はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

家づくりのこだわりと知識

投稿日:2017年07月20日 作成者:


家づくりのきっかけやこだわりは人それぞれですね。
予算にこだわる方、設計にこだわる方、建材にこだわる方、
どれも家づくりには外すことのできないキーワードです。

こだわることはとても素晴らしい事だと、思います。
こだわりがないと家づくりの主導権は握れません。

でも知識は違います。正しい知識を持たないと、
家づくりも迷宮入りしてしまします。

今回は家づくりに関わるキーワードから、こだわる点と
正しい知識を持つことの大切さをご案内してみたいと思います。

自然素材の建材とは

家づくりのこだわりと知識

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

自然素材とは、
① 自然界に存在するものが原料
② 素材自体に手を加えず、切ったり削ったりのみの加工
③ 石油系の塗料や接着剤は使用しない
④ 廃棄後は自然界に還る

これらの条件を満たすものが、自然素材とされているものです。
自然素材は生き物です。生き物には便利さなどは無く、
人間が面倒を見てあげることが必要な素材を自然素材と言います。

F☆☆☆☆とは

「F☆☆☆☆は取れているのですか?」
この質問も自然素材のメーカーの当社には、よくお問合せ頂きます。

F☆☆☆☆ってどういった場合に付くのかご存知ですか?

F☆☆☆☆とはシックハウス症候群を引き起こすと言われている
有害物質ホルムアルデヒドの発散率を表しているものですね。

その中でもF☆☆☆☆は、発散率が一番低いものに対してつけられます。
「一番低いことを証明している」という事は、「0」ではないという事です。

ここの理解を間違えてよくお問合頂く事があります。

F☆☆☆☆がついていれば、ホルムアルデヒドが「0」で、安心という事
では絶対にありません。

先にご案内しているように自然素材の建材はそもそも自然界からの
贈り物です。その自然素材に対しては本来ならば、F☆☆☆☆は
必要ないのです。

イメージとしては、無垢フローリングの1枚物はF☆☆☆☆は必要
無いですが、ジョイントさせて1枚にしている無垢材フローリングは、
そのジョイント部分に使用した接着剤が、ケミカルなものならば、
F☆☆☆☆をつけるというイメージです。

表記や数字に惑わされない

表記や数字に惑わせれては、本物の自然素材には出会えません。
表記や数字はあくまでも表記と数字です。

自然素材を自分たちの家づくりのこだわりにするのであれば、
F☆☆☆☆を取得しているのかではなく、どんな環境で育ち
私たちの生活で使われている建材なのかを見極める事に
こだわりを持つことが大切ではないでしょうか。

ヒノキなどは日本の自然素材の代表ですね。

そのヒノキはどんな環境で育ち私たちのもとへ送られて
きているのか、そこを理解し、勉強する事で正しい知識となり、
数字や表記に惑わされる事も無いのでしょうか。

自然素材と身体に良い家

身体に良い家をつくりたい。

誰しもが初めにこだわるところです。

現代の情報があふれている中では何が良い物なのか
の判断は、私たち自身でしなければなりません。

中途半端な知識を得る事に時間を費やしても、
納得のいく家づくりにはなりません。

細かなことを調べて頭を大きくするのでは無く、
シンプルな素材、自然素材を採用するという事にこだわる事で、
安心と身体に良い家を得ることにつながります。

こだわりを整理する

こだわりは大切です。

しかし、あれもこれもこだわると先が見えなくなってしまいます。
注文住宅はお施主様のこだわりありきです。

だからこそ注文住宅は魅力的なのですが、家づくりは、
作って終わりではありません。そこからが長い長い家族の変化
と共に育ててくことが家づくりです。

家づくりをする際にお施主様側でやるべき事は、
譲れない点と変化に臨機応変に対応できる点に
分けて、こだわりを整理しておくことが大切ですね。

いかがでしたか

こだわりは時に誤った知識となり、せっかくの家づくりが
台無しになってしまうという事があります。

信頼できる家づくりのパートナーを見極め、
正しい知識の元、こだわりを持つ事が大切ですね。

当社には「べっぴんハウス」という商品があります。
心も身体もべっぴんさんの家づくりを応援します。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり こだわり 知識 | タグ: , , | 家づくりのこだわりと知識 はコメントを受け付けていません。

自然素材でDIYは出来るのか

投稿日:2017年07月14日 作成者:


ちまたではDIYが盛んですね。

家を一棟購入してリフォームをされる有名人の方や
工務店を立ち上げられた方もいるようです。

テレビで見る限りみなさん簡単そうにやられていますね。
インターネットでもDIYで検索をかけると大量の情報が
出てきます。
実際DIYってどうなのでしょうか。
今回は自然素材でのDIYについて考えてみたいと思います。

DIYって?

間取りが大事?素材が大事?
自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
DIYとはDo It Yourselfの略です。
専門職ではない人がお金を払って業者に頼むのではなく
自分で何かを作ったり、リフォームしたりすることです。

一昔前は日曜大工なんて単語もありましたね。

お父さんが日曜日に棚を作ったり縁側に
台を作ったりといったイメージがありますが、
DIYはそれよりも簡単に女性でも若い方でも
取り組める身近なものになっているようです。

お金がないからというより、唯一無二のものを作りたい、
思い出づくりにという気持ちで取り組まれる方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

DIYをするとしたら?

アクセサリーや棚といった小物から、
棚やベンチ、テーブルなどといった大型なものまで
色々挑戦される方がいらっしゃるようですね。

ホームセンターに行けばプロ顔負けの工具や道具、
材料など簡単に手に入ります。

さて、当社は自然素材の建材メーカーなのですが、
お問合せをいただくお客様の中でも
DIYを希望される方が少なくありません。

せっかくだからいいものをと自然素材を求め
られる気持ちはよく分かります。

棚やベンチを作るように家をDo It Yourself
出来るものなのでしょうか。

DIYなにから始めよう

まず、リフォームする部屋の平米数を出すところから始まり、
何を準備し、どういう手順で作業し、何がどれだけ必要なのか
といった計算から始める必要があります。

失敗しない為には、出来る限り細かく採寸し、部屋の構造を
認識することが大切になります。

また、フローリングや遮音材を運んだり、カットしたり、
塗り壁材の撹拌など力のいる作業になります。

マンションなどでのリフォームをお考えの方は
禁止事項など規約があったりするので確認が必要になります。

DIYは根気がいる作業

中には壁の下地材を塗ったところで面倒になってしまったので
そのままにしているなんて方もいらっしゃるようです。

下地材はその名の通り下地材として作られています。
上に仕上げ材がのることが前提となりますので、
下地材むき出しのままだと、カビが生えてしまったり
壁をいためてしまったりする原因となります。

時間がない、材料が足りないなど時間が空いてしまわない
ようにきっちりスケジュールを立てることが必要になります。

自然素材でのDIYは難しい?

自然素材のDIYははっきり言って難しいと思います。

壁にアクが染みだしてきたり、フローリングが
突き上げてきてしまったりということが起きないように

塗り壁ではアク止め、下塗り材などの下地作り、
フローリングでは季節ごとに伸縮する木材の特徴を理解して
敷き詰める必要があるなど、細かな気配りが求められます。

まずは棚作りなど小規模なDIYから素材の特徴を
理解して腕慣らしをするのもいいかもしれませんね。
少しでも難しいと感じたらプロの方にご相談ください。

いかがでしたか?

お時間と根気がある方で、
せっかくDIYを決意されたのであれば
施工要領書を読み解きつつ、
失敗してもご愛嬌!ぜひ楽しんで作業して下さいね。

アトピッコハウスの自然素材はプロ仕様としてお作りしております。
プロの方に頼まれる方、是非ご利用くださいね。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 DIY | タグ: , | 自然素材でDIYは出来るのか はコメントを受け付けていません。

無垢材フローリングのトラブルは何故起きるの?

投稿日:2017年07月13日 作成者:


いよいよ7月ですね。
今年は梅雨という季節がここ鎌倉には無かった
かのように、連日良いお天気です。

冬が終わりこの時期を迎えれると、無垢材フローリングに
ついてのお問合せが、ちょこちょことあります。

それは、無垢材フローリングの不具合についてのお問合せが大半です。

今回は無垢材に生じるトラブルについて考えてみたいと
思います。

そもそも無垢材って?

無垢材フローリングは生きています

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

無垢材とは合板や集成材ではなく、
使用する形状で丸太から切り出した木材です。天然木本来の風合いを持ち、
室内の湿度を調整する働きもあるものを無垢材といいます。

無垢材フローリングとはその木材をフローリング
乾燥させ、加工している建材です。

無垢材は、生きています。

生きている無垢材を私たちの生活に取入るには、
私たち自身も無垢材が自然から生まれているという事を
理解した上で、取扱い、受け入れなければいけませんね。

季節と共に生きる無垢材フローリング

無垢材フローリングを施工した後1年~2年は温暖期と寒冷期に
無垢材は左右されます。

膨張と収縮を繰り返し、その環境に合った仕様に合わせようと
無垢材は変化する努力をしてくれます。

施工当初は隙間や多少の盛り上がりがあったとしても、
無垢材そのものの性質と施工方法、環境が合うと、無垢材は
その環境に落ち着いてくれます。

特に日本は春夏秋冬がある国です。北から南まで季節の移り変わりは、
様々ですね。

その春夏秋冬に無垢材が負けてしまわないように、施工環境、方法を
整えてあげる事も大切なのではないでしょうか。

無垢材フローリングに生じるトラブル

無垢材フローリングに生じるトラブルは、
大半が隙間や盛上りですね。

隙間や盛上りは、無垢材の伸縮と膨張から生じます。

このトラブルは、無垢材が生きているという証なので、
無垢材そのものに不具合や施工ミスという事に直ぐに
結論付けてはなりません。

大半が温暖と寒暖の気温差から生じる湿気や乾燥が、
生活環境に合わないという事が大きな原因です。

しかし、これらのトラブルには施工方法をその施工環境に合わせて
あげることで、ほとんどが防ぐことが出来ることを
お伝えさせて頂きます。

無垢材フローリングに適した施工

無垢材フローリングを施工する際、プロの職人さんは「感覚」
で敷きこんでいきます。

その感覚で判断、施工していくという事は、使用環境が
無垢材フローリングを使用することに適しているか?

また、施工する際はその使用環境に応じた、床材と床材のクリアランス、
壁材と床材のクリアランスがどのくらい必要かの判断をしていきます。

クリアランスとは無垢材フローリングが膨張、縮小する際に
逃がしてあげる「隙間」です。

今では、スペーサーなどというクリアランスを取る為の器具が
ございますが、業界では名刺やはがき一枚、二枚という感覚で
クリアランスを取ります。

しかし、その判断が甘かったりすると、無垢材が膨張、
縮小する際に逃げる事ができず、盛上ってしまうという事が
起きてしまいます。

無垢材フローリングを施工する際は、まずは施工環境を
確認し、その環境に合った施工方法をとることが必要です。

無垢材フローリングのトラブルの補修

それでも、トラブルが起きてしまった時は、どうしたら
良いのでしょうか。

まずは、施工後、春夏秋冬は様子を見る。

施工直後はどんなにうまく張っても、無垢材は生きています。
小さかれ、大きかれ、必ず動きます。

動いて盛上りや隙間が生じてしまっても、慌てず、
まずは季節が変わるごとに元に戻るかどうか様子を
みましょう。

それでもトラブルが解決しないようであれば、
隙間はシリコンを使用して補修し、ます。盛上りはサンダーで
削り取り塗装して収めます。

どちらにしても、補修もやはり「感覚/塩梅」が必要なので、
いつ、どのタイミングで補修をするかは、
やはりプロと相談しながら、決めることをお勧めします。

いかがでしたか

無垢材フローリングを施工しようと決めたら、
お施主様側もある程度の無垢材の特性は理解することが
大切ですね。

無垢材フローリングを施工することは、メリットもたくさん
ありますね。恐れることは無いので、無垢材は生きているという事を
忘れず、向き合ってみてくださいね。

アトピッコハウスにも「ごろ寝フローリング」という、
無垢材フローリングをご用意しております。

無垢材のメリットはもちろんの事、職人さんにも扱いやすい
と太鼓判を頂いているフローリングです。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢材フローリング トラブル | タグ: , | 無垢材フローリングのトラブルは何故起きるの? はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? 知り合いの‥編

投稿日:2017年07月07日 作成者:


家を建てる時、知り合いと契約するお客様(施主様)がいらっしゃいます。

旧知の仲であれば、
手抜き工事をされることもなさそうだし、
ぼったぐられる心配も、ないのかな。

でも、一生に一度の家づくり、
だからこそ
親戚や知り合いに建築関係者がいることの
メリット、デメリットを考えてみます。

知り合いの設計士さんに、家を建ててもらうのは正解か?

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

どこで家を建てるのが正解?

設計士も山のようにいますから、
誰に頼んでいのか、わからないですよね。
HPがあるとはいえ、

設計事務所のHPで、
わかりやすいと思えるところは少ない。

というのが私の正直な感想です。
立ち位置が芸術家の方が多いのでしょうね。
自分に酔っているいる印象を覚えます。

個人住宅を設計するとき、
実務的な能力と、クリエイティブな能力の両方が必要です。

家という箱は、
人が暮らすことで「住まい」になります。
暮らし難ければ、家として存在価値がありませんし、

かといってセンスの欠片も感じないような
デザインにはしたくありません。

そして個人住宅を
普通の、豪邸でもない、ごく普通の家を、
どっかの有名な先生に建ててもらう必要はない、というのが
私の考えです。

有名な先生に依頼しても、
動くのは研修中の新人です。

有名な設計事務所は激務です。
家は寝に帰るだけのような
独身の新米設計士と打ち合わせしても、

こちらの要望は伝わり難い。

例え小さな設計事務所であっても、
家族との時間を大切にし、
家事動線を現実として、理解できる人。

つまりは机上の空論で、
設計しない人であることが、とても大事です。

知り合いの大工さんに、家を建ててもらうのは正解か?

お客様(施主様)が大工さんに直接依頼する場合、
ほぼ100%、知り合いです。

そして親戚や知り合いの大工さんに
頼んだ方で
大満足しているケースは多くありません。

それは大工さんのほとんどが、
下請け仕事が中心となっているからです。

お客様と直接打ち合わせをすることは少なく、
どちらかというと、
決まったことを
決められた通りにつくる、ことは得意です。

でも新築でもリフォームでも、
家づくりは、打ち合わせが重要です。
打ち合わせまでを家づくり、
実際の工事は、作業と言い切る専門家もいるぐらいです。

大工さんは、
その一番重要な「打ち合わせ」の経験値が低いケースが多いので、
何を、どう伝えるのかという技術を持ち合わせていません。
それは結果、

言ったつもり、
伝えたつもり、
理解していると思っていた、
それは当たり前だから、

ということが多々起こるのです。
今の当り前と、昔の当り前は違っていることを、
大工さんは、気付いていません。

普段の会話がスムーズでないような方であれば、
絶対に頼むべきではないし、

たとえ雑談は得意だったとしても、
実際の家づくりが始まった時の打ち合わせに
問題がないかどうかは、やってみないとわかりません。

知り合いの建築会社に、家を建ててもらうのは正解か?

建築会社といっても
大中小、様々ありますが、

紹介のされ方が大事になってきます。
例えば事務員さんであれば、
「うちの会社のあの人ならば、こういう理由で大丈夫。」

という話であれば、一度会ってみる価値はあります。

本人が営業マンであれば
現場管理のことまで考えてくれるような方であれば
安心できる気がしますが、

割引きや特典にばかり
フォーカスして説明するのは、
ちょっと違う気がします。
家は大きな買い物ですので、

確かに、割引があるのは嬉しい。

でも割引きをするということは
それだけ利益を削るということで、
削った利益分を、どこで回収するつもりなのか、気になります。

知り合いに家を建ててもらう時の、お互いの腹の内。

お客様(施主様)は、知り合いなんだから安くしてくれるだろう。

八王子の大久保工務店

コレ、日本人には少なくない感覚です。
そして大工や建築会社は

知り合いだから打ち合わせ回数も少なくて済むな。
割引してやっても経費倒れになることはないだろう。

と思っているのです。
これをお互いが口に出して確認し合えばトラブルになりませんが、
阿吽の呼吸というか、
多分そう思っているさ、という想い込みがいけません。

打ち合わせが進むにつれて
お客様(施主様)は割引してもらったことは置いておいて、
自分の夢のマイホームに向けて、邁進し始めます。
そりゃ、自分の家だから当然です。

自然素材だって使いたいし、
よくわからないことも多いのに、
話を聞いてくれない。

でも建築会社の方は、
割引きしてやってるのに面倒なヤツだな

そう感じているのです。

そうやって
お互い負のオーラがいっぱいの家づくりになるケースも
たくさん見てきました。

言わなくてもわかるだろう、は厳禁です。

知り合いだからこそ、
お互いの想いを伝え、

本当にこの人に家づくりを託していいのか
この人の家づくりを担っていいのか、を
きちんと確認する必要があるようです。

アトピッコハウスでは、自然素材の家づくり「べっぴんハウス」を商品化しています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 知り合い | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? 知り合いの‥編 はコメントを受け付けていません。

布クロスで吸音性を求められるのか

投稿日:2017年07月06日 作成者:


最近マンションやアパートの音漏れを気にされる方が
多くいらっしゃるように思います。

床に入れる遮音材はもちろん、壁を布クロス施工した場合
より吸音性を高めることが出来るのかというお問合せを
頂きます。

布クロスで音の伝わり方は変わるのでしょうか。
今回はこちらについて考えてみたいと思います。

布クロスとビニールクロスの違いは?

自然素材の内装メーカー、アトピッコハウスの内藤です。
そもそもビニールクロス、布クロスとはどのように
違うのでしょうか。

一般的なクロスはビニールクロスとなり、素材の特性から
柄や色の種類が多く、施工も簡単なので、比較的安価で
スピーディーに仕上げることが出来るものです。

ただ、化学物質が含まれていたり、通気性が悪いのでカビの原因に
なったりといったデメリットがあります。

対して布クロスは綿、麻、レーヨン糸の色を織って作った
自然素材のクロスになります。

織り物ならではの高級感、重厚感を持ち、柔らかで温かみのある風合いが
特徴です。

また、織り物独自の特徴として吸音性、通気性に優れています。
質の良いものだと透湿性能をもっているので水分が
溜まらずカビやダニが発生しにくくなります。
シックハウスの原因となる有害物質が出ません。

デメリットとしては材料費、施工費共に
ビニールクロスに比べ高くなること、

クロスとクロスのつなぎ目が目立ちやすいこと、
ビニールクロスよりも施工に時間がかかる
ということが挙げられます。

音の響き方とは

同じ音でも外の広々とした場所で発する声と、
密封された室内で発する声は違って聞こえます。

狭い部屋で発する音は壁にぶつかり、
部屋の中を行き来して音が長く聞こえます。

そのぶつかる壁によっても響き方は変わってきます。

例えばお風呂はタイル張りが多いと思いますが、お風呂の中で発する
声って響きますよね。
その壁や床をマットなどで覆ったら響きは小さくなります。

布クロスの吸音性は?

さて本題ですが布クロスには吸音性があるのでしょうか。
答えは吸音性がある。です。

ただ、遮音材のように防音性はありません。
反射音が軽減されるということです。

先に書いたように、発生した音が硬い壁に跳ね返ることによって
音が響いてしまうのですが、布クロスは部屋の中で発生した音が
反響しないように吸音してくれるのです。

どんな布クロスでも吸音性がいいのか

ビニールクロスに比べれば布クロスの方が吸音性はいいです。
ただ、布クロスの中でも生地に厚みがあればあるほど吸音性が
高くなるといえます。

壁が厚ければいいということではありません。
布クロスの織目による細かい隙間に空気層があることが
吸音に有効となっています。

そのため厚いクロスの方が空気層も厚くなるため
吸音性が高いのです。

布クロスを選ぶ際には生地の厚さにも注目してみて下さいね。

いかがでしたか?

布クロスは遮音性はありませんが吸音性に優れています。

音漏れは気になるけれど、予算的にも大げさな遮音工事は
ちょっと・・・という方、布クロスをご検討してみて下さい。

当社では良質な布クロス、すっぴんクロスを取り扱って
います。

みなさんのお家作りが理想に近いものになりますように。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 布クロス 吸音性 | タグ: | 布クロスで吸音性を求められるのか はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー