アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
配送はどんどん便利になるけれど

配送は便利になっているけれど

  • 17
  • 1月
  • 2020

インターネットの普及からネットで買い物をする人が
増えています。

いちいちお店に行かなくても家まで届くのですから
便利ですよね。

見慣れた段ボールを抱えて走っている配送業者さんを
よく見かけます。

ただ、私たちに便利ということはだれかに負荷がかかっています。

それが配送会社だと思います。

今回は配送について書いてみたいと思います。

便利すぎるのも考えもの

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。

配送はどんどん便利になるけれど

ポチっとしただけで商品が家まで届くなんて本当に便利になったと思います。

宅急便は大体が翌日には届きますし、細かい時間指定もできます。

不在であればまたネットから日時変更をすればその時間に
持ってきてくれます。

便利な世の中ですが、それに慣れすぎてしまっていることに
疑問を感じなければいけないと思います。

宅急便とは違う路線便という配送方法

そもそもアトピッコハウスで扱っている商品のほとんどは
宅急便でのお届けではなく路線便と呼ばれる配送方法でのお届けです。

路線便とは比較的大型の荷物をそれぞれの地区の物流センター間で
混載して配達する便のことを言います。

宅急便も同様ですが、日時指定が可能で個人宅への配送が可能な宅急便に対して
路線便は時間指定ができない、玄関前までの配送はせず、トラックでの車上渡しに
なることなどから企業間の配送に使われることが多いです。

路線便は大型なトラックで回るので配送できない場所もある

また、路線便は基本的にその地域に合わせたトラック、4tや2tの
大型なもので回ることがほとんどです。

大型トラックは進入できない場所も

宅急便は地域に合わせて例えばバンだったり軽自動車だったり、
電動自転車であったり基本的に行けない場所はないという認識です。

しかし、路線便は大型のトラックで回るため狭い路地や
細い道などへの配送ができない場合があります。

その場合はトラックが侵入できる場所までのお渡しとなりますので
トラックまで荷物を取りに来ていただくことになります。

路線便を使った荷物は重量のあるもの、大型なものが多いので
個人での受け取りは難しいことが多いです。

配送できるかできないかは配送会社の判断

例えば道には入れたとしてもトラックが停車することにより
道をふさいでしまうという状況の場合も配送会社は配達に行けません。

その場合は配送会社の営業所まで取りに行っていただくか、
その他の配送場所を指定していただくことになります。

宅急便では届くものも路線便では届けられないことがあるのです。

宅急便が当たり前になってしまっている今、
翌日に届かない、玄関前まで届かないという配送方法を
受け入れられない方もいらっしゃいます。

私たちが普段利用している宅急便のサービスがいかに
大変なことであるかを実感しています。

現場地図があると話が早い

インターネット上では詳細な地図を見ることができます。
最近ではほとんどの道を網羅しているので信頼性は高く、
本当に便利だと思います。

しかし、更新がされていない場合もあり、
ネットの地図上では田んぼのあぜ道だった場所も
開発され実際は大きな道路になっていたりすることもあります。

しかし、配送会社も広い配達地域の道路状況をすべて把握しているわけではないため
インターネットの地図を活用しています。

そのため、ネット上で見て狭い、入れない、止められないと判断した場合は
配達ができないということになるのです。

そのため、現場地図をいただけると話が早く助かります。

いかがでしたか

宅急便が普及して当たり前のように翌日には指定した場所に荷物が
届く今。

しかし、それには配送会社の並々ならない努力があるということですね。

便利なことを当たり前と思わず、感謝する気持ちを持てるといいですね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら