官の技が極められると、もう芸術の域です。

こんなにすごい鏝絵は中々お目にかかれませんが、

「左官」の素晴らしい技術を家の中で毎日味わえるなんて、
塗り壁ってとっても贅沢ですね!

さてさて、このパターン付け。

一番得意なのが、はいから小町です。
エッジが効いて、陰影が立体感を演出し、
豪華な壁を演出してくれることでしょう!

珪藻土塗壁 はいから小町

 

そして、上品な様相を作り出してくれるのが、
漆喰美人。

漆喰美人夕顔をハケ引き仕上げで

この写真では、かなりはっきりとしたパターンを付けていますが、
ご覧のように、しっとりと仕上がります。

資料請求は、こちら

どちらの商品も、

「調湿」とか「消臭」なんていう素晴らしい効果があるものですから、
ついうっかりしがちなのですが、

塗壁は見た目がとっっってもかっこいいのです!!

日本の伝統、左官の技術をぜひ、ご家庭に。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら