はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

注文住宅と規格住宅のよいところ悪いところ

投稿日:2016年06月02日 作成者:


全てを一から決めていく注文住宅と違って、
ハウスメーカーや工務店が提示する規格住宅は
なんとなく面白味に欠けるような気がします。

でも、自分の希望を事細かに伝えるのって難しい。

何が一番優先させたいことなのかを自分でしっかり理解していれば
その希望に合った注文住宅をシンプルに手に入れることができます。

注文住宅が増えています

注文住宅は難しい

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

人生に1度あるかないかのマイホーム新築。
誰もが憧れ、夢を膨らませる、一大イベントです。

せっかくなら、
間取りや構造を全て自分の好きなように設計して
個性あふれるマイホームを持ちたい!という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、注文住宅で
全てを自分で決めるというのは
相当な労力を要します。

設計士さんとの打ち合わせも何回にも及びますし、

どうしてもこうしたい!という
具体的な計画や希望を強く持っていれば別ですが、

多くの方は漠然と
こだわりのある家がいいなぁ~という程度で、

注文住宅にしてみたものの、
自分の希望を細かく正確に伝えられず
打ち合わせを重ねれば重ねるほど
訳が分からなくなって深みに嵌ってしまうケースもあります。

もちろん、その分コストもかかります。

打ち合わせ費用に始まり、
図面を一から作成する費用や
特別な設備や素材を取り寄せる費用など、
どんどんコストは嵩んでいってしまいます。

規格住宅はいたってシンプル

では、大手ハウスメーカーなどで売られている
規格住宅だと、どうでしょうか。

一貫した生産体制のもとに作られるため
コストは抑えられます

打ち合わせも少なくて済み、
余計なストレスがかかりません。

モデルハウスを実際に見てから
決めることができる場合が多いので、
住み始めてからの暮らしが具体的に想像しやすく、
大きな失敗はまず無いといっていいでしょう。

ただ、規格住宅の場合、
メーカーが用意した構造、間取り、素材を使用するため
どうしても個性のようなものは出にくいです。

立地さえよければ特に希望は無い、
という方にはおすすめですが、

こだわりの家を作りたい人にとっては
規格住宅は少し物足りないかもしれません。

一生に一度かもしれないお買いものなのに、
こんな簡単に決めていいの?と
思ったりもしてしまうかもしれません。

住宅に何を一番に希望するか

注文住宅は大変だけれど
普通の規格住宅もちょっとね…と思う。
大半の人が、そういうケースなのではないでしょうか。

そういう時は、
自分が住宅に何を一番に希望するのか
考えてみましょう。

一日の大半の時間を過ごす「家」という空間は
奇抜なデザインよりも、
最新の設備よりも、
やっぱりなんといっても
気持ちよさ」が大事です。

自然素材にこだわるという選択

気持ちよい家なのか、
息が詰まる家なのか、はもちろん
部屋の大きさや、
住んでいる人によりますが、

素材も大きく関係してくるかと思います。

新しい家に自然素材を使いたい、と希望する人は多いです。
でも、

メーカーと契約した後に
いざ、自然素材を使いたいと言っても
受け入れてもらえない場合があります

自然素材を普段使っていないメーカーは、
自然素材を特別なルートから取り寄せないといけないし
そのための職人を探さないといけないので、

受け入れてくれたとしても
結局、大幅にコストがあがってしまうこともあります。

自然素材の注文住宅

だったら、最初から自然素材を標準施工として
普段から扱いに慣れている工務店に頼むのが一番です。

自然素材に慣れている工務店なら
きちんと素材の性質を分かってくれているので
余計な心配も要りません。

良心的な工務店であれば、
自然素材の長所だけでなく、短所も説明した上で
生活上でのアドバイスなどもしてくれるでしょう。

アトピッコハウスでは、
自然素材の家「べっぴんハウス」を商品化しました。

自然素材を使いたいという交渉をしなくても
自然素材をふんだんに使った家が作れます。

土地に合わせてサイズを選び、
ご予算に合わせてグレードを選ぶ。

家の形や設備は決まったものを使いますが、
間取りは自由です。

注文住宅と規格住宅の、ちょうどいいところを
半分ずつ取った、べっぴんハウス。

お近くにアトピッコハウス認定店があれば、
ぜひ相談してみてくださいね。

11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 注文住宅 規格住宅 | タグ: , | 注文住宅と規格住宅のよいところ悪いところ はコメントを受け付けていません。

家づくりのスタート、何からすべき?

投稿日:2016年05月31日 作成者:


すぐに思いつく建築業者さんと言うと、
テレビCMがたくさん流れている「ハウスメーカー」でしょうか?
または、こだわりの家を建ててくれそうな「建築士」?

どんな会社に依頼するにしても、
ご自身の希望をスムーズにかなえてくれてる相手が、
最適な業者さんであることは間違いないですね。

それでは、どこを選んでも正解ならば、どうやって選べばいいのでしょうか?

「ここに依頼してよかった!」というゴールのためには、
まずは、何が叶えば「よかった!」と思えるかを考えなければなりません。

家づくりのスタートは、
ハウスメーカーや建築士、工務店などの、会社選びから始まります。

家は、一生に一度の買い物ですし、
決めることも山のようにたくさんあります。

家づくりにかかる労力は、始める前に想像しているよりも
すっと大変だったと感じる方がほとんどです。

少しでもスムーズに家づくりを進めるには、
良いスタートを切らなければなりません。

一緒に家づくりを進めるパートナー選びがうまくいけば、
きっと楽しく家づくりを進められるはずです。

では、良いスタートをきるために、
どうやって選択肢を絞っていくのか、ちょっと考えてみましょう。

まずは、自分の希望=ゴールを明確にします。

家づくりの始め方、何から決めたらいいのでしょうか?

アトピッコハウス(株) スタッフの手島です。

ゴールを明確にすることで、
そのゴールまでの手段を選ぶことができます。

ここでいう「希望」とは、

例えば、
「小さくても質の高い家」だとか、「広くて自由な間取りがいい」だとか、
「あのCMみたいな家がいい」などといったものです。

どの希望をとっても、予算は必要ですから、
他の部分にかける予算を小さくしなければなりません。

「他をあきらめてでも、これだけは実現したい!」

という希望を、まずは考えてみましょう。

なかなか思い浮かばないこともあるかもしれませんが、
そんな時は、
HPや、住宅展示場や、現場見学会をのぞいてみましょう。

お気に入りポイントが見つかるかもしれません。

こんな家に住みたい、という考えがまとまってきたら、
次に取り掛かるのが、

建築会社選びです。

自分の希望は、どんな会社に依頼すると叶うのか?

どんな会社にも、得意・不得意があります。
万能な人がいないように、万能な会社はありません。

「同じ家を建てるんだから、そんなに変わらないのでは?」
と思うかもしれませんが、

もし自然素材と新建材の取り扱いで例えるならば、
フレンチのシェフに寿司を握れ、というくらい違います。

ですから、
それぞれどんな違いがあるのか、ちょっと考えてみます。

まず、「テレビCMのような家に住みたい」のならば、
そのCMのハウスメーカーに依頼すれば、必ず実現しますね。

ハウスメーカーには「大手に依頼する」という安心感もあります。

次に、他とは違う、スタイリッシュな間取りをご希望ということならば、
好みに合う建築士に問い合わせてみるという方法があります。

好みに合うかどうかは、

HPに載っている施工事例や、
複数の建築士さんが集まって開催されるイベントなどに
足を運んでみるなどして、確認ができると思います。

そして最後に地元工務店。

地域密着だから分かること・助かることって、意外に多いものです。

家は、住み始めてからもずっと付き合っていくもの。

ちょっとしたトラブルはつきものですから、
近くに建ててくれた業者さんがいるというのは、心強いものですよね。

「住み始めてからも頼れる業者さんがいい」と思われる方には、
絶対におすすめです。

また、無垢フローリングや塗り壁などの自然素材を取り入れたい場合は、
自然素材に力を入れている地元工務店に相談しましょう。

自然素材の取り扱いは、
取扱説明書では説明できず、経験からしか取得できない技術が必要です。

自然素材に慣れない会社に依頼すると、
見積が高くついてしまったり
施工でトラブルが起きたりすることもあります。

普段から自然素材を取り扱っている会社に頼めば、安心なのです。

いくつか例を出してみましたが、
ご自身がどんな業者さんに相談するのがいいのか、
少し見えてきましたか?

では次に、

担当者と自分との相性をチェックしましょう

たとえ、自分の希望を叶えるのが得意な会社を見つけても、

窓口である担当者の方に
自分の希望をうまく伝えられなくては、大変です。

ちょっとした言葉のニュアンスや感性は、
なかなか言葉では表現しつくせない部分があります。

「おや?話したいことが伝わっているのかな?」と感じた人と、
じつは誤解が生じていたなんてこと、人付き合いでも、よくありませんか?

明確に伝えることも大事ですが、
相手と感性が共有できるという「相性」も、

たくさんのコミュニケーションが必要な家づくりにおいては、
思った以上に大切な要素だったりします。

この人に、家づくりを頼みたい!と思える人に出会えると、
家づくりは、最後までスムーズに行くことが多いものなのです。

さて、ここまでくると、
そろそろ、家づくりのスタートの準備が整ってきますね。

そこで次は、大事なポイント。

希望は、契約前に伝えましょう。

どんな家づくりでも、予算には限りがありますから、
希望をすべて叶えるのは難しいです。

最低限かかる費用があり、
さらに希望を叶えるために予算をかけることによって、
何かをあきらめて予算内に抑えるのが、

見積、という作業です。

契約前に、絶対にゆずれない希望を伝えておけば、
建築業者さんは、
その希望を実現するために、一生懸命考えてくれます。

そうして、何とか枠に収まった予算や日程に、

後から、あれもしたい、これもしたい、と言ってしまうと、
全てが狂ってしまいます。

家は、一人では建てられません。

基礎工事の業者、大工、内装業者、配管・配線の業者、外構業者など、
これ以外にもたくさんの人の手によって、
一軒の家が建てられます。

一つ歯車が狂ってしまうと、
全ての予算、予定を組み直さなければならなくなりますから、
なかなか単純にはいかないものです。

契約後に、内容を変えるというのは、なかなか至難の業なのです。

これは、ハウスメーカー、建築士、工務店など、
どこに依頼しても共通することですので、

本当に大事なことです。

話は最初に戻ってしまいますが、
まずは自分の希望を明確にして、絞る作業が何よりも大切だということが
お分かりいただけましたでしょうか?

ここまできてやっと、
家づくりのスタートを切ることができるのです。

どれも手探りで、とても大変な作業ではありますが、
考え方は単純だったかと思います。

自分の希望を明確にして、
その希望を実現するのが得意な業者に相談する。

希望は、契約前に必ず伝えて、
あとはおまかせする、というわけです。

うまくスタートが切れれば、
その後の労力を最小限に抑えることができるはず。

どうか一人でも多くの方が、
希望通りの家を、楽しく作り上げていくことが出来ますように。

11

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 家づくり スタート | タグ: , | 家づくりのスタート、何からすべき? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングの住み心地

投稿日:2016年05月31日 作成者:


おしゃれなカフェや雑貨屋さんで、
床を無垢フローリングにしているお店、最近よく見かけます。

和風にも洋風にも、レトロにもモダンにも何でも似合っちゃう上に、
素朴でナチュラルな風合いは居心地がよく、
本物の木がかもし出す雰囲気は、
インテリアをグッとレベルアップしてくれます。

だけど、ネットで検索すると否定的な話題も多く、
本当のところは、どんな住み心地なのか、気になるところですよね。

調べていくうちに、難しく考えがちになってしまいますが、
実際の住み心地について、感想・気になったことをお話してみますね。

一年通して、部屋を心地よくしてくれる無垢フローリング

無垢フローリングの部屋、気持ちがいいです

アトピッコハウス(株) スタッフの手島です。

私は約1年前、中古物件に引っ越した際に、
キッチン~ダイニング~リビングを無垢フローリングにしました。

子どもが小さく、夜も家族揃ってリビングに布団を敷いて寝ており、
ほぼ一日中、無垢フローリングの部屋で過ごしています。

季節が一回りして、感じたことをお伝えすることで、
無垢フローリングの家の住み心地を
イメージがしやすくなってくれたら嬉しいです。

さて、最近は気温と共に、
湿度が高い日も増えてきましたね。

春、湿気の上昇とともに、木のいい匂いがする

湿度が上昇すると、
いろいろなモノのにおいが、良くも悪くも強くなってきます。

湿度の高い日、
外から帰ってきてドアを開けると
心地よい木の甘い香りが、ほのかに香ります。

また天然の木ですから、
ある程度、湿気を吸ってくれる効果があります。

外の空気が気持ちの良い季節ですが、
アスファルトの上を歩いているより、
無垢の部屋で窓を開けているときの方が、

さらりとして心地いい気持ちがします。

夏、サラサラと歩き心地がいい

無垢フローリングの部屋以外は、すべて合板フローリングの我が家。

合板フローリングの部屋は、
歩くと、ベタベタします。

マメに拭き掃除をしても、すぐにベタベタします。

世の中にはいろいろな床材が販売されていますが、
べたべたしない床となると、
無垢フローリングかコルクか畳くらいでしょうか?

木やイグサなどの自然素材は、
足の汗も受け止めてくれるんですね。

さらには、素足で歩いているときに床につく汗や皮脂は、

ワックスと同じように、
無垢材の表面を保護する役割を果たしてくれるんです。

私は自然塗装のフローリングを敷いて1年たちますが、
ごくたまにクリーナーで拭き掃除をする程度で、

今のところワックスの必要性を感じていません。

ツヤツヤした床がお好みの方以外、
とくにワックスがけを気にすることもないかもしれません。

秋、暗い夕方、家に帰ると昼間の太陽の暖かさが気持ちいい

合板フローリングも暖かくなるという点では同じかも知れませんが、
無垢フローリングは、たとえ硬めの樹種でも

柔らかなぬくもりを感じることができます。

合板フローリングのように
表面をウレタン加工でぴたっとコーティングされていない分、
感触に奥行きを感じるのでしょうか。

コーティングされていないというのは、触って心地よいだけでなく、
木の自然な呼吸を邪魔しないというメリットもあります。

ベタベタする夏もさらさっとしていたのは
このおかげですね。

秋になって空気が乾燥してくると、
春から夏にかけて、呼吸することで湿気を含んでくれていた無垢フローリングも、
水分量が減ってきます。

乾燥している時期に気づいたこととして一つ挙げるとすると、

フローリングとフローリングの隙間が
夏よりも少し大きくなる点でしょうか?

足の裏で分かるほどではありませんが、

うっかり食べ物をこぼしてしまい、
隙間に挟まったのを、つまようじで掃除したことがありました。

ただ、木が呼吸することで、
1年を通して膨らんだり縮んだりするものだと分かっていれば、

びっくりすることもないですね。

冬、底冷えしない木のぬくもり

冬の底冷えは、足が痛くなるほどですよね。

合板フローリングしか知らなかった頃は、
これが当たり前だったのですが、

アトピッコハウス事務所で仕事をするようになって、

無垢フローリングは、
部屋さえ暖めれば、スリッパをはかなくても寒くない
ということを初めて知りました。

触ると暖かいわけではないのですが、
合板フローリングやクッションフロアなどの無機質な冷たさのように、
ピリッとした冷たさはなく、

ずっと足に優しいです。

そして冬といえば、年末の大掃除ですが、

昨年末、床掃除をしたときに、
今まで気づかなかったシミを見つけました。

拭いてみたら、ジャムが落ちて時間が経ってしまったものでした。

長時間にわたって放置してしまったので、
拭き取っても消せず、シミになってしまいました。

トホホと思ったのですが、そこは自然素材の包容力!

くっきり残っていたシミは、
時間とともにだんだんと周りと馴染んできたのです。

約半年たった今となっては、
パッと見てもわからないほどです。

こんな調子で、初めて無垢フローリングと過ごしたこの1年。

とくに不便を感じることなく、
むしろ見た目が美しく、さわり心地も気持ちもよく、

部屋の住み心地は、とっても素晴らしいです。

普通に掃除機をかけ、お掃除シートで拭き、
こぼしたら拭きとる。

お手入れについては、
他の床と大差ないように思います。

新築やリフォームで、床材を選ぶとき、

せっかく無垢フローリングを知ったのに、
馴染みが無い分、躊躇してしまう方もいらっしゃるようです。

たしかに、一口に「床」と言っても、
フローリングの他にコルクやカーペット、塩ビタイルなど
たくさんの商品にあふれており、

それぞれの生活環境に適した素材を選ぶことも大切です。

どの商品も、万能なものは無く、一長一短ですから、
適材適所に取り入れればいいのだとも思います。

特に、わたしたち女性に多いのが、
普段のお掃除やメンテナンスのしやすさなど、
現実的な部分が気になってしまいがち。

ただ、どんな商品でも一長一短なのならば、
とびっきり気に入った「一長」を探して、
デメリットを甘受するという考え方をすれば、

床材選びがとっても楽しくなりますよね。

私は、無垢フローリングがとってもオススメですが、
あなたは、どんな素材だと住み心地よく感じるでしょうか?

住み始めてからの生活を思い浮かべて、
気持ちよく付き合える床を選び出せると、いいですよね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 住み心地 | タグ: , | 無垢フローリングの住み心地 はコメントを受け付けていません。

DIYで塗り壁、素人施工の落とし穴とは?

投稿日:2016年05月28日 作成者:


DIYが空前の大ブームです。

巷にはDIYグッズがあふれ、DIYスペースが開放され、
誰でも手軽に楽しめる時代になりました。

これまでプロの領域とされてきた塗り壁も例外ではありません。
ホームセンターなどで、「初心者でも簡単に塗れる」とうたった商品も多く
挑戦される方も増えています。

けれど簡単とは言え、かつては腕の立つ職人さんが腕を振るった分野。
商品を購入してから戸惑う方も少なくありません。

そこで、塗り壁初心者が陥りがちなDIYの落とし穴を見ていきましょう。

DIYで塗り壁ができる道具は揃いましたか?

塗り壁のDIYは準備や考えることがたくさん。

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野 亜矢子です。

素人がDIYで塗り壁をするときに、一番最初に立ちはだかるのが、
道具の壁です。

ほとんどの市販の塗り壁材は、粉末に水を混ぜて攪拌する必要があります。
手や棒切れでは混ざりませんし、
ハンドミキサーでもダメです。

左官材用の高速攪拌機が必要です。

それだけでなくコテやバケツ、メッシュテープや養生テープなどなど
細々とした道具をたくさん用意しなければいけません。

1回のためにこうした大掛かりな道具を揃えるのがもったいないと思う方や
もっと手軽に塗りたい方は、ホームセンターなどで売っている
水で練った状態で売っている、すぐ塗れるタイプのものをお勧めします。

商品によっては、コテではなくローラーで塗れるものも売っているようです。

塗り壁を塗る前の準備について考えていますか?

壁を塗るということは当然、壁を遮る家具やインテリア装飾は
全て移動させる必要があります。

のみならず、コンセントや巾木、サッシなど塗り壁の材料が
付着したら困る部分を
覆い隠す(養生する)必要があります。

特に、素人施工では練った材料をこぼしたり、落としたりする可能性が高いので
場合によってはビニールシートや新聞紙などで
床一面を覆うことも検討しなくてはいけません。

塗り壁DIY最大のポイントとは

道具は揃った、前準備もわかった、DIYの覚悟は決まっていざ開始!
…あれ、ところで塗り壁っていきなり塗っていいの?

そうなんです。塗り壁は「どんな状態の壁に塗るのか?」と
「下地処理を適切にすること」を押さえないといけないのです。

リフォームの場合、現場によって下地の状態は様々。
綺麗な状態のビニールクロスであればそこまで悩む必要はありませんが
大きく破れた壁紙だったり、べニア、布・紙のクロス、
塗り壁や砂壁の場合は、素人は取り扱いが難しいのです。

それに、綺麗な状態のビニールクロスであっても
そのまま塗り壁を塗れるわけではなく、
下地処理は別に必要なのです。

塗り壁にしようと思っている壁の状態がどんなものかを
事前にしっかり確認し、難しそうだと感じたらプロに依頼するのが無難です。

DIYの作業中は予想外のことだらけ

塗り壁のDIYは、初めての方がほとんど。
だから、作業中にも予想外のことがたくさん出てきます。

塗り始めたものの、意外に大変で途中でやめて明日再開したい。
でも、どこでやめればいいの?

1mmの厚みで塗れという指示だけど、明らかに1mmを超えている。
これで本当に大丈夫?

塗っている途中で、材料が固くなってきてしまった。
水を足してもう一度練っても平気?

などなど、施工の途中でわいてくる疑問はたくさんあります。
選んだ塗り壁材のメーカーによって、これらの場合どうしたらいいかは
少しずつ違ってくると思いますが、施工中に起こりうる様々な場面を、
ある程度想像しておくと施工中に慌てることも少なくなります。

塗り壁のDIY、施工後のことも考えていますか?

塗り壁施工は、施工した後もやらなければならないことがいくつかあります。
塗って終わり、ではありません。

一番大変なのは、片付けです。
プロにお願いした場合は、養生の撤去も道具の片付けも
全て終えて完成の状態で引き渡してくれます。

けれど、DIYの場合はそれらも含めて、全てを自分たちでやる必要があります。
この工程を想定していない方は、意外と多いのです。

養生のために使ったテープやビニールシート、新聞紙などで
一時的にまとまったゴミが出ます。

また、使った道具をどうするかも考えなければいけません。
綺麗に洗って取っておくのか、その保管場所は確保できているのか。
捨てるのであれば、どうやってゴミに出さなければいけないのか。

残った材料も同じです。
今後の塗り直しのために取っておくのか、どれくらい保管しておけるのか。
保管期限はメーカーによっても違うので、確認しておく必要があり、
ゴミの捨て方は、市町村に確認しなければいけません。

このように、考えなければいけないことは意外にたくさんあります。

こうしたことも含めて、本当にDIYをしたいのか。
それともプロに依頼したほうがいいのかを考えることが大切です。

いかがでしたか?

DIYは目先のコストを節約できるように思うかもしれません。

しかし揃える道具の多さや、考えなければいけないことの多さ、
施工の手間や時間もばかにならないので、
総合的に考えて決めることが大切です。

考えた末にDIYを決めたら、材料も自分の目的に合ったものを選びましょう。

より簡単に、初心者に優しい材料にしたい場合は
ホームセンターなどで手に入る、水で練ったものを選ぶと手軽です。
ただし、施工のしやすさを優先しているので、内容成分や性能などは
あまり期待しないのが正解です。

手間や時間がかかり、難易度が高くてもいいから
より素材の質が高く、性能の良さを重視するなら、
そのあたりにこだわったメーカー品を選ぶといいと思います。
ただし、たいていは粉の状態で届きますので、難しいのは覚悟しましょう。

アトピッコハウスのDIY可能な塗り壁は、珪藻土の「はいから小町」と
漆喰調塗り壁の「漆喰美人」があります。
これらは全て粉の状態でお届けします。

資料請求は、こちら
資料請求は、こちら

DIY製品としては難易度がかなり高いですが
全て自然素材でできた優しい製品で、調湿性などの性能は
とても高いものになります。

「予算がないから節約のためにDIYにしたい」などの目的の方には向きませんが
「仕上がりはご愛嬌」と、作業を楽しんで気持ちのいい内装にしたい方には
お勧めの内装材です。

DIYはあらかじめ施工要領をよく確認し、できそうだと判断してから材料を買えば
楽しいDIYが実現できます!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: DIY 塗り壁 | タグ: , | DIYで塗り壁、素人施工の落とし穴とは? はコメントを受け付けていません。

自然素材の塗り壁の価格、クロスと比べてどれだけ高いの?

投稿日:2016年05月27日 作成者:


漆喰、砂壁、聚楽など、かつては当たり前に使われていた塗り壁
今や、日本の建物の9割ともいわれるビニールクロスに
取って代わられてしまいましたが、

昔から使われてきた自然素材の塗り壁は
湿気の多い日本の風土に合ったものでした。
自然素材の方がいいとはよく聞くけど、
いったい、どれだけのの差額で自然素材の塗り壁が実現するのでしょうか?

自然素材の塗り壁の価格はどれくらい高いの?

近隣挨拶を大切にする工務店に家づくりを頼みたい

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

自然素材や塗り壁がいいものだとは分かっていても、
価格がネックで踏み出せない人がいます。

自然素材、昔は当たり前にあったものですが、
今ではすっかり高級路線で
自然素材100%の衣料品や食品は高価だったりします。

数が限られた自然のものとは逆に
人工的に作られる工業製品は安価でどんどん普及しています。

ビニールクロスがここまで広く普及した理由は、
値段の安さ、施工のしやすさにあります。

ビニールクロスの価格は塗り壁に比べてどれくらい安い?

では、広く普及しているビニールクロスの相場は
どれくらいなのでしょうか。

ビニールクロスといっても、価格に開きがあります。
材料の価格帯は、おおきく分けて二つ。
普及品とよばれる平米単価500円ほどのクロスと。
中級品とよばれる平米単価1000円ほどのクロスです。

普及品は賃貸のアパートやマンションなどで使われていて
ほとんどが無地です。

中級品は色も柄も山のように種類があり
分厚い見本帳を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
一般的には中級品の中から選びます。

そして、材料費に加えて
施工の費用がかかるわけですが、
平米単価600円のところもあれば、900円のところもあるなど
その費用は地域や依頼する面積によっても様々です。

自然素材の塗り壁は、ビニールクロスの何倍高い?

ビニールクロスの材料費や施工費用に開きがあるように
塗り壁の価格も、その質によって価格にバラつきがあります。

「ビニールクロスの何倍の価格だったら、
塗り壁にしたいですか?」

以前アトピッコハウスで行ったアンケートでは
ビニールクロスと比較をして
1.5倍から2倍くらいの金額で塗り壁にしたいという回答を頂きました。

ですが正直なところ
2倍程度の価格差で塗り壁にするのはとても難しいのです。

コストパフォーマンスを考えれば、
自然素材の塗り壁は高くない。

探せば安価な塗り壁もありますが、
商品を選ぶ際は
ぜひ塗り壁にしたい動機を整理してみて下さい。

塗り壁なら何でもいい!という方は別ですが、
塗り壁を望む人の多くは
自然素材の心地良さ、調湿機能、消臭効果
塗り壁ならではのパターン(塗り模様)、陰影の美しさなど、

それぞれ期待している部分があると思います。

耐久性もビニールクロスのように
5年で破れて薄汚くなることはなく、

経年変化の味わいが楽しめるのも塗り壁の魅力です。

価格だけを比べてしまうと
高くて手が出ないと思われるかもしれません。

ですが、多くの時間を過ごす部屋の内装材
家電やキッチンをワンランク上のものにするのなら、
お部屋全体の壁をワンランク上のものにしてみませんか?

そんな選択肢もあっていいと思います。

アトピッコハウスでは3種類の塗り壁を扱っています。

機能や見た目、予算に合わせてお選びいただけます。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 自然素材 塗り壁 価格 | タグ: , , | 自然素材の塗り壁の価格、クロスと比べてどれだけ高いの? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー