アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お家づくりは難しい??

クロスのメリット デメリット

  • 26
  • 10月
  • 2017

アトピッコハウスで働くようになってから
人のお宅にお邪魔した時など
いちいち家の素材に目が行ってしまうように
なりました。

現在、一般的な壁紙はビニールクロスです。
その普及率は90%以上とも言われています。
なぜ多く選ばれるのでしょうか。

またメリットやデメリットはどのような事が
あるのでしょうか。

今回はクロスについて考えてみたいと思います。

ビニールクロスのメリットとは

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

どんな壁が自分に合っているのでしょうか?ビニールクロスがお施主様に多く選ばれる理由は
コストを抑えられるということ、
手入れの簡単さが挙げられると思います。

工事業者さんの場合にはやはりコストの面と
施工のしやすさが人気の理由のようです。

ビニールクロスは下地の状態での影響を受けにくく、
上からおおいかぶせる形で施工が出来るため
施工の時間が短縮できるのです。

それに伴い、施工費をおさえられるということに
なるわけです。

ビニールクロスのデメリット

ビニールクロスはポリ塩化ビニールを主原料としたものが多く
それにプリントや加工をすることにより
色々なデザインや模様を作ることが出来ます。

そのデザインの多さは無限大といっても大げさでは
ないと思われるほどです。

ただ、ビニールクロスは加工の段階で安定剤や、防カビ剤などが
添加されており、体に与える影響を心配される方は
多いのではないでしょうか。

シックハウス症候群の原因としてあげられたのが
ビニールクロスに添加されていたホルムアルデヒドという
化学物質でした。

その後、ホルムアルデヒドを制限する法律が
見直され、現在はホルムアルデヒドなどを
含まない商品が主流になっていますが、

今でもビニールクロス=化学物質という数式は
一般的に刷り込まれているのではないでしょうか。

ビニールクロスの経年変化

ビニールクロスは出来上がった時が最高と
言われています。

施工仕立ての時が一番美しく、その後
経年変化をしていきます。

ビニールクロスにおける経年変化は
はがれてくる、破れてくる、黒ずむなどです。

また、気密性が良いため換気や調湿が上手くできず、
結露が出てしまったり、カビが生えたりということが
考えられます。

布クロスのメリット

ではどうしたらいいのか。

塗り壁が理想だけどそこまで予算は割けない。

でもビニールクロスは健康にも不安だし、
そんな方には布クロスをお勧めいたします。

布クロスは塗り壁に比べ安価ですが、まず高級感が違います。
そして強い。

糸を織って作っているのでちょっとやそっとでは破れないですし
経年変化により性質が変わってしまうということもありません。

通気性が良く、吸音性も期待が出来ます。

布クロスのデメリット

布クロスのデメリットはやはりビニールクロスに比べ
高価だということです。

また、アク止めなど下地処理に手間がかかるため
採用を嫌がるハウスメーカーさんもいるようです。

その上、拭き掃除が出来ません。
ですが、静電気を発生させないのでホコリを寄せ付けません。

手垢などは付きますが、馴染んでいきます。
自然素材ならではの経年変化を楽しんでいただける素材です。

いかがでしたか

私たちが生活している家の中の空気は
家が作っているのです。

アレルギーなどにも深くかかわってくる
空気の質。

たかがクロス、されどクロスです。

素材の選び方には気を付けて
気持ちよく暮らしていきたいですね。

アトピッコハウスでは上品で強い、すっぴんクロスを
販売しています。

資料請求は、こちら

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら