アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
近隣挨拶を大切にする工務店に家づくりを頼みたい

布クロスと塗り壁、どちらにしますか?

  • 19
  • 6月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

「布クロスにするか、 塗り壁にするかで迷っています。」

塗り壁も布クロスもそれぞれちがった良さがあります。

たまにこのようなお問い合わせを頂きます。

漆喰か珪藻土かで 迷う方は多くいらっしゃいます。

どちらも同じ塗り壁ですし、
その違いが分かりにくいのかなと

塗り壁選びで迷う方の理由は想像がつくのですが、
(漆喰と珪藻土の違いはこちらで詳しくご紹介しています。)

正直いいますと、布クロスと塗り壁では
見た目も素材も、雰囲気も全く違うのに
どうして迷うのだろうと不思議に思っていました。

ですが最近、

布クロスと塗り壁とで迷われているお客様の傾向がわかり、
その様子が少し想像できるようになりました。

布クロスと塗り壁で迷っているお客様は

「ビニールクロスでないものを探している」
「ビニールクロスが嫌いなので、とにかく自然素材がいい」

など、「ビニールクロス以外」ということを
壁材を選ぶ基準にしている方が多いのです。

ビニールクロスを嫌う理由は 何となくであったり、
有害そうだからと考えていらしたり、それぞれです。

なるほど。

わたしは、子供の頃からビニールクロスに
お世話になっているので嫌いではありませんが、

本物の布クロスや、
珪藻土や漆喰の塗り壁に触れるようになって、
自然素材って快適で、なんとなくいいなあと思うようになりました。

そして、 布クロスと塗り壁材で迷われている方の傾向として、
やはりお手入れ方法を気にされる方が多いです。

布クロスや、塗り壁のお手入れ方法がわからない。

子供がいるけれど 泥んこの手で触ったら、
布クロスや塗り壁はそれぞれどうやって汚れを落としたらいいのか?

どちらかお手入れが簡単な方にしたいと
考えている方もいらっしゃいます。

布クロスと塗り壁、 お手入れ方法はもちろん異なります。

布クロスは、あたりまえですが布で出来ています。

不思議なことに、
「布クロスって汚れがつかないんでしょ?」
「布クロスって、汚れが落ちないんでしょ?」
と、対照的なお問合せをもらいます。

まず、汚れが付かないということはありません。

手で触れば汚れはつきます。
ですが、静電気を発生しないので
ビニールクロスのように埃やタバコの煤を寄せ付けません。

では、ついてしまった汚れはどうするか。

お洋服と同じ布なので、
泥んこになったらお洗濯が出来ればいいのですが、
壁材なのでそうもいきません。

汚れによって、
ガムテープでペタペタ取ったり、
消しゴムで擦って落としますが、

水分を含んだ汚れはシミになります。

布クロスのメリットは、
糸を織りこんで作っているがゆえの丈夫さと
経年変化の美しさ!

物をひっかけても簡単には破けませんし、
シミもビニールクロスのように悲しい跡にならず、

汚れというより、
ヴィンテージの洋服のような味わいに残せます。

では次に、塗り壁のメンテナンスはどうかというと、

一番お問い合わせが多いのは、

ボロボロ剥がれるのではないか
ヒビが入ってしまうのではないかというもの。

確かに昔の塗り壁はボロボロしたり
ヒビが入りやすかったりしたようですが、

今は塗り壁にもいろいろ種類があり、
表面が固く仕上がるものも出ています。

固く仕上がっているものを選べば、
触れても白くならない、
洋服が当たってもボロボロしないだけではなく、

お手入れもしやすくなります。

表面が固い塗り壁であれば、

汚れがついても
消しゴムやサンドペーパーで落とすことが可能なのです。

また、お醤油やコーヒーなどの汚れは
キッチンハイターを試すこともできます。

特別な道具を用意せずにお手入れできるのです。

そして最後に、
布クロスと塗り壁を選べない方にお勧めしたいのが
予算決めということ。

実はこれが一番大事なのですが、

いろいろ種類があって決められない!

という方の中にも
予算を知れば、
あっという間(!)に決まってしまう場合もあるのです。

自然素材の家を実現するには、
予算決めからなのです。

アトピッコハウスでは、
家づくりの手順がわかる
メール講座をご用意しています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら