はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» 後藤 坂社長のブログ記事

漆喰の塗り方を学んでも塗れない

投稿日:2017年03月15日 作成者:


漆喰をDIYしたいということで、
塗り方のお問い合わせを頂くこともありますが、

本物の漆喰の塗り方を学んでも、
素人の方が、簡単にDIY施工できるようなものでは
ありません。

では、漆喰の塗り方とは、どんなものでしょうか?

本物の漆喰は、素人には塗れない

漆喰は、施工が難しい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
原料の意味で言うと、本物の漆喰は、
消石灰に糊などを加えたものです。

下地を含めて、漆喰と考えている人も
多いと思いますが、

漆喰とは、土壁の上に塗られた
白い「仕上げ材」です。

大した厚みは、ありません。

しかも、平滑な下地を作らないと、
平滑に仕上がらないし、

漆喰調と呼ばれる平滑(フラット)な仕上がりに
しようと思うと、

ちょっと塗り方を学んだ程度では、
上手く仕上がりません。

問題は塗り方ではなく、施工の技術の問題なのです。

塗れないのは、技術的な問題

素人には、この平滑に仕上げるというのが
とても難しいので、

もし、平滑に仕上げたいなら、
塗り方を学ぶよりも、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

本物の漆喰は、DIYで施工できるほど、
簡単な素材ではありません。

もし、仕上がりの品質は兎も角、
本物の漆喰が塗りたいという場合は、

大らかに取り組めば、多少ヘタクソに
仕上がっても、「味」だと思えるし、「思い出」だと
思えると思います。

しかし、もし、それなりの仕上がりを期待するのであれば、
素人では、無理だと思います。

と言うのも、いくら塗り方を学んでも、
平滑とかフラットと呼ばれるレベルにしようと思うと、
技術力が必要だし、腕がよくないと、

無理だからです。

養生や下準備は解説出来ても、
コテの動かし方などは、

実際にコツを掴まない限りは、
右利きの人は、左の上隅から塗り始めてください
といった程度のことしか言えないし、

さっと全体に軽く塗って、その後仕上げてください
といった程度のことしか言えません。

漆喰を塗りたいなら、漆喰風

もし、DIY施工で、漆喰を塗りたいのであれば、
本漆喰の塗り方を学ぶのではなく、

漆喰調の塗り壁を塗ればいいと思います。

漆喰調に仕上がる塗り壁の方が、
本物の漆喰よりも、施工が簡単です。

漆喰の扱い難さが解消されていますから、
施工も簡単で、それなりの仕上がりにも
なると思います。

そして、漆喰調の塗り壁を施工する場合でも、
本漆喰を仕上げる時のように、

平滑とかフラットという仕上げを希望しない方が
いいと思います。

多少「コテ跡」は残ってもいいとか、
はっきりとした仕上げパターンをつけると、
決めておいた方が、

工事が簡単です。

そもそも漆喰に何を求めるか

漆喰の塗り方を学ぶ前に、
そもそも漆喰に何を求めているのかを
考えた方がいいと思います。

本物の漆喰であることが重要なのか、
漆喰風の壁に仕上がることが重要なのか?

そして、漆喰の塗り方を学んで、
自分で塗ることに、意味があるのか?

等といった問題です。

もし、消石灰を原料とした「本物の漆喰」である必要がない
のであれば、

もっとお手軽に、漆喰風に仕上がる塗り壁にされた
方が、いいように思います。

昔の漆喰と今の漆喰は違う

本物の漆喰は、消石灰を原料とした「白い壁」ですが、
表面に塗られている部分は、1mm、2mm程度の
厚さしかありません。

現代の漆喰調塗り壁も、表面の仕上げという意味では、
やはり本物の漆喰同様に、

1mm、2mmの塗り厚です。

しかし、昔の漆喰と、今の漆喰は、
根本的に下地が違います。

昔の漆喰の下地は、厚みが15cmも、20cmもある
土壁でした。

しかし、今の漆喰は、下地が石膏ボードです。
つまり、調湿性能がないので、

本物の漆喰を塗る場合でも、
現代は、下地が石膏ボードになるので、
調湿性能は期待できないのです。

もし、調湿性能を期待して、漆喰を塗りたいというのなら、
現代の漆喰調塗り壁の方がいいと思います。

いかがでしょうか?

漆喰の塗り方を学ぶといっても、
本物の漆喰を塗りたいのか、漆喰調の塗り壁でいいのか、
それによって選択肢が変わると
ご理解頂けたでしょうか?

本物の漆喰の施工は難しいです。

目的にもよりますが、漆喰の塗り方を
学ぶよりも、プロに工事を依頼した方が
いいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 塗り方 | タグ: , | 漆喰の塗り方を学んでも塗れない はコメントを受け付けていません。

漆喰の下地は、石膏ボード?

投稿日:2017年01月27日 作成者:


一言に「漆喰」といっても、
今の漆喰と、昔の漆喰は違います。

その一番違うものが「下地」なのです。

また、漆喰そのものも、昔の漆喰と、今の漆喰では、
原料も違うし、使い方も違います。

漆喰に何を求めるかにもよりますが、
漆喰の下地を含めて解説してみたいと思います。

昔の漆喰と、今の漆喰は違う

漆喰の下地は、石膏ボードです

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
漆喰は、消石灰に糊や接着剤を加えた塗り壁です。
消石灰の原料は、生石灰(きせっかい)と呼ばれるもので、

生石灰は、石灰岩から作られます。

漆喰は、炭酸ガスを吸収するから、
環境に優しいといった言い方をしますが、

実は、漆喰を作る過程で、大量の燃料を使うので、
環境に優しいという話は眉唾ものなのです。

それは兎も角、まず、石灰岩を焼いて、
生石灰を作り、それに水を加えて、

消石灰を作ります。

これが漆喰の原料になる訳です。

本物の漆喰は、この「消石灰」を原料にしたものですが、
扱いは危険だし、難しいです。

本物の漆喰は、素人の方が、DIYで塗るような
代物ではありません。

一番違うのは、漆喰の下地

今の漆喰と、昔の漆喰の一番の違いは、下地です。

昔の漆喰は、下地の壁が土壁でした。
竹木舞(たけこまい)と言って、竹を編んで、下地を作り、

そこにワラを混ぜて、発酵させた土を塗って、
下地を作る訳です。

その土の発酵にも、昔は、半年も1年も掛けていました。
だから、現代のように、

チャチャと「家が建つ」ということが無かったのです。
キチンとした家は、完成するまでに1年も2年もかかりました。

しかし、今は、そんな家の作り方をしていません。
それは、本格的な家であってもです。

よほどこだわって指定しない限り、土壁の下地の家なんて、
ほぼありません。

それは、田舎であっても同じです。

漆喰風と、本漆喰

漆喰というと、ツルっとした感じに仕上がった
白い壁をイメージする方が多いと思います。

まさに、漆喰のイメージは、あれだと思います。

だから、「漆喰風」に仕上がった塗り壁でいいのか、
あくまで、消石灰を原料にした「本漆喰」がいいのか?

そこをはっきりとさせるべきだと思います。

今はどちらの漆喰も、下地は石膏ボード

ただし、漆喰風の塗り壁にしても、
本漆喰にしても、今は、下地は、全て、石膏ボードです。

また、石膏ボードには調湿性能はないので、
下地が壁の調湿性能を補ってくれるということはありません。

もし、塗り壁に調湿性能を期待するのであれば、
それは、仕上げ材そのものに調湿性能があるかどうか、

また調湿性能の高い仕上げ材を塗らないとならないと
いうことです。

もともと本漆喰は、調湿性能に優れた素材ではありません。
昔の漆喰が調湿したのは、

下地が「土壁」だったからです。

漆喰に何を求めるか?

内装の仕上げに漆喰を塗る場合、
何を期待して、漆喰にするのかを

スタートの前に、キチンと描いておく必要があると思います。

もし、漆喰調の仕上がりを希望していて、
調湿性能も求めているのなら、

調湿性能が「担保」されている「漆喰風」に仕上がる
塗り壁がいいと思います。

本漆喰にしても、漆喰調の塗り壁にしても、
下地は、石膏ボードです。

調湿性能の良し悪しは、仕上げ材料の
性能で決まります。

いかがでしょうか?

漆喰の下地に関して書きましたが、
昔の漆喰も、今の漆喰も「下地」は、

同じく、石膏ボードです。

もし、調湿性能を期待しているのなら、
下地の石膏ボードには期待できません。

漆喰調に仕上がるだけでいいのであれば、
本漆喰を選ぶ必要はないと思います。

でも、やはり「消石灰」を使った
「本漆喰」がいいということであれば、

調湿性能は、期待されないことです。

アトピッコハウスでは、漆喰調に仕上がる
「漆喰美人」という塗り壁を作っています。

こちらは、粘土の化粧品などとしても使われる
モンモリロナイトを主原料にしていますので、

消石灰を使った「本漆喰」ではありません。

しかし、一般的な漆喰の2倍以上の調湿性能があります。

もちろん調湿性能だけに限ったら、
珪藻土系の塗り壁の方が、性能が良い可能性があります。

といっても、調湿性能は、JIS規格で、キチンとした
評価基準があるので、

JISに基づき、どの程度の性能があるのかを
調べておかれるといいと思います。

漆喰美人の調湿性能は、94g/㎡/24hです。

また、下地に関しては、漆喰美人も、普通に「石膏ボード」です。

アトピッコハウスの漆喰調塗り壁「漆喰美人」のことを
詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰 下地 | タグ: , | 漆喰の下地は、石膏ボード? はコメントを受け付けていません。

自然素材の家を手に入れる手順

投稿日:2017年01月17日 作成者:


自然素材の家にあこがれを持つ人は多いと思います。
しかし、「高い」とか「メンテナンスが大変」だとか、
色々言われて諦める人が多いのも、事実。

では、自然素材の家を手に入れるためには、
どんな手順を踏めばいいのか解説してみたいと思います。

契約前に、希望を伝えることが大事

アトピッコハウス 後藤

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
もし、もう既に、自然素材の家にすることを
意志決定している場合なら、

これからお伝えする手順で、話を進めれば、
比較的スムーズに、ことが運ぶと思います。

しかし、もし、まだ迷っているなら、
ご自身の意思を固める必要があります。

自然素材の家は高い? まぁ、それは、事実ですね。
合板フローリングとか、ビニールクロスといった
新建材より、材料費も高いし、工事に手間暇がかかるので、

どうしても、価格は高くなってしまいます。

しかし、「メンテナンスが大変」というのは、
大いなる誤解です。

自然素材の方が、メンテナンスは簡単なように
思います。

無垢フローリングは、フローリングワイパーで拭き取れば
掃除機なんて、しょっちゅう掛ける必要はないし、

ましてやワックスなんて、年に何度もかけるものでも
ありません。要は、ほったらかしで、

大丈夫な感じです。

ただ、塗り壁なんかの場合は、ボロボロしない製品を選ばないと、
掃除も大変だし、洋服も汚れるから、

生活そのものが、不自由になります。

だから、製品選びに、多少の注意は必要だとしても、
自然素材だから、メンテナンスが大変だということはありません。

ということで、自然素材の家を手に入れたいと意志決定されているなら、
建築工事を依頼する工事業者の方に、

「契約前」に、依頼しておくことが大事な手順です。
契約後の変更だと、嫌がられる場合もありますが、

契約前なら、まず、受け入れてもらえる可能性は
高いのです。

出来れば契約書に織り込む

自然素材の家を手に入れる手順の、その2は、
そのことを契約書に織り込むことです。

また、どんな素材にしたいかを
具体的に指定すべきだと思います。

自然素材に慣れていない建築業者の場合、
「自然素材」そのものが分かっていないので、

「珪藻土」とか「無垢フローリング」と言っても、
ご自身がイメージしているような素材を
入れてもらえない可能性があります。

その建築業者の方が、普段使っている
「使いやすい素材」で良ければ、それでいいのですが、

もし「アトピッコハウスの自然素材」とか、特定の素材を
指定したい場合は、「メーカー名」と「商品名」と「品番」まで
伝えないと、希望の商品は、入らないと考えた方がいいです。

希望の自然素材を施主指定する

この「メーカー名」や「商品名」を指定することを
「施主指定」と言いますが、

もし、希望の「自然素材」があるのであれば、
「施主指定」し、「そのこと」を契約書に織り込むというのが、

一番間違いのない手順です。

「自然素材を希望しています」といった程度のことだと、
おそらく「適当な」自然素材をあてがわれます。

実は、パートナー選びが大事

品質の高い自然素材の家を手に入れようと思うと、
実は、誰に工事を依頼するかといったことが、

とても大事になります。

普段から、自然素材を使いなれている工務店であれば、
「標準仕様」も、それなりに充実している可能性があります。

そして、ご自身が希望される自然素材を「施主指定」しても、
スムーズに工事してくれる筈です。

これまで付き合いがないメーカーであっても、
問合せしてくれて、取引きできるように

段取ってくれます。

自然素材の家をスムーズに手に入れるためには、
実は、工事業者(パートナー)選びが

最も大事な手順なのです。

もし、腕が良くて、信頼できる人であれば、
「施主指定」して、あとは、安心して任せれば、
OKです。

ただし、その場合でも、契約前にメーカー名と、商品名を伝え、
契約書に織り込むべきであるといった部分に関しては、
同じです。

だから、認定店を増やしたい

アトピッコハウスは、自然素材の内装材メーカーです。
家は建てていません。

しかし、「アトピッコハウスの素材」で家を建てたい、
自然素材の家を手に入れたいという方のために、

全国に「認定店」を作ろうとしています。

それは、「アトピッコハウスの素材」を使ってほしい
ユーザーにストレスや負担をかけずに、

スムーズに希望を叶えてもらえるようにしたいからです。
でも、まだまだ認定店の数が足りません。

将来的には、全国に200社の認定店を作りたいと
考えていますが、まだまだこれからです。

いかがでしたか?

自然素材の家を手に入れる手順のイメージが湧いてきましたか?
もし、アトピッコハウスの素材を使った家にしたい場合は、

お近くのアトピッコハウス認定店にお問合せ頂くのが、
最も良いと思います。

そして、もしリストの中になくても、「仮登録中」の方が
いる場合もあるので、

アトピッコハウスに問合せしてみるという方法もあります。

そしてまた、仮に、近所に「アトピッコハウス認定店」も
「仮登録中」の方もいなくても、

工事を依頼する予定の建築業者の方に、
自然素材の家を希望していることを伝え、

メーカー名と製品名を「施主指定」して、
その内容を契約書に、明記してもらうのです。

「自然素材を使いたいと言った」とか、「大丈夫です」と言ってくれた
という口約束だけだと、あとで、トラブルになる可能性があるのです。

アトピッコハウスでは、自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材の家 手に入れる 手順 | タグ: , , | 自然素材の家を手に入れる手順 はコメントを受け付けていません。

新年あけましておめでとうございます

投稿日:2017年01月10日 作成者:


アトピッコハウスでは、年賀状を廃止しています。
今年初めて、年賀状を下さった方、ありがとうございます。

そして、申し訳ありません。

アトピッコハウス 後藤坂

年末に、年賀状の代わりに、ニュースレターを
お送りしていた時期もありましたが、

現在は、それも止めていますので、年末年始に
改めてのご挨拶というのをしておりません。

しかし、新年になって、気持ちもリフレッシュしております。

昨年は、10月末に事務所を移転致しました

今までの事務所は、鎌倉市佐助1-2-4にありました。

そして、今度の事務所は、同じ鎌倉でも、
鶴岡八幡宮とか、小町通りのある、東口です。

住所は、鎌倉市雪ノ下2-6-5です。

鶴岡八幡宮の左隣です。

小町通りを突っ切って、鶴岡八幡宮を右手に見ながら、
そのまま真っ直ぐすすむと、左側に「里のうどん」
というお店があるので、

その先を左に曲がると、ちょっと先の左側に、卵色の建物が見えます。

そこが、新生アトピッコハウスです。

玄関アプローチの外構工事もやっと終わって、
ある程度格好が整いました。

春先には、植栽を整える予定です

まだまだ発展形の事務所なので、初期の構想が全て実現するまでには、
もう少し時間がかかります。

1階は、事務スペース、2階は、セミナースペースです。

事務所を鎌倉に移転して、まる7年が経過しましたが、
構想通り、まる7年が経過した段階で、

今の場所に移転することが出来ました。

理想から言うと、もっと広い場所が希望ではありましたが、
鎌倉駅から10分ほどで歩けて、

しかも、小町通りを通って、来社頂ける環境は、
お客様にも好評なので、

まずは良し、としたいと思います。

会社も創業から、21年が経過し、22年目に突入しました

過ぎてしまえば、あっという間です。

「波瀾万丈どんと来い」を信条にしていますので、
何があっても、楽しく笑って過ごしています。

段々ずぶとくなって、少々のことでは、
オロオロしなくなりました。

やりたいことが沢山あるので、いちいちストップしていられません。

やってみて、失敗したら修正して、
再度挑戦する。

そんなことの繰り返しですね!

今年も、全力で行きます

関係者の皆様、新しく知り合うお客様、
今後とも、よろしくお願い致します。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 2017新年 ご挨拶 | タグ: , | 新年あけましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

2016年末年始のご案内

投稿日:2016年12月27日 作成者:


アトピッコハウスも、いよいよ今日が仕事納めです。
例年であれば、年内ギリギリの注文が入ったり、
商品が届かないといったことが相次ぎ、

バタバタの日が続くのですが、今年は穏やかです。

早い会社は、12/23から休んでいるところもあるようですね。
その影響でしょうか?

12/28~1/4までお休みです

オハナとマール

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤です。
アトピッコハウスの年末年始のお休みは、
12/28(水)~1/4(水)までです。

ホームページは、24時間365日、
年末年始も稼働していますが、

実際に、資料を発送させて頂くのは、
1/5からです。

資料の発送は、1/5からです

ホームページから資料請求すると、
「自動返信メール」が届きます。

慣れない人は、「えっ、仕事しているの?」と
思われるかも知れません。

しかし、それは、コンピューターが自動的に
応答しているだけで、

会社には誰もいません。

もちろん、電話を頂いても、呼び出し音が鳴るだけです。

ホームページの資料請求フォームから
資料のご請求を頂いた場合、

実際に資料を発送させて頂くのは、1/5(木)となります。
お急ぎの場合は、「有料」の配送をお選びください。

普通の「無料の配送」だと、発送から1週間程度
かかる場合もあります。

今年は、事務所を移転しました

横浜から鎌倉に移転して7年が経過しました。
前の事務所の契約が7年間だったので、

7年後には、移転したいと考えていましたから、
構想が実現できたといった感じです。

今までは、鎌倉駅西口から徒歩10分でしたが、
今度の場所は、反対側の東口から徒歩10分ほどの距離です。

小町通りという一番賑わっている商店街を通って、
鶴岡八幡宮を右に見ながら進むと、

わりと分かりやすい場所に、
アトピッコハウスの新事務所はあります。

鶴岡八幡宮にお参りしてからお越しくださいと
ご案内できる経路です。

旅行にも行かせて頂きました

今年は、9月に社長と専務の2人揃って、
海外旅行にも行かせて頂きました。

2人揃って会社を留守にするのは不安もありましたが、
大きなトラブルもなく、

無事に帰ってきました。

インターネットの発達は有難いです。

どこにしても、インターネット環境さえあれば、
会社の状況を把握できる。

時差さえ克服出来れば、リアルタイムに
スタッフに指示を出すことも出来ました。

初めての試みでしたが、今後も、時々2人揃って、
旅行に行きたいと考えています。

2017年も全力で行きます

人はいつ死ぬか分かりません。

「仕事」も「遊び」も、「明日やろう」「いつかやろう」と
思っていては、やれず(やらず)に終わる可能性だって
あります。

やって失敗するよりも、
やらなかったことを後悔する人生は、勿体ないと
思います。

やりたいことがあつたら、「今すぐやる」。
お金、時間、健康? 今ある資産の中で、

出来る「やり方」があると思うので、
それで実現させればいいと思います。

2016年も、楽しく仕事をさせて頂きました。
旅行にも行ったし、事務所も移転したし・・・

プレッシャーのかかることもありますが、
日々楽しいです。

2017年も、全力で行きます。

私たちが届けたいと思っている価値観を
広く発信して、世の中の役に立ちたいと思います。

2017年も、よろしくお願い致します

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 2016 年末年始 | タグ: , | 2016年末年始のご案内 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー