はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする

塗り壁のおすすめ商品とは

投稿日:2016年06月24日 作成者:


塗り壁には、珪藻土、漆喰、砂壁、など種類があって迷われると思います。
さらに同じ珪藻土でも色々なメーカーから販売されていますし

漆喰も、武家屋敷に使われているような昔ながらのものから、
マンションなど現代の住宅事情に合った新しいものまで様々です。
では、おすすめの塗り壁とはどのようなものかをみていきましょう。

どんな塗り壁がおすすめ?

塗り壁の部屋

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

「おすすめは何ですか?」
初めて訪れる飲食店で、よく訊いてしまいます。

「うちは全部おすすめだよ。」
と、ぶっきらぼうに答える店主もいます。

「お客様の好みですので。」
と、クールにあしらわれることもあります。
好みはそれぞれ違いますし、ごもっともです。

「最初に○○を頼まれましたよね。
でしたら、次は□□が合うと思います。
でも、僕が個人的に好きなのは◎◎です。」

以前、こんな答えが返ってきたことがありました。

こちらの好みを加味して提案してくれたこと、
さらに、自分が好きなものを自信を持ってすすめる姿に
とても好感が持てました。

おすすめを訊きたい時は、
自分に合うものはもちろんですが、
その道のプロが好むものの提案が嬉しいこともあります。

アトピッコハウスでは塗り壁を販売していますので、
「おすすめの塗り壁」
についてのお問合せをいただきます。

漆喰、珪藻土、砂壁、おすすめの塗り壁はどれ?

リフォームのお問合せで一番多いのは
ビニールクロスから塗り壁への大変身ですが、

次に多いのは
古くなってしまった砂壁を
珪藻土や漆喰で新しく塗り直したいというものです。

現状が暗い色の壁なので
明るい色に塗り変えたい、

あるいは、古くてボロボロとしてしまう、
カビが生えてしまったので
新しくカビが生えにくい塗り壁にしたいといったケースが多いです。

伝統的な塗り壁の魅力

子供の頃、和室は砂壁が定番だったように思います。
今は、クロスや他の塗り壁にされる方が多く
砂壁は少なくなってしまいました。

でも砂壁にもメリットはあります。
砂壁は色の付いた川砂を使って仕上げます。

そのため
珪藻土など土を主原料にしたものよりも
粒子が細かく
より滑らかな仕上がりになります。

色も落ち着いたものが多く、
何より日本の伝統的な塗り壁の代表格です。

滑らかな質感を求める方、
渋めがお好みの方、
長年使われてきたという実績が欲しい方には
砂壁はおすすめです。

珪藻土が人気の理由

職人が手作りで仕上げる見た目の恰好よさ、
自然素材ならではの質感も塗り壁の魅力ですが、

機能面を重視して塗り壁をお探しの方も沢山いらっしゃいます。

いま人気の珪藻土、
塗り壁としての歴史は20年程しかありませんが、
広く普及した理由は高い調湿性能にあります。

昔ながらの砂壁にも
自然素材ならではの調湿性能はありますが
珪藻土の効果はそれ以上。

無数に空いた目に見えない小さな穴が
余分な湿気を吸って
乾燥する時には吐き出してくれるのです。

見た目は砂壁や漆喰よりも
大きな粒子で
ザラザラとしたゆず肌のような表情です。

本当におすすめ出来る漆喰とは

漆喰も珪藻土と並んで人気の塗り壁です。
特徴としては、
白色でツヤツヤとした滑らかさでしょうか。

その見た目と耐火性が好まれて
武家屋敷に使われ、
大衆にも広がった歴史があります。

強いアルカリ性でカビない
高い調湿性能があるとも言われていますが、
実は少し間違っています。

漆喰の原料の消石灰は強いアルカリ性ですが、
施工してからは徐々に中性に近づいていき
4、5年もすると防カビ性は期待出来なくなります。

そして調湿性能に関しても

漆喰自体にその効果が無いことが
吸放湿試験で分かっています。

しかし、主原料を消石灰としない漆喰調とよばれる
新しい漆喰も販売されています。

消石灰を使用していないので安全性が高く、
調湿性能も昔ながらのものに比べて
2倍以上の商品もあります。

今の時代におすすめしたい漆喰は
後者の漆喰調の商品です。

まとめとして

おすすめの塗り壁は人それぞれ
やはり何を求めるかによって違ってきます。

見た目や機能、自分が何を重視するかを
整理してから選ぶことが大切です。

アトピッコハウスの販売している
珪藻土はいから小町漆喰美人は、

高い調湿性能を実現しつつ、塗り壁のデメリットである
ボロボロしやすい、粉が付きやすいといった
デメリットを克服した自慢の塗り壁です。

自信を持っておすすめするには理由があります。
資料やサンプルをぜひ手に取ってみて下さいね。

資料請求は、こちら

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 塗り壁 おすすめ | タグ: , | 塗り壁のおすすめ商品とは はコメントを受け付けていません。

新築の見積もりは何社からとるべきなのか?

投稿日:2016年06月23日 作成者:


買い物をする時、
相場がわからないと高いのか、安いのかの判断ができません。

だけど今の時代、相場ってあってないような気がします。

価格差が大きな違いであれば、
判断がしやすいですが、
スペックが細かく違う家電品なんて、悩みます。

毎日買うタマネギでさえ、
普通のタマネギと、有機のタマネギ、そしてブランドタマネギ。

どれも同じタマネギだし、
日本は流通規格が厳しいから形も整っています。
普通のタマネギが不味いわけでもありません。

となると最終的にはお財布の残高と、
自分の好みです。

価値がわからないままブランドタマネギを買っても無駄なように、
ただ漠然と
見積もりを取り続けているだけでは、

新築は成功しないんです。

新築の見積もりは素人では判断がし難い

アトピッコハウス ごとう ひろ美建築会社をカッコよく変身させる

アトピッコハウス ごとうひろ美です。

ポータルサイトから一斉に資料請求をして
数社から新築の見積もりをとる。

新築の見積もりは数社から取得することを
推奨しているポータルサイトや専門家も多数いらっしゃいますが、
本当にそうかな、と疑問に感じることが多々あります。

新築の見積もりを素人が読み解くことは、すごく難しいです。

建築用語は多いし、、
その使い方も各社によってマチマチです。

新築の見積もりのフォーマットもバラバラだから、
細かく詳細を記載している会社もあれば、
ザックリ一式という会社もあります。

細かく詳細を記載している会社が親切だ、
という専門家もいらっしゃいますが、

判断する知識がなければ、読み解くことも難しい。

結局、釘の数が違うとか、
自分が理解できる文字に注目してしまったり、
金額だけで判断せざるを得ないケースも少なくありません。

でも新築って、金額だけで単純に判断できる買い物ではないですよね。

例えばパソコンを買う時、
メーカーによって、機種によってできること、
できないことが違ってきます。

お値段は安くても、
ソフトをすべて入力しないと使えないパソコンもあれば、

値は張るけれど、
ワードもエクセルも入っていて、
電話サポートが無料でついていて、
今日から使えるパソコンが、私には有難いです。

だからヨドバシカメラに行くと、
パソコンで何がしたいのか、どれぐらいの知識レベルがあるのか、
担当の方が、
たくさん質問をしてきてくれます。

その上で、出せる予算を聞いて、
適切な機種を提案してくれる。

10万円程度のパソコンですら、
スペックから判断するのに、

一生に一度の高い買い物である新築を、

なんとなくとった見積の
金額だけで判断するなんて、ものすごく勿体ないことなんです。

1円でも安い家が良いのなら建売がいい

基本性能が整っていれば、
新築は安ければ安い方がいい。

ということであれば建売やマンションがオススメです。

すでに出来上がっている建売や
自由度の少ないマンションは、
パソコンを購入することと同じ感覚で判断ができます。

新築注文住宅は、
平米面積から自分で選べるから見積もりにバラつきがでてしまいますが、
建売は平米面積が決まっています。

大きさが決まっているだけでも、判断材料が1つ固定されます。

画面が大きいTVは高い、
という理屈が納得しやすいのと同じですよね。

建売とはいえ、
パソコンよりも高額だし、高付加価値商品です。

平米面積と、スペックを比較しながら、
自分にとってピッタリの新築と、きっと出会えますよ。

低価格で個性を出したいのなら量産ハウスメーカーがいい

不二家のケーキと
パティシエのケーキ。

どちらが高いかといえば当然パティシエが作ったケーキ。
不二家は工場でつくり、
パティシエは1つ1つ手作りをしているから、ですよね。

パティシエが作るケーキ

新築も同じです。

ハウスメーカーが量産できるのは、
工場で作った部屋を運んで、組み立てているからです。

不二家のケーキと似てますね。

スポンジを工場で焼いて、
お店でデコレーションする。
お誕生日用のプレートや、
イチゴやクッキーはお店でのせます。

クッキーも工場で焼いています。
その種類も色々あるから選べます。

量産ハウスメーカーは、
上にのせるクッキーの種類を、
たくさん用意してくれています。

だから、しっかり個性的な新築になりますから安心してくださいね。

見積もりつくるって大変な作業なんです

ポータルサイトで数社に新築の見積もり依頼をする。

依頼する側は、
クリック1つで済みますが、
見積もりをつくるのは、相当な時間と労力を使います。

たくさんの時間というエネルギーを使った見積書が、
数社から届くんです。

友人関係でも、
お互いの熱量が同等の方が良い関係が継続できるように、
新築も、人と人のご縁。

特に注文住宅は、やりとりが長く続くから、
良好な友人同士の関係のように、
お互い同じ熱量で接することができると、新築が成功します。

実は、ずっと謎だったんです。

新築の見積もりを数社からとっている人で、
幸せになっている人が少ないなぁと…。

アトピッコハウスには、
ハウスメーカーや設計事務所、建売や新築マンションを購入した方、
そしてリフォームやDIYなど、

あらゆる方からの相談をたくさんいただきます。

その方々は、
アトピッコハウスの素材をまったく買っていないんだけど、

建てた新築や、リフォーム工事に納得がいかなくて、
まぁ、愚痴を聞いて欲しい半分、
解決策を模索したい半分な感じで連絡されてきている方も多数。

そういった方々に共通していることの1つが
見積もりをたくさんとって検討したのに…、ということ。

仕事だから建築会社は、
ものすごい時間をかけて見積もりを作ったハズ。

それだけの熱量をもった見積書を、
新築するのだから当然、
高い買い物だから当然、
話し聞いてくれて当然、

と思って軽い気持ちで受け取っていたら火傷しますよね。
人間関係はエネルギーの交換でもあります。

そして見積書というお金は、
膨大なエネルギーを持つと言われています。
たくさんの新築の見積書をもらうということは、

相当なエネルギーを受け取るということ。
それだけの体力と覚悟をもって、
新築の見積もりを数社に依頼した人が、

最高の暮らしを手に入れることができるんです。

価格だけでが重要じゃない。
家は幸せになるためのツールで、
その先の暮らしを大切にしたい。

という方にお薦めの建築会社が、
アトピッコハウス認定店。

ものすごいエネルギー量で、
お見積りしますので、覚悟をもって受け取って下さいね。
べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 新築 見積もり | タグ: , | 新築の見積もりは何社からとるべきなのか? はコメントを受け付けていません。

家のデザインは「形」と「素材」で決まります

投稿日:2016年06月22日 作成者:


「理想の家」のあり方は、十人十色ですよね。

使い勝手のいい家は主婦にとって魅力的ですし、
一生に一度の買い物ですから、かっこいい家に住みたいものです。

そこで提案ですが、
素敵なデザインの家に住みたいと考えて、
建築業者を選んで契約する前に、まず、自分の考えをまとめてみませんか?

家のデザインに求めるのは、
「形」でしょうか?「素材」でしょうか?
その違いで、お願いすべき業者さんは変わってきます。

だから、最初によく考えてから行動すると、
希望の家に近づくのにスムーズなのです。

家の「形」が実現してくれること

間取りが大事?素材が大事?

アトピッコハウス(株) スタッフの手島です。

テレビでやっている家づくり番組を見ていると、
家のデザインの「形」に対する関心が、一般的に高いのかなと感じます。
テレビ画面を通すと素材感が伝わりにくいことも一因なのでしょうか。

確かに、家の「形」は生活に大きく影響します。

今どきのライフスタイルは、
築30~40年の古い住宅の間取りとはマッチしませんから、
リフォームでデザインを変えるだけで’劇的’に使い勝手が改善できます。

新築の場合でも、
吹き抜けのデザインや、部屋を明るくさせる大きな窓、
洗濯がしやすい間取り、人が鉢合わせないスムーズな動線などなど、
魅力的な家の形は、たくさんあります。

毎日の生活を便利でかっこいい空間で送れるのって、最高ですよね。

こういった「形のデザイン」を実現させるのが得意なのは、建築士さん。
高いデザイン性に魅力を感じる方にとって、
建築士さんに依頼すれば、魅力的な家づくりができますね。

ただし、その家に住むのは自分だけではありません。
デザインによっては、家族に不便を感じさせてしまうこともあります。

どんなデメリットが想定されるでしょうか?

たとえば、吹き抜け。
冷暖房の効率が悪いですから、光熱費がかかります。
照明の掃除や、電球の交換が大変です。

次に、大きな窓。
こちらも冷暖房の効率が悪いです。
また、建物の強度を増すために、柱と柱の間に通す「筋交い」も
窓が大きかったり多かったりすると、減らさざるを得ません。

そして、動線。
こだわった間取りにすれば、
10年、20年後のリフォームだって、高くつきます。
壁紙を張替えたり、設備を入れ替えたりするにも、
工事業者の手間は、単純な家より手間がかかりますから、
仕方がないですよね。

高いデザイン料を払い、
こだわりぬいて間取りを考えてもらっても、家族構成は変化します。
にぎわっていた子供部屋は、子供の独立と同時に不要になるし、
洗濯物の動線上に、介護ベッドを置かざるを得なくなる状況だってあり得ます。

何を夢のないことを、とも思ってしまいますが、
「家」という空間はいつだって、現実の日常の舞台です。
将来の可能性も頭の片隅に置いて、「形」を考えるのは大切です。

こういう意味では、「形」によるデザインよりも、
「素材」によるデザインのほうが、影響はされにくいと言えますね。

スタンダードは「実用の美」

真四角で単純な間取りの家は、
ありきたりでつまらないと思うかもしれません。
確かに、変化のある形の家が与えてくれる感性って、あると思います。

だけど、単純な間取りって、実はすごいんです。

真四角な形の家は、
単純な構造だから、丈夫で地震に強いです。
床面積も広く確保できますから、お得です。

単純な間取りは、
何にでも応用がきくから、便利です。
家が個性的なデザインではないと、家具だって好きなものを楽しめます。
それに、単純な間取りだって、不便なわけではありません。

家でも小物でも、世の中に出回っている商品でごく一般的なものは、
広く受け入れられやすくできているので、
実用に適していることが多いのです。

だから、もっと言うと、
スタンダードな家って、売りやすいんです。
ありきたりな間取りは、汎用性があるので、

家を途中で手放したとしても、
別の家族を容易に受け入れてくれるんです。
だから、こだわりを詰めすぎた家よりも買い手が早く見つかるかもしれません。

「今は新築することで頭がいっぱいだから、先のことは分からない」
と思ってしまいがちですが、
新築のときこそ20~30年先を考えるべきタイミング。

ここで、もし「形」によるデザインをちょっと考えてしまった方、
あきらめるのはまだ早いです。

家は、「素材」で差別化できます。

「素材」で家のデザイン性をアップさせる

家の形は単純でも、
他とは違う素材を使えば、印象はぐっと上がります。

例えば、おしゃれな店舗でよく見かける無垢フローリング

よくあるフローリングだって、木目がかっこいいとは思いますが、
本物の木ならではの、変化に富んだ表情は、
ものすごくかっこいいです。

無垢は、木目の変化が美しいですね

また、真四角の部屋でも、
壁を塗り壁にすれば、立体感と変化のある空間になり、
ぐっとおしゃれにしてくれます。

ただし、素材の質を上げれば、その分費用がかかります。
自然素材は、材料にも工事にも手間暇がかかりますから、
やむを得ません。

自然素材の取り扱いも、
誰でもできるわけではないので、
普段から自然素材を取り扱っている工務店に依頼するのが、ベストです。

形にデザイン料を払うか、
素材にお金をかけるのか?

どちらもプラスアルファの費用がかかりますから、
慎重に考えるべき部分ですね。

どちらをとってもメリット・デメリットはあります

自分の好みや傾向に合った方を選ぶのがいいですよね。
どんなデザインも無料ではありません、価値ある商品です。

建築事務所と契約することは、
家の形という「デザイン」を買うという意味を含みます。

家の素材にこだわりたいなら、
自然素材の得意な工務店と契約し、
自然素材にかかる分のプラスアルファの費用を用意する必要があります。

費用の捻出の仕方は色々あるので、
工務店の方に相談してみましょう。

どんな業者さんと契約するにしても、
その前に、あらかじめどんな家が自分にマッチしているか
よく考えておくべきです。

最初に「デザインが素敵!」と思って家づくりをスタートし、
あとから素材選びをするときに
「やっぱり自然素材がおしゃれで良かった」と思いついても、
費用が足りなくなって、やむなく諦めるケースは、
多々あります。

20年、30年の間におこる自分自身の変化、家族の変化を想像しながら、
どんな家が、自分に適しているかを考えてみてください。

アトピッコハウスでは、
家はスタンダードに、内装は自然素材をたっぷり使用した
企画住宅「べっぴんハウス」をご紹介しています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

十人十色なのが、家づくりですが、
アトピッコハウス流の考え方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: デザイン 形 素材 | タグ: , , | 家のデザインは「形」と「素材」で決まります はコメントを受け付けていません。

設備と素材、どちらを取るか

投稿日:2016年06月20日 作成者:


最新の設備って憧れますよね。
いろいろ便利な機能があって、
説明を聞いてると、必要な気持ちになってくる。
でも、故障したときの対処や
壊れないようにする維持費ってけっこう大変なんです。

だったら、その分の費用を
長持ちする素材にかけるという手もありますね。

設備が壊れると大変

システムキッチンも魅力的ですが・・・

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

先日、我が家のディスポーザーが壊れました。

シンクに生ごみを投入してスイッチを押すと
生ごみを細かく粉砕してそのまま下水管に流してくれるという
優れもののアレです。

可燃ごみの収集が有料となった鎌倉市では
生ごみを減らすのが一番の課題であり、
ディスポーザーを使うことによって、その課題は難なくクリアできました。

固い種や繊維質のもの以外は全てシンクに流せるので
私も、その存在にすっかり頼った生活をしていました。

それが、ある日突然、うんともすんとも動かなくなってしまったのです。

こうなると、便利だったものが
一気に厄介なものに変身します。

設備の故障は自分ではどうにもできないので
メーカーに電話する、
点検に来てもらうにも不在の日が多いのでなかなか予定が合わない、
そうこうしてる間にもたまっていく生ごみ…。

設備はいつか不具合が生じる

新しい家を建てるとき、
またはリフォームするとき、
最新の設備を紹介されて、誰もが一瞬フラっとよろめきます。

とっても便利に聞こえるし、
とっても洗練されているし、
ちょっと、欲しくなっちゃいますね。

でも、次々にモデルチェンジされる日本の業界。
最新の設備は、1年も経てば最新ではなくなります。

それでもずっと使えればいいですが、
保証期間がちょうど切れたころに故障したりします。

メーカー側も、普通に使っていても不具合が生じてくる「ちょっと前」を
保証期間に定めているわけです。

見た目が多少悪くなった程度なら我慢できますが、
故障した場合は、どうしても直さなければ
生活に支障がでてきます。

修理を依頼すれば、もちろん費用が発生する。

また、故障しないようにこまめにメンテナンスするのも、
これまた費用がかかるのです。

つまり、便利な設備はいつか壊れるし、
維持費が高くつくのです。

設備より素材にお金をかけよう

だったら、最新の設備をやめて
その分、素材をグレードアップさせてみてはどうでしょうか。

自然素材は、新建材に比べて値段は高いです。
でも、最新の設備を、例えば何年前かの型落ちのものにすれば
新建材との差額くらいは出るかもしれません。

型落ちの設備と言ったって
なにも昭和時代のものを使うわけではありません。

数年前だって、充分便利なもので溢れていましたし
なんら不自由はないと思います。

何十年ももつ自然素材

しかも、数年で不具合が生じる設備に比べ、
自然素材は耐久性が高いです

塗り壁は数十年、
無垢フローリングに至っては100年くらい持ったりします。

もちろん古くなってはきますが、
古くなればなるほど
味が出るのが自然素材の強みです。

古くなったビニールクロスは
剥がれたり破れたりしてみすぼらしいですが、
布クロスは汚れさえも、味わい深く周りに馴染んでいきます。

年数の経った合板フローリングは
表面がめくれて色の違うベニヤが丸出しですが、

無垢フローリングはたとえ欠けたとしても
その下も同じ種類の木ですから、目立ちません。

それどころか、
年数が経つほどにツヤを増して
重厚感をまとっていくのは、無垢材の醍醐味です。

すぐに使い勝手が悪くなる設備にお金をかけるより、
古くなるほどに魅力を増す自然素材にお金をかけるほうが
長い目で見ると、とってもお得なのです。

アトピッコハウスには、
美しい経年変化を楽しめる自然素材があります。

重厚感のあるごろ寝フローリング
時と共に味わいの増すすっぴんクロス
あるだけで高級感が出る塗り壁のはいから小町漆喰美人

お金をかける場所は
賢く選択したいですね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 設備 素材 | タグ: , | 設備と素材、どちらを取るか はコメントを受け付けていません。

壁紙の種類とその選び方

投稿日:2016年06月19日 作成者:


部屋の内装材の中でも、壁紙は特に沢山の種類があります。
中でも最も普及しているのはビニールクロスで
90パーセント以上のシェアを占めています。

では他にはどのような壁紙があるのでしょうか。
ビニールクロスの特徴と比べながらみていきます。

壁紙の90パーセント以上を占めるビニールクロス

どんな壁紙にしますか?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス元岡いずみです。

壁紙と聞いてまず思い浮かべるのは
ビニールクロスだと思います。
広く普及した理由は価格の安さと施工のしやすさ。

そして、手入れのしやすさでしょうか。

汚れが付いた場合、水拭きが出来ますし、
さらに落ちにくい汚れには
薄めた食器用の中性洗剤が使えます。

年数が経ってくると
部屋の隅など剥がれも気になりますが、
すぐに対処することで補修も出来ます。

剥がれた部分をめくって
汚れや古い糊を取り除き
木工用ボンドを使って補修完了。

案外簡単に出来そうです。

また、ビニールクロスは種類も豊富なので、
沢山の色柄から選びたいという人には向いています。

ビニールクロス以外の壁紙の種類、珪藻土壁紙

ビニールクロスの他に流通している壁紙は
紙壁紙織物壁紙ですが

最近では珪藻土壁紙といった変わったものも出ています。

珪藻土といえば
湿度をコントロールする自然素材の塗り壁材として人気がありますが、
ビニールクロスと比べると費用が3倍ほどかかります。

希少な自然素材のため、
商品自体の価格も高いのですが、
下地処理等に手間や時間が多くかかり、

工事費用もその分高くなるのです。

そこでビニールクロス並みに工事がしやすい
壁紙の珪藻土が販売され始めました。

しかし、価格は抑えることが出来ても
塗り壁に比べて厚みが薄い分、
調湿などの性能は落ちてしまいます。

中には価格面の他に
塗り壁のボロボロしたり
崩れたりするデメリットが気になって

あえて壁紙の珪藻土を選択する方もいるようですが、

塗り壁でもボロボロしにくいものが
販売されていますので、
予算が合う方には、塗り壁風ではなく、
本物の塗り壁をおすすめします。

ビニールで模した、○○風の壁紙

ビニールクロスにも
塗り壁の柄を模した商品がありますが、

他にも、木目やレンガ、タイルを模したもの、
中にはコンクリートを模した壁紙も!

本当にビニールクロスの柄の種類は豊富で
見ていて楽しくなってしまいます。
(実際に決めるとなると、豊富すぎて反対に大変かもしれません)

しかし、カタログで見るような個性的な柄は
実際にはお目にかかることは無く、
よく見かけるのは織物調のクロスです。

本物の壁紙はクロス(布)で作る織物壁紙

壁紙の種類は多数ありますが
本物は織物で出来た織物壁紙です。

壁紙のことをクロスというように、
クロス(布)で作られた壁紙が本物なのです。

1本1本、糸を織り込んで作っているので
ビニールのプリントや型押しとは異なり、
見た目の高級感はもちろん、耐久性にも優れています。

ビニールクロスは子供の手で驚くほど簡単に千切れますが、
織物壁紙は大人の手でもなかなか千切れません。

織物クロスの難点として、
水拭きが出来ないことがあげられます。

汚れた場合は
消しゴムをトントン叩いたり
ガムテープでペタペタと取ったり
布が傷まないように優しく落とす必要があります。

しかし、織物壁紙は静電気を起こさないので
ホコリを寄せ付けにくく、
もともと汚れにくいというメリットも。

20年30年後も薄汚く汚れるということはなく、
丈夫なのでなかなか破れるということもありません。

本物志向の方、高級感を求める方、
小さなお子さんのいるご家庭にも向いています。

いかがでしたか

壁紙は部屋の内装材の中でも多くの種類があります。
より沢山の色柄から選びたいという方にはビニールクロスが向いています。

自然素材を求める方には、
珪藻土壁紙、紙壁紙、織物壁紙などがありますが、
中でもお勧めなのが丈夫で高級感もある本物の織物壁紙です。

アトピッコハウスの織物壁紙、すっぴんクロスは
7シリーズ、全30色をご用意しています。

ビニールクロスと比較できる、実物のサンプルもございます。
ぜひお手に取って、その質感、丈夫さをお確かめください。

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 壁紙 種類 | タグ: , | 壁紙の種類とその選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー