アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

マンションの遮音等級は、どれ位が標準か?

  • 09
  • 12月
  • 2019

マンションは、共同住宅ですから、住人が
快適に過ごせるように、遮音規定という決まりがあり、
床であれば、遮音等級が決まっています。

ただ、その遮音等級というのは、マンションによって違っており、
どの遮音等級が、普通とか標準といったことはありません。

また建築された時期によって、遮音等級も変化しており、
さらには、マンションのグレードによっても、遮音等級に
違いがあります。

では、マンションの遮音等級とは、どれ位が標準なのでしょう?

L40とか、L45というのが遮音等級

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
マンションの遮音等級は、L40とか、L45といった
数値で表現されます。

また、単にL値という場合もありますが、
これは、LLとか、LHの略で、

LLは、軽量床衝撃音、LHは、重量床衝撃音のことです。
また、LHよりも、LLの方が重要なので、

単に、マンションの遮音等級で、L等級というと、
軽量床衝撃音のLLを指します。

また、L45程度に規定されている遮音性能が
一般的に多いように感じます。

遮音等級は数字が小さいほど厳しい

L40とか、L45といった数値で表される
マンションの遮音等級ですが、

この40とか、45といった数字の部分が小さいものの方が、
遮音等級は高く、また遮音性能は良い製品ということになります。

床がフローリングなどの場合は、
L45とか、L40が一般的だと思います。

というのも、それより厳しい遮音等級を設定した場合、
無垢フローリングにしろ、合板フローリングにしろ、

なかなか張替えが難しくなるからです。

マンションは、10年、15年経てば、リフォーム需要が発生します。
その時、床をフローリングにしたいというニーズは、

少なからず発生します。
その時、L等級が、あまりに厳しいと、
フローリング等に張替えが困難だからです。

L等級には、LLと、LHがある

マンションの遮音等級を表す数値に、LLとLHがある
という話をしました。

そして、LLとは軽量床衝撃音で、スプーンなどが
床に落ちた時に響く、小さくて、高い音です。

そして、LHとは重量床衝撃音のことで、
ボーリングの玉などを床に落とした時に発する

ドスンという大きくて重たい音です。

この2種類の音は、それぞれ階下への響き方が違っているので、
対策方法も違います。

マンションで求められる遮音性能は、この両方の音に対する対策で、
それぞれ遮音等級が定められている訳です。

スラブ厚によっても性能は変わる

スラブというのは、1階と2階の「境い目」の床のことです。
マンションの場合、2階のお宅の床は、1階のお宅の天井
ということになりますが、

その「境い目」の床が厚ければ、厚いほど、
階下への音の伝わり方は、軽減されます。

しかし、「境い目」の床が厚くなれば、建築工事費も、
余計にかかるため、マンションの販売価格も高く

ならざるを得ません。

すると、そのマンションを買える人も限られてくるので、
建築計画そのものに、影響が出てきます。

許可が出るかどうかは、管理組合次第

マンションで規程されている遮音性能が、Lいくつであっても、
床をリフォームしたいという場合は、

遮音等級を守った工事内容でないと、
管理組合から、許可がおりません。

マンションの扉から内側は、自分のものであっても、
「共用部分」に影響を与える工事の場合は、
住民を代表する管理組合の了解を取る必要があり、

許可をもらえなければ、工事は出来ない訳です。

いかがでしょうか?

マンションには、遮音規定があり、床であれば、Lいくつといった
遮音等級が定められていますので、

遮音等級を守って、リフォーム工事をする必要があります。

また、マンションの遮音等級はLLと、LHがありますが、
一般的には、LLが重要であり、

単に、L値とか、L等級といった場合は、
LLのことですから、

管理組合で規程しているL等級を守って、
仕様を決定し、管理組合の許可を取られると良いと思います。

アトピッコハウスには、最大L40の遮音性能を発揮する
床遮音材「わんぱく応援マット」がありますので、

マンションで床リフォームをお考えの方は、
資料をご請求ください。

床遮音材 わんぱく応援マット